デートの頻度で悩む男性は多い…ベストな決め方はこれ!

デートの頻度について悩む男性は案外多いもの。実際にデートの頻度をどのくらいにすれば良いのか悩みながらのやりとりは、疲れてしまう時もあるでしょう。

では最適なデートの頻度はどのくらいなのでしょうか。その決め方についてお伝えしていきましょう。

 

相手との関係性によって決める

相手との関係により、デートの頻度が変わる場合もあります。恋人同士なのかそれともまだ彼女ではないのかによっても、頻度が変わってくるでしょう。

まだ付き合っていない二人の場合

まだ彼氏と彼女ではない二人の場合は、デートの頻度は大体週に一度くらいがちょうど良いでしょう。ゆっくりと仲良くなっていくと考えると、そのくらいのペースが良いと言えるのです。

あまり会い過ぎてしまっても、お互いに温度差が出てしまうような場合もあるでしょう。

付き合って間もないカップル

付き合ってまだあまり日が経っていないカップルは、会いたくて仕方がない時期かもしれません。でもだからといって会い過ぎるとすぐに飽きてしまうパターンもあるのです。

あまり会い過ぎないようにして、ちょうど良い距離を保つことも必要でしょう。この場合もゆっくり仲良くなっていくのが理想的ですね。

付き合って1~3年のカップル

付き合ってかなり日が経っているカップルは、段々マンネリになりがちです。そのため普段から会い過ぎると、更にマンネリ化が進む場合も。そのため付き合って年月がある程度経っている場合には、月に2回くらいのペースでお互いに日が合うような時を見つけて、デートをすると良いですね。

デートの頻度で悩んだ時には

デートの頻度についてどうしようかな…と悩んだ時には、一人で悩みすぎると辛くなってしまいますので、抱え込まないようにしたいですね。

相手の望む頻度を聞いてみる

相手がどのくらいの頻度を希望しているのかは重要です。相手の望む頻度を聞いて、それに合わせられそうなら合わせるようにしてみると良いですね。まずは相手の望むデートの頻度を優先させることにしましょう。

自分の希望はその後に伝える方がスムーズにいく場合が多いのです。

お互いに頻度について話し合う

お互いにデートの頻度について話し合う時間を持つようにすると良いですね。穏やかに話せば楽しい話にすることも出来ます。会うことを義務づけるような話し方になると、どうしても内容が暗くなったり重いものになったりするのです。

出来るだけ明るい内容にするためには、笑顔で話し合うようにしたほうが良いですね。LINEのやりとりだけで決めてしまうと、相手の温度が分かりません。そしてこちらの温度も伝わらなくなってしまうでしょう。

そうならないように、出来るだけ会ってデートの頻度を話し合うようにしましょう。

自分の希望について考えてみる

自分はどのくらいのデートの頻度を望んでいるのかを考えてみましょう。これについてはあまり主張をしない方が良いでしょう。こちらの希望を押し付けるような言い方をすると、相手にとって負担になってしまうからです。

相手にとって負担にならないように、自分としては出来ればこうしたいと伝えるようにしたいですね。これを聞けば相手としては意見や考えを言ってくれるはずです。

デートの頻度が多すぎない方が良い理由

デートの頻度が多いとどのようなことで困るのでしょうか。その理由について考えてみましょう。

デートプランを考えるのに疲れる

デートの頻度があまり多いと、毎回のデートプランを考えるのが大変です。なぜこんなにデートプランを考えなければいけないんだろう…と悩んでしまうでしょう。そのためデートの頻度が多すぎると、負担を感じるのです。

こういう時には自分だけがデートプランを考えるのではなくて、相手にもデートプランを考えてもらうように伝えたり、二人で考えるようにしてみると良いですね。

飽きてしまう

相手とデートをするのが当然になり、いつでも会える関係になると貴重な時間だとは思えなくなるのです。自分にとって貴重な時間にしたいのなら、あまりデートの頻度は多くない方が良いですね。

相手と一緒に過ごすのに飽きてしまうと、ファッションにこだわらなくなったり、楽な会い方ばかりを考えてしまいます。

新鮮さが無くなる

デートの頻度が多いと新鮮さを感じなくなるもの。新鮮な気持ちでデートをすることが出来れば、これからも仲良くしていけるでしょう。でも新鮮さを感じなくなると会うのが面倒になる場合も。

新鮮さは、いつでも必要なものなのです。新鮮さがあればときめきを感じることも出来るでしょう。特に女性はときめきを重視するもの。ときめきを感じないような相手とはもう無理…と思ったりするのです。

デートの頻度が少ないと困ること

デートの頻度が少ないのも問題があります。デートの頻度が少ないとどういうことで困るのでしょうか。

淋しさを感じる

淋しさを感じてしまうので、もっと会いやすい他の人にしよう…と思われてしまう場合もあるのです。会えない時間が愛情を育てる場合もありますが、淋しさに耐えられなくなるような場合も。

そう考えるとあまりデートの頻度が少ないのも、問題があることに。淋しがりの彼女に対しては、尚更デートの頻度が少ないと嫌われてしまうことに。

遠い存在に感じる

デートの頻度が少なすぎると、なんとなく相手を遠い存在に感じます。付き合っているとしても、なんとなく心が遠いのです。そのようになってしまうと、次にデートで会えても楽しいと思えなくなるでしょう。

実際に遠い存在に感じてしまうくらいにデートの頻度を減らすと、もっと会える時には会っておけば良かった…と残念に思う人もいるはずです。

日々の自分磨きを怠ってしまう

なかなか会えないんだから…と思うと、日々の自分磨きを怠りがちに。今度会えるまでにダイエットしておけばいいか…と思う気持ちもあるでしょう。会えない相手だからこそ自分磨きを頑張ろうと思うタイプもいますが、その逆もあるのです。

自分磨きをあんまりしなくても、デート直前でいいかなと思う女性もいるでしょう。スキンケアやダイエットについても、そのように思ってしまうもの。でも結局はデートの日に、自分磨きが出来ていない自分を感じて、しまった!と思うような場合も多いのです。

デートの頻度で悩んだ時には

デートの頻度で悩むのは、会い過ぎてもあまり会わなくてもうまくいかないと思うからですよね。ではちょうど良い頻度はどのくらいなのかが分かれば、あまり悩まなくても済むようになるのです。

相手に会いたい思いが強くなってきた時

自分から見て、相手に会いたいと思う気持ちが強くなってきた時が、会うタイミングとしてはちょうど良いでしょう。でもこのタイミングが男女でずれる時があります。

そのため自分は会いたい気持ちが強くなっていても、相手はそうでもない時も。これが分かると、会いたいと相手に言わないでおこうかな…と我慢をしてしまう場合もあるでしょう。これは女性にも言えることです。

女性が会いたいと男性に対して思っても、それを伝えた時に素気なくされたらとても傷つくもの。こうならないようにするためには「会いたい気持ちは素直にお互いに言おう」と決めておくことが必要。ここで会えそうなら会うようにして相手の気持ちをお互いに大切に出来れば、デートの頻度で悩まなくなるかもしれません。

違うデートのパターンも考えてみる

デートの頻度が多くなり困るのは、デートがつまらないものになる可能性があるからです。時にはデートのパターンを少し変えてみるようにしてみれば、デートの頻度が少し多くても大丈夫でしょう。

例えば休みの日に朝から晩まで会うようなデートをし続けるのではなくて、仕事の帰りに少しお酒を飲むようなデートを時にはしてみましょう。夜景を見るだけのデートというのも良いかもしれません。

もしくはどちらかの家でくつろぐデートばかりしているのなら、出かけるデートをするようにしてみるのも必要です。同じデートのパターンが続くと誰でも飽きてきてしまいます。

そのため、あまりデートの頻度は多くない方がいいと思ってしまうのです。

でもパターンを変えるようにしてみれば、デートが楽しいものだと思えてくる可能性も。違うデートのパターンを考えることが楽しみになってくれば、なお良いですよね。

時には少人数でデートをする

いつも二人きりのデートをするのではなくて、時には少人数で遊びに行くようにしてみましょう。ダブルデートをするのも楽しいですね。こういう時間を持つことで、二人きりのデートの良さを感じたり、相手の違った面を見ることも出来るのです。

デートの頻度についてあまり悩むことなく、今度のデートはダブルデートで!というようにして切り替えることが出来れば、デートが楽しいものになってくるでしょう。そしてこれからもデートの頻度に悩んだ時には、違ったスタイルで会えるように工夫をしてみるのも良いですね。

例えばあまりダブルデートばかりしていても、彼女を淋しがらせてしまうかもしれません。この辺りは、バランスがとても大切なのです。バランスの良いデートの仕方が出来れば、デートの頻度はあまり気にならなくなる場合も。

今現在気にしているのは、デート自体のバランスが悪いからかもしれません。このバランスを考えてみると、デートの頻度はこのくらいがベスト!ということが見えてくる可能性もあるでしょう。

まとめ

デートの頻度についてはあまり悩まずに、お互いの気持ちを大切にするようにしましょう。相手にあまり我慢をさせたり、自分が譲ってばかりいては関係が長く続きません。関係を長く続けるためには、お互いによく話し合うことが必要になるでしょう。

ここで自分の気持ちを押し付けずに伝えれば、相手も理解してくれるはずです。相手を信じているからこそ、自分の気持ちを正直に伝えるようにしましょう。そして相手にもそう思ってもらえるように、心に余裕のある状態でデートの頻度については話し合うようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です