魅力的な男性になりたい…女性から魅力的だと思われる男性になるためには

魅力的な男性を見て、憧れるけれど自分とは程遠いような気がする…と思う男性もいます。でも魅力的な男性になるためには、少しの工夫と努力があれば可能に。魅力的な男性になるためにはどうしたらいいのでしょうか。

魅力的な男性とは

男性が思う魅力的な男性とはどのような男性なのでしょうか。その特徴について考えていきましょう。

誠実な男性

約束を守り、相手を大切にすることが出来る誠実な男性は、とても魅力的。つい自分のことだけを考えてしまいがちになりますが、そうではなく人のことを考える心の余裕を持ち、人間関係を大切に出来るのは、とても素敵ですね。

こういう男性なら、女性からだけではなくて男性からも魅力的だと思われるはずです。そして「〇〇さんを信頼できる」と人から思われやすくなるでしょう。こういう男性は世の中にいそうで案外いないもの。目指したい魅力的な男性と言えますね。

頼りがいのある男性

悩んだ時や困った時には、あの人に頼めば解決してくれる!というような男性も、とても魅力的です。頼りがいのある男性は、いざという時にトラブルをしっかり解決してくれるため、人からとても好かれるでしょう。

そして、この人と仲良くしていればこれから先も安心…と人に思ってもらうことが出来るのです。様々な出来事が起きて慌てるような時があっても、その存在を思い出し相談をすれば良いアドバイスをくれることもあるでしょう。

今までは自分一人でなんとかしなければと思っていた人でも、こういう男性に出会えれば頼ることが出来るのです。それはとても幸せですよね。こういう男性は女性からもかなりモテます。でも助けてあげても偉そうにしない謙虚さがあると、尚更魅力的でしょう。

ポジティブ思考の男性

辛いことや大変なことがあっても、前向きに捉えることが出来る男性は、自分なりに努力をしている場合があります。マイナス思考になっても仕方がない!ポジティブに生きよう!と思えるのは、とても素敵なこと。

ポジティブ思考な男性になることが出来れば、周りの人を笑顔にするのも可能です。でもポジティブになろうとしても、なかなか出来ないこともあります。ところがポジティブ思考な男性は、自分で意識してポジティブになることが出来るので、見ている側としても安心感を持つのです。

辛いことが起きすぐに落ち込んでしまう男性が近くにいると、どうしても心配になってしまいますよね。でもポジティブになれる男性は、周りを明るくするパワーも持っているのです。

女性から見る魅力的な男性とは

女性から見る「素敵!」と思える男性は、どのような男性でしょうか。男性が思う魅力的な男性とは、また少し違ったタイプかもしれません。女性から見る魅力的な男性について、お伝えしていきましょう。

マメなタイプの男性

マメなタイプの男性は、女性からモテやすいです。でも男性が思う「マメな男」と女性が思うマメな男性は違う場合も。男性が思うマメな男は、例えば連絡の頻度が多い、細かいことにも気が付く…というようなものです。でも女性が思うマメな男性は、女性が「今近くにいてほしい」と願う時に、その願いを叶えてくれるような男性なのです。

女性のメッセージを読んで、なんだか元気がないと思ったら会いに来てくれるような男性なら、女性は「この男性、かなりマメだわ!」と感動するでしょう。こういう男性は、女性から見てとても求められている存在なのです。

多くを語らなくても理解してくれるのも、マメな男性だからこそ。こういう男性になれば女性からモテること間違いなしです。

優しい男性

優しい男性も女性から見て魅力的です。でも優しいと気が弱いとはまた別のもの。強くなければ優しくはなれないと思う女性もいるのです。「あの人優しいように見えるけど、気が小さいな…」と思うと、その男性には女性は興味を持ちません。

でも優しくて強い気持ちを持っている男性には、この人は本当の意味で優しい男性!と思えるでしょう。優しい男性がいいなと思う女性にとっては、出来れば気が弱いよりもしっかりしている男性の方が魅力を感じるのです。

控えめなだけなら誰にでもできるけれど、控えめだけれど心はしっかりしているような男性が女性の理想に。このような男性なら女性はこれからもずっと一緒にいたいと思ったり、独占したいと思ったりするでしょう。

器の大きい男性

器が大きいなぁ…と男性に対して思うと、女性はとても魅力を感じます。器を大きくしようと思っても、すぐに出来ない場合が多いでしょう。器の大きな男性は元々そういう素質があるか、自分自身を鍛えている可能性が高いのです。

器の大きな男性は、嫉妬をしたり独占欲が強かったりしないので女性としては付き合いやすいと感じるでしょう。そして、女性として悩んだりした時にも、この人になら打ち明けてみようと思えるのです。

器の大きさを感じる言葉をくれると分かっているので、普段は頼ったり甘えたりできない女性でも、器の大きな男性には頼れるでしょう。頼れるのはとても幸せなこと。そして頼れる自分を感じると、自分も女性らしさのようなものがあったんだ…と思い、そこにも喜びを感じられるのです。

魅力的な男性が考えていることについて

魅力的な男性は普段どのようなことを考えているのでしょうか。その心理を知ることで、魅力的な男性に近づけるようになるかもしれません。

自信の持てる自分でいたい

魅力的な男性は、自分に自信を持っていたいと思っています。自信が持てる自分になるためには、どうすれば良いのか…と考えることも面倒だとは思わずに、自信が持てるために努力をしているのでしょう。

自信を持つことにより、自分を好きになれて人にも優しく丁寧に接することが出来ると分かっているのです。自信の持てる自分でいられることを理想としているので、自分に厳しい場合が多いでしょう。

これで完璧!と自分に対して思うわけではなく「もっとこうでありたい」とか「もっとこうなろう」と自分自身に思うのです。人に優しく自分に厳しいのが魅力的な男性の特徴でもあるでしょう。

誰にでも穏やかに接したい

心に余裕を持ちたいと思っているので、穏やかに接することが出来るように心がけています。人の立場になって考えることが出来るため、人を傷つけないように配慮をする工夫をしているのでしょう。

感情的になる時があってもいいとは思っていますが、出来るだけ穏やかに接したいと思っています。人として穏やかな接し方が出来るのは魅力的だと思っているからです。確かにあまりコロコロ機嫌が変わると、周りは神経を使い疲れてしまいます。

そして、怒らせないようにしないと…とハラハラしてしまうでしょう。でも普段から穏やかな男性なら、女性から見ても近寄りやすく接しやすい存在になるのです。誰にでも穏やかに接するように心がけて、それを実践しているのが魅力的な男性なのです。

信念をしっかり持っていたい

自分の中でブレない信念をちゃんと持ちたいと思うのも、魅力的な男性だからです。この思いだけは譲れない!というものを持っているので、人に流されにくいのでしょう。自分の中で信念を持たないと、何かあった時にすぐに動揺してしまう場合も。

でも信念をちゃんと持っていると、その信念が自分の助けになるのです。自分を助けてくれる信念を大切にしている男性はとても魅力的な存在に。自分の信念は日々自分が色々なことを受け入れているからこそ、これが自分の信念だ!と思うものを持てているのです。

狭い視野で見ていると、きちんとした信念は持てないもの。でもしっかり持つことが出来ているのは、同性から見ても憧れの存在ですね。自分もこういう男性になりたい…と思うこともあるでしょう。

魅力的な男性になるための秘訣

どうすれば魅力的な男性になれるのでしょうか。その道はとても遠くて難しいもののように感じる時も。でも誰でも魅力的な男性になれる可能性を持っているのです。魅力的な男性になるための秘訣について考えていきましょう。

人間関係を大切にする

自分の周りの人間関係から、まずは見つめ直していきましょう。人から与えられることばかりを望んでいて、相手に与えようとしていない場合もあるかもしれません。人から与えられないからと不満を持つよりも、自分が相手に何をしてあげられるのかを考えてみましょう。

自分が出来ることをしてあげるようにすれば、相手から自然に好意の返報性がある場合も。好意の返報性というのは、こちらから好意を見せて相手を大切にしていけば、相手も何かお返しをしなければ…と自然に思うことです。

まずは自分が出来ることを、相手にしていくようにしましょう。そして大切な人を大切でいられる自分でいられるようにしたいですね。

自分磨きを怠らない

自分磨きは外見だけではなくて、内面もする必要があります。逆に内面を磨くことにより外見が輝くことも。外見だけ魅力的にしようとしても、本当の意味での魅力的な男性になれません。

魅力的な男性は内面を磨くことも怠らないのです。内面を磨くためには自分を高める努力をしましょう。新しい資格を取得したり自分が今まで興味のあったことを始めてみたりするのも、人間としての幅が広がります。

自分磨きを頑張っている自分を感じると、今までよりももっと自分を好きになる事が出来ます。そして自分の魅力にも気が付いてくるでしょう。

まとめ

魅力的な男性は自分のことを魅力的だと気が付いていない場合もあります。逆に自分を魅力的だと思っているけれど、人から見るとそうは思えないような男性も。

魅力的な男性の像を自分で考えてみましょう。こうなりたい!という目標をしっかり持つことにより、魅力的な男性に近づくことが出来ます。目標は最初はあまり高いところに持たずに、手の届くところから始めてみるようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です