口臭の対策は舌から?早めの対処でさわやかな息にする方法

口臭の対策は舌から?早めの対処でさわやかな息にする方法-1

口臭の対策をしていても、口の臭いが気になるという事ってありますよね。周囲の様子で気がつくこともありますが、口臭が消えていないと話す事もストレスになってしまいます。

話していても気にならないようにするには、どんな対策をすれば良いのでしょうか。

自分の口臭を知ろう

口臭の対策には、自分の息がどれくらい臭うのかを知る必要があります。口臭に気をつけることはエチケットになりますので、周囲にも気をつける意味では良いことですが、気にしすぎるのもストレスの原因になってしまい、口臭の原因を自らが作り出してしまうこともあるのです。

マスクをすると臭いがわかる

口臭の対策の前に、マスクをすると自分の臭いがわかることがありますよね。よく、マスクを着けているという方であれば、日頃からチェックができているはずです。

自分の口臭がキツイと感じるとマスクを着けていくうちに不快になっていくことがあります。この臭いこそが口臭ですので、なんとか元を正さなければいけませんよね。ここで臭いがしないということであれば、口臭に対して敏感にならなくてもいいのです。もしかして・・・と感じることがありましたら口臭の対策を始めましょう。

コップや袋に息を吐いて確認

口臭の対策をするときに、自分の息の臭いを知っておくことで、どんな対策をしていくかを決めていく、きっかけになります。あまり、自分の口臭を嗅ぎたくないという方も多いでしょうが、改善する上で臭いを知っておくと変化がわかりますので、受け入れるためにも必要なのです。

口臭について周囲の人に聞きにくいので、臭いと言われてもショックですよね。こっそり誰もいないところで、口臭チェックを行って口の臭いを知っておきましょう。

歯磨きだけでは口臭の対策は難しい?

口臭の対策は、歯磨きだけでも効果がありそうな気がしますが、磨き方や歯磨き粉はどのようなものを使えば、効果がより高くなるのでしょうか。歯の磨きすぎも歯の表面を削ってしまうことがありますので、正しい歯磨き方法が求められます。

歯垢を歯ブラシで除去

口臭の対策として、歯磨きも予防になります。しかし、歯磨きをササッとするだけでは口臭の予防対策にはなりませんのでお気をつけください。

歯ブラシを歯と歯茎の隙間に斜めに当てるようにブラシを上下に磨いていきます。歯と歯の間の歯垢もかき出すようなイメージで優しく磨いていくのがポイントです。力強く歯茎を擦ってしまうと、歯茎を傷つけてしまい口臭の原因を作ってしまう恐れも・・・。歯垢をかき出し、虫歯や歯石の原因を防ぎましょう。

歯磨き粉もしっかり選んでおく

口臭の対策には、歯磨き粉もこだわりたいですよね。ドラッグストアで売っている市販の歯磨き粉にも、口臭予防ができるものがありますので、どれがいいか悩んだ時の参考になるでしょう。歯磨き粉はどれも同じように見えますが、よく見ると配合されている成分も違いますので、口の中の違和感を覚えたときは、症状に合わせた歯磨き粉を選ぶことをおすすめします。

歯茎が気になるのであれば、歯茎の症状を和らげるものを、口臭をとにかく抑えたいという場合には、口臭予防と表示されているものを選ぶといいかもしれません。

長時間の口臭予防には不向きかも

口臭予防対策に、歯磨きを行う方もいますが、一回の歯磨きで長時間の臭いのキープは難しいものがあります。数時間に一回は歯を磨くというような、小刻みの軽い歯磨きを行うと、口の中が清潔に保てるでしょう。

外出中や大事な会議のときに、歯磨きばかりをしてはいられませんので、マウススプレーや歯磨き用のガムを噛むなどの対策をとることもおすすめです。

舌のお手入れが大切

口臭の対策は、舌をキレイにすることも忘れてはいけません。歯や歯茎だけではなく、舌の汚れも口臭に影響していることがあるのです。舌を磨くための専用のブラシもありますので、口臭予防対策に、舌をキレイにするグッズを揃えるといいかもしれません。

舌のザラつきもキレイにする

口臭の対策で、舌を磨くということは知られていますよね。鏡で舌を見たときに表面が白くなっていることがあります。この白い部分が舌の汚れであり「舌苔」と呼ばれているのです。

歯ブラシや舌ブラシで舌の表面を磨くと、舌の白い汚れがキレイになり口臭も抑えられますので、鏡を見る機会があるときに、舌の様子のチェックも心掛けましょう。

舌の表面を傷つけてしまうことも・・・

口臭の対策に、舌の汚れを取らなければ!と舌ばかりを集中して磨いてしまうと、舌の表面を傷つけてしまうことが・・・。気持ちはとてもわかるのですが、歯磨きと同様に磨き過ぎはお口の中を傷つけて細菌を増殖しやすくしてしまうのです。

口の中はデリケートですので、舌苔を作ってしまう可能性も高くなってしまいます。白い部分を全部磨き落そうとしても、薄く残ることがありますが、初めの状態よりも表面の舌苔が取れている状態であれば問題はありません。お口の中は全体的に、磨きすぎないことがポイントです。

口臭の対策は舌から?早めの対処でさわやかな息にする方法-2

口の中は清潔が一番

口臭の対策は、口の中が清潔であることが条件になります。食べ物や空気中から、様々な菌を口に入れてしまうことがあるため、外部からの菌が繁殖しやすいというのが現状です。口臭に対して、どのような対策をとっていけば細菌は抑えられるのでしょうか。

マウスウォッシュも効果的

口臭予防対策に、マウスウォッシュがよく使われますよね。液体歯磨きと表示されていることもあり、手軽に口臭の対策がとれるため携帯している方も多いのかもしれません。

うがいをすることで、口の中の食べカスも洗い流せるということもマウスウォッシュの良いところです。水道水よりも、口の中がスッキリしますので、爽快感が違います。刺激が強いものから低刺激のマウスウォッシュがあるので、あなたの好みのマウスウォッシュを選んでください。

サラサラな唾液を・・・

口臭の対策に「ドライマウス」を防ぐことが求められます。口の中が、常に乾燥していることってありますよね。緊張すると極度に口の中がカラカラ・・・なんていうことも多いのではないでしょうか?

そういう時に限って、口臭も強くなることがありますのでストレスも倍増してしまいますよね。唾液は細菌を抑える働きがあるのですが、口の中が乾きすぎると臭いの元も凝縮されるため、口臭がきつく感じるのです。

サラサラな唾液を作り出すためには、食べ物をしっかり噛むことで唾液を作り出すことができますので、ゆっくり噛んで食べることを心掛けるといいかもしれません。

歯科検診も忘れずに

口臭の対策は、口の中のチェックが必要不可欠ですよね。自分で確認するだけでは限界があり、虫歯も歯周病も口臭の原因なのです。最近口の中が臭うと感じたら、歯のトラブルの可能性もありますので、迷わず歯科医に診てもらうと安心ですよね。口臭についての相談もできますので、悩んでいることを相談するきっかけにもなるかもしれません。

半年に1回、1年に1回などの歯科検診に行くことで、歯の状態や歯茎の様子をチェックしてもらうことをおすすめします。

まとめ

口臭の対策は、神経質になっても逆に口臭の悪化へ繋げてしまいます。体調が良い日もあれば悪い日もありますので、口臭も左右されることは間違いありません。

体が辛いと感じたときやお口の臭いが気になるときには、体を休めることも大切です。体の健康管理も口臭の対策になりますので、気をつけていきたいものです。

臭いの元を探しながら、あらゆる角度から口臭を防いでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です