体毛が濃いのがコンプレックス…そう感じている人が知っておくべき9つのポイント

体毛が濃いのがコンプレックス…そう感じている人が知っておくべき9つのポイント-1

体毛が濃いことがコンプレックスであると、日頃から悩んでいる男性は少なくありません。男らしいとも言われる体毛も、実際に自分に生えてくると魅力的には思えません。

濃い体毛は肌を覆いますし、男らしいというよりかは男そのものという感じがして、女性から引かれてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?体毛の濃さは体質的な問題だとはわかっていても、他人から少しでも引かれてしまえばショックであり、かといって自分でも良いとは思わない体毛には何のフォローも出来ない、まさにコンプレックスそのものであると言えます。

コンプレックスとして抱いてしまえば、肌を出す季節が多い夏場などは特に自信をなくしてしまいますよね。出来れば堂々としていたいのに無視が出来ないというのは、非常に厄介なものです。しかし、そんな存在だからこそ上手く付き合っていかなければなりません。

そこで今回は、体毛が濃いことをコンプレックスだと感じている人が見直すべき9つのポイントに注目。何故体毛が濃いのか、改善出来るポイントはあるのだろうか、少しでも濃い体毛を良く感じられる考え方があるのか…コンプレックスと上手く付き合っていくためにも、是非チェックしてみてくださいね。

 男性ホルモンが多いと体毛が濃くなる

体毛が濃い原因には男性ホルモンが関係しています。人の体には、男性ホルモンと女性ホルモンのそれぞれがあり、性別と同じように男性ならば男性ホルモンが多めに作られています。男性が女性よりも体毛が濃いというのは、このようなホルモンのバランスから言えることなのです。

しかし男性の中にも男性ホルモンが多い人、少ない人がいて、男性ホルモンが多い人ほど濃い体毛が生えてきてしまうという仕組みになっています。つまりホルモンバランスさえ上手く調節出来れば、体毛の濃さも少しずつ調整していけるので、体毛が濃いのは生まれつきだから…と永遠にコンプレックスと付き合うことに絶望していたとしても、対処さえすれば今の悩みから脱出出来るのです!

もちろん生まれついてのものはありますが、今の時代、ホルモンバランスを整える方法や体毛自体を処理する方法はいくらでもあります。体毛に悩む男性は少なくないので、コンプレックス…と感じたのであれば、悩んでいるのは自分だけじゃないと前向きに悩みが解決出来る方法を探していきましょう。

 体毛の濃さは男らしさとも言える

そもそも何故体毛が濃いことがコンプレックスになってしまったのでしょうか?おそらく自分が生きていく上で困ることはほとんどなく、人からの目を気にしてしまって嫌気がさしてしまったのではないでしょうか。人から見られる印象が悪いと、自信はなくなりますし、その原因となっている濃い体毛は、自分にとって嫌な存在になるのも当然ですよね。

しかし、体毛が濃いのは男性ホルモンが多いと考えてみると、それだけ男らしさが強いとも考えられますよね。女性は本能的に男らしい存在を求めています。そのため、男らしさである体毛の濃さと上手く付き合っていけさえすれば、男としての自分に磨きがかかってくると思えませんか?

男らしい男性は女性だけでなく多くの人の目に魅力的に映ります。コンプレックス…と後ろ向きに考えてしまうのは当然なものの、上手く利用していくと考えてみると、体毛が濃いことに対して自信をなくしていた気持ちも、どんどん上向きになる感じがしてきますよね。

 剃る体毛処理はNG

体毛が濃いと、どうにかして薄くしたくなります。そんな悩みを一瞬で解決出来る手軽な方法は、カミソリで体毛を剃ってしまうというものです。男性はヒゲを剃る必要があるので、カミソリを持っている人は多いですよね。男性にとっての必需品であるカミソリは、まさに毛を剃るために作られた道具であり、体毛で悩んでいる自分を一瞬にして解決してくれる存在ならば、使ってしまうのも当然です。

しかし、カミソリなど剃るという方法で体毛を剃ってしまうのは実はNGなのです。実際体毛が濃いとカミソリで剃るのも手間がかかるので効率的ではないとも言えますが、剃ると皮膚を傷付けてしまうため、肌荒れや埋もれ毛、体毛がさらに濃く見えてしまうなどのリスクが高くなってしまうのです。

また、剃ってしまうと、いかにも剃りましたという感じが出てしまいますよね。不自然さが出てしまい、新たなコンプレックスとなってしまう可能性もあるので、肌トラブルなどのリスクや剃った後の印象を考えてみると、剃る体毛処理はやめたほうが良いでしょう。

 カットをしてみれば薄く見える可能性も

体毛が濃いと見える原因には、そもそも体毛自体が長く成長してしまっているからという可能性が考えられます。髪の毛と同じように、長くなれば長くなるほど、ボリュームが出てきますよね。男性は女性ほど体毛処理をしている人はいないと思うので、濃い体毛をそのままにしていて、日に日に濃くなる体毛に愕然としてしまったのではないでしょうか。

きれいに剃りすぎてしまうのは不自然にも見えてしまうので、体毛を処理しようと思った時には、実際に自分の体毛が本当に濃いのか確かめてみましょう!まじまじと体毛を見てみると、一本の太さはそこまで太くなく、ただ長いだけということに気付けるのではないでしょうか。長い体毛が合わされば、当然濃く見えてしまいますよね。

体毛の処理をする際は出来るだけ長さが短いほうがやりやすいというメリットもあるので、まずは自分の体毛の長さをある程度まで短くしてみましょう。意外と体毛が濃くないかも?と、思ったよりも悪くなかった自分の体毛にきっと喜べるはずです。

 ヒートカッターで体毛処理

ヒートカッターと呼ばれる体毛処理のアイテムがあります。そこまで高価なものでもないので、日々の手入れの為にと思って購入しておくと便利なのでオススメです。

ヒートカッターはその名の通り、体毛を焼き切ることによって処理をするものです。実際に皮膚には付かないので皮膚を傷付けませんし、長さを一定に保って処理が出来るタイプのものも多いので、体毛の長さが原因で濃い体毛に見えてしまうという人でも日頃の手入れとして持っておくと、体毛と上手く付き合っていけると思います。

焼き切ると聞くと、失敗すれば火傷をするのでは…?と少し怖くなってしまいますよね。しかし、火傷しないように安全性も考慮されているので、体の至る所まで体毛処理が出来るため、特に気になる部分も綺麗に処理が出来ます。体毛が濃いと体の隅々まで気になる部分があると思いますが、これ一本で体毛の長さを調節出来たり、綺麗に焼き切ることが出来るので、持っておいて絶対に損はないでしょう。

 脱色して目立たなく出来る

体毛自体は多くないのに、色が濃かったり、体毛自体が太いと、どうしても濃く見えてしまいます。多くないのに体毛が濃いとなると、無理に処理をして肌を傷付けてしまうかも、下手に処理したらまばらに毛が目立ってしまうかもと、処理方法に悩んでしまいますよね。

そんな体毛が太い人や色が濃い人、またそれ以外の人でももちろん出来る体毛処理方法というのが、脱色をするというものです。体毛自体の色素を抜くことで、体毛を肌の色と近づけて目立たなく出来るというものですね。

この脱色の良いところは、広範囲に渡って出来るというところです。男性の中には、濃い体毛を見ただけで処理をするのが面倒臭いと思った人もいるのではないでしょうか?濃いとそれだけ処理の手間が増えますし、正直面倒臭いと思ってしまうのも当たり前ですよね。

脱色ならば広範囲で濃い体毛を目立たなくすることが出来るので、面倒くさがり屋の人でも簡単に体毛を薄く出来るのです。

体毛が濃いのがコンプレックス…そう感じている人が知っておくべき9つのポイント-2

 思い切って永久脱毛もオススメ

金銭的に余裕があるのであれば、思い切って永久脱毛をしてしまうのも良いでしょう。永久脱毛ときくと、女性のイメージが強くありますよね。女性の真似をしているみたいで気が引ける…と思ってしまう人も多いと思います。しかし最近では男性専門の脱毛も増えてきていて、調べてみると気軽に行けそうな場所が見付かると思うので、是非探してみましょう。

永久脱毛のメリットは、体毛が濃い自分とは完全にお別れ出来るというものですよね!少し時間はかかりますが、だいたい2年もすれば体毛が濃い状態とは綺麗にお別れ出来るので、新たな自分に生まれ変わった気分になれること間違いなし。

男性専用として施術しているというのもポイントです。より自然な仕上がりに仕上げてくれるので、不自然な体毛になるのでは…と不安に思う人にとっても、安心して利用出来る処理方法になると思います。

 大豆製品を食べてホルモンバランスを調整

根本的なところから体毛が濃い状態を薄くしていきたいと考えている人は、大豆製品に注目してみましょう!イソフラボンという成分は女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、男性ホルモンとのバランスを上手く取ってくれるのです。

男性ホルモンが多いことが体毛が濃い状態に繋がっているので、女性ホルモンと似たイソフラボンでそのバランスを徐々に崩していき、濃い体毛が生えないように調整していけるという仕組みですね。

中にはコンプレックスを抱きながらも、体毛処理をするのは面倒臭いと思っている人もいると思います。日頃の手入れが必要になるので、忙しいと手を抜きがちになってしまいますし、毎日コツコツするのは大変ですよね。大豆製品の中でも特に豆乳などは、パックなどで売っているので一日一本を目安に飲んで見ると、手軽にホルモンバランスを調整できるのでオススメです。

 不快だと思われる部分だけでも処理をしよう

実際体毛が濃いというだけで完全に不快に思われるというケースはほとんどありません。よほど濃いと人目を引いてしまうので全体的な処理が必要になりますが、人が不快だと感じてしまうポイントだけ処理をするだけでも、かなり印象は変わってきます。

全身の体毛を処理するのはなかなか大変だと思うので、特に女性が体毛の濃さが気になってしまう場所である胸毛、腹毛を中心に処理してみましょう。胸毛や腹毛があると恋愛対象として見られない場合も多くあるので、好きな女性がいる場合にはしっかりと手入れをしておいたほうが◎。

また腕毛なども目に入りやすいので、出来るだけ長さを整えてあげるだけでも濃いと思われることは少なくなります。全部の体毛をどうにかしようとはせず、気を付けるべきところを重視してやってみると、大変な手入れも少しは楽になると思うので、是非試してみましょう。

まとめ

体毛が濃いことがコンプレックスになってしまうと、そんな自分が嫌いになってしまいますよね。しかし何故体毛が濃いのかという理由を知ったり、体毛の処理方法を知ってみると、体毛に関する悩みもどんどん小さなものになってくると思います。

確かに体毛が濃いと悪目立ちし、人に不快と思われてしまうことがあるというのは否定出来ません。しかし上手く付き合っていけば、男性ホルモンが多いから男らしいんだ!という自信と共に、体毛と真っ直ぐに向き合っていけるはずです。今回紹介した考え方や処理方法を参考にして、自分にぴったりの濃い体毛と向き合えるように、日々模索していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です