会話を続けるのは難しい?気楽に話せるためのとっておきのコツ

会話を続けることって、簡単なようで難しいですよね。気心の知れた人との会話だったら、何時間でも話せるのに、仕事関係や年齢差のある人との会話には、限界を感じてしまうかもしれません。

もっと、話したいことがあっても、言葉がみつからないこと話すタイミングが掴めないということも悩みのひとつです。いつまでも話していられる、同僚や友人が羨ましく思えることも多いのではないでしょうか。今回は、会話が続かないと悩んでいるときに、ヒントに繋がることを一緒に導き出していきましょう!

会話の始まりは表情から

shutterstock_556509133会話が続けるときは、かしこまってしまいますよね。緊張しすぎると顔も引きつってしまい、対応する側もどうしたらいいのかわからなくなってしまうことがあります。

緊張してしまうと、仕方がないことなのかもしれませんが、この時点で会話を続けるのは難しいと判断されてしまうことも・・・。会話を続けることは、会話力だけではだめなのでしょうか。

笑顔はその場の空気を作る秘訣

会話を続けるときに、大切なのは笑顔です。笑顔で接すると、相手も笑顔で対応してくれますよね。その場の雰囲気を作るのも笑顔がとても重要になります。

無愛想のまま会話をすると、会話もすぐに途絶えてしまいませんか?それは、相手が不機嫌かもしれないと思わせてしまうのです。不機嫌な人に向かって話をしても、盛り上がることはなく気持ちのモチベーションが下がっていくだけになります。しかし、笑顔で接してくれる相手に対しては、どう感じるでしょうか。話をする側も聞く側も、決して嫌な気持ちになりませんよね。小さなことかもしれませんが、表情ひとつで会話も続けることが可能になっていくことが実感できるでしょう。

リラックスした雰囲気作りも・・・

会話を続けるには、緊張したままの状態では無理がありますよね。緊張してしまうと、話した内容が真っ白になってしまい、最後まで覚えていないという経験をしたことはないでしょうか。

お互いが緊張しすぎてしまうと、会話も続けるどころではなく、話の内容がまとまらないまま進んでしまうという事態も考えられます。言葉の行き違いを防ぐためにも、お互いがリラックスして会話ができるような工夫を心掛けることも必要ですよね。落ち着いた場所を探すことはもちろんですが、極度に緊張しないように、目を閉じて大きく深呼吸をして自分に言い聞かせるなど、会話をするときの緊張を抑えるような工夫をすることが求められます。

会話は聞き逃さないこと

shutterstock_422077714会話を続けるときに、気をつけなければいけないことが、話の内容を聞き逃さないことです。会話は流れで聞いてしまうと、頭の中に入らないことが多く、会話が噛み合わないこともありますよね。相手が不快な思いをしないように、興味がない話題でも聞くことが基本なので、聞き流さないように集中しなければいけません。

興味がない会話は、どうしても眠くなったり聞き逃しやすくなりますが、どうしたら相手の話の内容を把握できるのでしょうか。

相手の話は目を見てしっかり聞こう

会話を続けるときは、相手の目を見て話すことが基本とされていますが、目を合わせることが苦手だという人が増えていますよね。目を見て話すと、相手の伝えたいことや思っていることがわかると言われています。しかし、会話が苦手だという人は、視線を合わせることも苦手なことが多く、恥ずかしくて相手の顔も見ない状態で会話を続けていませんか?

目を見ながら会話をすることは、同性でも恥ずかしいですよね。しかし、大切な話をするときは、相手の目をみないと失礼にあたります。どうしても見られないという場合は、相手の眉間を見るのがコツです。目をそらしてしまうと、違う景色に気を取られてしまい、話にも集中できません。相手の顔をみることで、話の内容も聞き逃さない環境を作ります。

疑問に思ったことをメモしておく

会話を続けることが苦手なときは、メモ帳を常に持ち歩くことをおすすめします。会話の内容をメモしておくと、聞き返せることができるので、会話に困ることがありません。メモを取りながら会話をしているのはちょっと・・・ということであれば、疑問に思ったことをその場で質問していきます。

質問ばかりでは、相手も疲れてしまうことが考えられますので、本当に大切なところで疑問に思ったことを聞いていく、という形式をとってもいいかもしれません。

会話の内容はどうしたらいい?

shutterstock_524721673会話を続けるときに、気になるのが「内容」ですよね。どんなタイミングで切り出したらいいのかも悩むところです。話の内容によっては、空気が読めないと後で注意をされることもあり、話の選択も考えさせられることも多いのではないでしょうか。

深く考えすぎてしまうと空回りし、何も考えずに発言するとその場を凍りつかせてしまうという経験があると、会話も怖くなってしまいますよね。当たり障りのない会話をするには、どんな内容を切り出せばいいのでしょうか。

途切れそうになったら自分の話題を

会話を続けるうちに、一区切りついてしまって間が持たないということがあります。このままでは、お互い苦笑いのまま時間が過ぎてしまう・・・。そんなときは、あなたの話をネタにしませんか?最近起こった出来事や、ペットの話など、途中で相手にも会話を振りやすい内容のものをいくつか考えておくと、いざというときに役に立つことがあります。

あなたのネタを話しながら、質問していくと相手も会話に参加しやすく、一緒に話が盛り上がることができますよね。自分の話から相手の話を引き出すということも、会話を続ける要素になります。

無言があっても慌てない

会話を続けるプレッシャーは、緊張する場であればあるほど、半端なく押し寄せてくるものですよね。焦りが汗に変わって大量に流れてくることも・・・。そんなときは、自分自身に慌てないように言い聞かせることが乗り越えるコツです。

無言の時間も、会話をしていれば必ずと言っていいほど訪れます。会話が得意だという人と一緒にいても、その瞬間を体験することがありますよね。しかし、無言の時間はあなたが思っている以上に短いものなのです。間が怖いと思っていると、どうしても長く感じやすいのですが、実際は気にならないものでもあります。焦りを感じたら深呼吸して、落ち着かせることを心掛けましょう。

昔の話は意外と盛り上がる

会話を続けることが難しいと感じたときは、昔の話題で盛り上がりませんか?世代が同じであれば、若いころに流行っていた音楽や食べ物などの話題や学生時代の話など、共通点を探していきます。これだけで、距離感がなくなることもあって、親近感を覚えるかもしれませんよね。

年齢が離れている場合は、それぞれの時代のギャップを楽しむと会話が続くことも・・・。昔の話は、あまり興味がないという人も、会話が途切れてしまったときの緊急策だと思って、話を切り出してみてはいかがでしょうか。意外な話が聞けるという意味では、勉強にもなりますので楽しいかもしれません。

無理に会話をしなくてもOK

shutterstock_289833050会話を続けることを考えすぎてしまうと、何とかしなければ・・・とその場の空気を取り繕うと焦ってしまうことがありますよね。話題を振ろうと周囲を見渡しても、助けてくれそうな雰囲気ではないときに、あなたは何を思うでしょうか。

真剣な会話以外のときは、穏やかな空気になるように心掛けて言葉を探しますよね。無理をして会話を続けようとしても、ぎこちない空気が漂うだけかもしれません。

無言は会話の休憩時間

会話を続けることができなかったときは、一息つきませんか?会話をしていると、お茶やコーヒーを飲む機会がなかなか見つからないということがありますよね。会話がなくなった時点で、一度飲み物を口にすると相手も飲み物に手を伸ばしやすくなりますので、お互いに一息つける時間が作れるでしょう。

一息つくことで、どちらからか会話が再びスタートすることもできますし、この時間を楽しんでも空気が重くなることはありません。

無理に話して場の空気を壊すことも・・・

会話を続けることが辛いと感じたら、無理に話すことは避けましょう。辛さはあなただけでなく、周囲にもその辛さが伝わってしまうことがあります。

辛いと感じながらの会話は、楽しくないですよね。その場の流れが変わってしまうこともありますので、会話を率先して行うのではなく、周囲の会話を聞きながら話せるところだけ参加するというようなスタイルを作るのはいかがでしょうか。会話が苦手なときは、会話以外で活躍できるように切り替えることも大切です。

聞き役も大事な役割

会話を続ける役目は自分には無理・・・。そう感じたときは、聞き役になりませんか?話を引き出す役割は、会話が苦手だと感じる人の方が、得意な分野に感じるかもしれません。

会話が好きという人は、何があっても話を続けようと、いろいろな話を盛りこんでくることがありますよね。その場の全員が、同じようにいろいろな内容を話し出したら、会話もグダグダしてしまうことも・・・。あなたが聞き役になることで、言葉のキャッチボールを上手く展開していきましょう。

まとめ

会話を続けることは、意識すると苦痛になりますが、続かないからと言っても悩むことはありません。コミュニケーションは、会話がすべてではありませんよね。

笑顔や態度も、その場の雰囲気づくりのポイントになっていきます。苦手なことは誰にだってあるのですから、得意分野を活かした会話をしていくことも続ける要素になる気がします。

一番大切なのは、会話をしている全員が嫌な気持ちにならないこと。周囲の様子を観察しながら、あなたができることをすることが、会話を続けるきっかけになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です