ダイエットでリバウンドをしないためにも、男が気を付けるべき7つの注意点

ダイエットでリバウンドをしないためにも、気を付けるべき7つの注意点-1

ダイエットは痩せたら成功というわけではありません。

体重計に乗って痩せているのを見ると、ダイエット大成功!と喜びたくなるものですが、リバウンドの可能性を考えるとしばらくは油断できないのがダイエットの難しいところです。

ダイエット期間中、様々な努力をして目標体重に達成していると、その日からはダイエットから開放された気持ちになってしまいますよね。

明日からは少し贅沢をしても大丈夫!と気が抜けてしまうのは、ダイエットを今まで頑張ってきたからこそのものだと思います。

しかしそんな油断でリバウンドをしてしまい、いつの間にか体重が元通りに戻っていた…と愕然とした経験がある人も多いのではないでしょうか?

ダイエットはリバウンドをしないことが成功の条件です。

そのため、ダイエットを今している人も、目標体重に達成してダイエットが終わったと胸を撫で下ろしている人も、リバウンドをしないために注意をしておきたいものですよね。

そこで今回は、ダイエットでリバウンドをしないために、気を付けるべき注意点を9つ紹介していきます。

目標体重を最低3ヶ月は維持出来るまでは安心出来ない

ダイエットを頑張ってきて、体重計に乗ったら目標体重に達していた!

そうなると今までのダイエットを振り返り、頑張ってきた自分にご褒美をあげたくなりますよね。

 

ダイエット中は我慢や努力の連続にもなるので、これで開放されたと思うと、肩の荷が下りた感じがするのは誰もが言えることだと思います。

しかし、体重は単なる数値でしかなく、簡単にその数値は変わってしまうものなのです。

 

体質改善も長い期間を経て確立されていくものなので、ダイエットの目標達成=体質も変わったというわけではないということなのです。

つまりダイエットの目標達成後は、完全にダイエットに成功したというわけではないので、最低3ヶ月は用心したほうが良いということ。

 

ダイエット中と比べて少しは気を抜いてもOKなので、太らないように気を抜かずにしておきましょう。

リバウンドのリスクも低くなり、ダイエットを大成功に収められるのです。

食べ過ぎには注意をする

ダイエットが終わったと感じると、今まで我慢をしていた分、食べたいものを食べられるという開放感に包まれますよね。

ダイエット中は大好物を制限していたという人も多いと思うので、目標体重に達成したことによって、これからは普通に食べられるとテンションも上がってしまうものだと思います。

 

しかし、ダイエット後の食事はダイエット中以上に気を付けなければならないとご存知でしたか?

 

ダイエットによって体重が減少していくと、体はその減少を異常だと感じてしまい、体を健康に保つために脂肪を溜め込もうとする働きが出てしまうのです。

これは無理な食事制限でダイエットをしようとすると、ほとんどの確率でリバウンドをしてしまう仕組みにも言えることですね。

そのため、ダイエット後こそ食事によっていつも以上に太りやすいと思っておかなくてはいけないのです。

ダイエット後も気を張らなくてはいけないと思うと胃がキリキリしてしまいますが、体が現在の体重に慣れるまでのだいたい3ヶ月間を過ぎれば、体にとっての通常の体重と認識してくれるので、ちょっと食べ過ぎたくらいで太るというのもなくなります。

過度な食べ過ぎだけを注意すればいいだけで、ダイエット後も無理な食事制限をしてしまえば逆にリバウンドの確率をアップさせてしまうことにも繋がってしまうため、軽く食べ過ぎ注意とだけ覚えておくようにしましょう!

ダイエットは停滞期がつきもの

ダイエット中、体重が減ったのに急に変化が見られなくなってしまったことってありますよね。

なかなか変化が見られないとダイエットに対するモチベーションも下がってしまい、その時点でダイエットをやめてしまった、挫折をした経験がある人も多いかと思います。

さらにその時点でダイエットをストップすることによって、リバウンドも同時に経験したのではないでしょうか?

 

体は健康を保つために、急激な体重減少があった場合には異常だと感じて、それ以上体重を減らさないように働きかけてしまうのです。

どんなにカロリーを消費しても体重が減った気がしないというのも、食事によっていつも以上に脂肪を蓄えているからというわけなのです。

しかしこれは体が健康を保つための正常な働きであり、ダイエットはこうした停滞期を乗り越えてこそ成功するもの。

停滞期に入ったと思ったらダイエットは順調に成功していると自信を持つようにしましょう!

ここでやめてしまえば脂肪は蓄積される一方でリバウンドとなってしまうので、停滞期はダイエット成功のサインだと思い、そのままコツコツとダイエットを続けていきましょう。

生活習慣の乱れに気を付ける

ダイエット中、生活習慣に気を配った人も多いと思います。

生活習慣の乱れは太る原因にもなりますし、体質的にも太りやすく痩せにくい体を作ってしまうため、大敵になりますよね。

しかしダイエットに成功したと思ってしまうと、ちょっとくらい大丈夫かな…と気が緩んでしまい、生活習慣がどんどん乱れていってしまいますよね。

ダイエット中の生活習慣は正しいものだとわかっていても、窮屈だと感じてしまうのは誰もが感じることだと思います。そのため、ダイエットに成功したと思ったら気が抜けてしまうというのも当然のことですよね。

たった一日、二日だけならば生活習慣が乱れることはありません。

しかしそれが連日となってしまうと生活習慣は少しずつ乱れていき、せっかく痩せた体も痩せやすくなった体質もあっという間に元通りになってしまうのです。

これがリバウンドへと繋がってしまうので、ダイエット後は神経質になるほど気を配る必要はありませんが、ダイエット中と同じような生活習慣を目指していき、極力乱れないように注意をしましょう。

ダイエットでリバウンドをしないためにも、気を付けるべき7つの注意点-2

適度な運動が体型維持の秘訣

リバウンドをしないダイエットには適度な運動が必要不可欠です。

よく運動が苦手だからといって、無理な食事制限によってダイエットをしてしまう人もいますよね。

確かにカロリーを抑えれば痩せることは出来ますが、健康的に痩せているわけではないので、リバウンドをしやすいダイエットとなってしまうのです。

ダイエットに運動が必要不可欠だと言っても、そこまでハードな運動をする必要はありません。

一日三十分だけ歩いてみたり、階段を使ってみたり、たったそれだけのことでも効果があるので出来る限り体を動かすように意識して過ごしてみると◎。

 

 

運動は脂肪を燃焼していくだけでなく、筋肉を鍛えることになります。

筋肉量が多ければそれだけ脂肪は燃えますし、引き締まった体を手に入れられます。ダイエットに成功したとしても、単純に体重だけが減っただけでは魅力的な体は手に入りませんよね。ダイエットをするのであれば、誰もが憧れる体を手に入れたいと思う人も多いと思います。

無理な運動をする必要はまったくないので、ダイエット中は出来るだけ体を動かすように意識をしてみましょう!

目標体重に達した後も体を動かす癖をつけておけば、リバウンドとは無縁の素敵な体を手に入れられるのです。

ストレスは適度に解消する

ストレスはダイエットの天敵であると聞いたことがありませんか?

ストレスは誰もが持っているものであり、生きていれば必ず溜まってしまうものですよね。

特に毎日働いて疲れている人は、なかなかストレスを発散する機会もないと思います。

しかし、ストレスが溜まっている状態というのは常にリバウンドと隣合わせの状態とも言えるのです。

 

食べることでストレスを発散しようとしてしまったり、逆に食べないことが脂肪を溜めやすい体質にしてしまったり…ストレスの影響はかなり大きく、どんなに頑張ったダイエットでも一瞬でその努力を水の泡にしてしまうほどの破壊力があるのです。

時間がない人はなかなか難しいものだと思いますが、リバウンドをしないためにも、健康的な体を維持するためにも、出来るだけストレス発散を頑張ってみましょう。

通勤時間や仕事の空き時間などを利用して出来るものや、休日をストレス発散の時間に当ててみたりと、方法によっては時間も取らず手間もかからないストレス発散方法があるので探してみると◎。

 

せっかくダイエットに成功をしたのにリバウンドをしてしまえば、それこそ大きなストレスとなってしまいますよね。

ダイエットをしている途中だという人も、リバウンドのリスクを少しでも避けるために、体重や体型だけでなく、自分のストレスやメンタル面にも注目してみましょう。

出来るだけ間食をしない

ダイエット中のご法度ともなるのが間食です。

些細な間食だとしても、間食は癖となり積み重なるものなので、大きなカロリーとなり、最終的に脂肪となって人を困らせてしまう厄介なものとなります。

ダイエット中の場合はそんな恐ろしい間食をなんとか我慢して、取らないようにしている人も多いと思います。

しかし目標体重を達成した場合は、意外と簡単に間食も解禁してしまう人も多いのです。

 

先程紹介した中にも、ダイエット後は特に太りやすい時期であると紹介しましたよね。

間食も例外ではありませんし、そうではなくとも間食は癖となり、それが積重なれば体重となり、リバウンドに繋がってしまう恐ろしいものです。

間食を絶対してはいけないわけではありませんが、出来るだけ間食をしないように心掛けが必要となるのです。

もしどうしても間食をしたいと思ったら、カロリーが低めのものを食べるようにしましょう!

またチョコレートが好きな人は、ビターチョコレートがオススメ。カカオ70%以上のものは太りにくいので、どうしても間食をしたいと思った場合にはオススメですよ!

まとめ

ダイエットでリバウンドをしてしまうと、一気にストレスや脱力感が体を襲いますよね。

どんなに頑張ってダイエットをしていたとしても、気を緩めてしまえばあっという間に今までの努力を奪ってしまうのがリバウンドです。

リバウンドを経験してしまえば、自分にはダイエットは無理なのかも…と自信喪失にも繋がってしまうので、体型維持のためだけでなく、自分の気持ちを落ち込ませないためにもリバウンドは何としてでも回避していきましょう。

今回紹介したものは、リバウンドをしやすい時期でもある目標体重に達成した後やダイエット中に訪れる停滞期に気を付けたい注意点です。

ダイエットをして結果を少しでも出していれば、これくらいの注意点は気を付ければ誰もがこなしていけるものだと思うので、今までのダイエットの努力を無駄にしないためにも、そしてリバウンドをして絶望しないためにも、注意点に気を付けながら過ごしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です