振られた後にメールがしたい!その内容や復縁につなげる方法とは

振られた後にメールがしたい…と思った時、どのようなメールにすれば良いのかとても悩むもの。もし振られた後にメールをするのなら、どのような内容にすれば良いのでしょうか。そして、復縁につなげるための方法とは。一緒に考えていきましょう。

振られた後にメールがしたい理由

振られた後にメールがしたいと思うのは理由があることが多いです。なぜメールをしたいと思うのか、その理由はどのようなものでしょうか。

相手のことが気になるから

相手が今元気なのかが気になる…と思うとメールをしたい気持ちになります。相手とのやりとりがしたい…という思いが強いのも、相手のことが気になるから。そのため振られた後にメールがしたくなるのです。

相手をどうでもいい存在だと思っているのなら、メールがしたいとは思わないでしょう。相手のことが気になる、でもこれは振られた相手だからなのか、愛情がまだ残っているのか微妙なところです。

自分の存在を思い出してほしいから

振られたことにより、相手の心から自分の存在が消えているように思うもの。でも自分の存在を思い出してほしいという気持ちを持つので、相手にメールをしたくなるのです。

相手が自分をもう一度思い出してくれたら、何かが変わるかもしれない…そう期待する気持ちもあるでしょう。自分のことを忘れないでほしい、思い出してほしいという思いを持つため、振られた後でもメールがしたくなる時も。

他に好きな人が出来ないから

他に好きな人が出来れば、きっと忘れられると努力をしたけれど、なかなかそれが出来ない…そう思うので、振られたけれど相手にメールをしたくなる思いもあるでしょう。

他に好きな人が出来ない事実を伝えたい思いもあるのです。自分にとって他に好きな人が出来たとしたら、振られた相手にはもう連絡をしようとは思わないはず。でも他に好きな人が出来ない=まだ相手を忘れられないと自分で思うので、メールをしたくなる場合もあるのです。

振った相手の気持ちについて

振った相手は、どのような気持ちでいるのでしょうか。自分はメールがしたいけれど相手がどう思っているのかはとても重要です。では振った相手の気持ちについて探ってみましょう。

未練がある場合も

元々付き合っていた関係の場合は、相手の方に未練がある場合も。振ってしまったけれど、

本当に良かったのかな…と悩んでいるかもしれません。

振った自分の気持ちは正しかったと思いたいけれど、それが出来ない自分もいるでしょう。未練というものを感じている自分を認めたくない思いもあるのです。振ったということですっきり出来ないのはなぜだろう?と思っているケースも。

思い出したくないという気持ち

振った相手に対して、もう思い出したくない…と思っている場合もあります。振るのには理由がある場合も多いですよね。例えば嫌い!と思って自分とは無理だと感じて振った場合もあるでしょう。

そういう相手をわざわざ思い出したくない気持ちもあるもの。もしくは付き合った相手だったけれど、嫌な別れ方をして思い出したくないような場合もあるのです。出来ればもう自分の心の中から消したい…と思っているかもしれません。

とっくに思い出になっている

過去のこととして、自分の中にはもう相手の存在が全然ないことも。こういう時には、相手の話がどこかから出ても、そういえばそんな人もいたなぁというようになっているのです。

特に女性は、切り替えが早いですから既に振った相手のことなんて、もうどうでもいいと思っている可能性もあるでしょう。振ったということで過去に出来ている女性もいます。

こういうところは、女性の方が切り替えが上手なので、もうとっくに思い出にしてしまっているかもしれませんね。

振られた後にメールをする時の心構え

振られた後にメールをしたいと思うのなら、心構えを持っておく必要があります。ある程度の覚悟を持ってメールをした方がいいですね。

返信が無いかもしれないと覚悟する

返信が全く無い可能性もあります。でも自分はメールをしたいという願いが叶ったのだから…とここで諦める必要も出てくるでしょう。返信が無いだけではなくて、連絡先を変えられていたりLINEをブロックされていたりするかもしれません。

メールをしようと思っても、LINEを送ろうとしてもそれが出来ない可能性もあるのです。そのため、自分としては意を決して連絡をしようとしたけれど、出来ない場合もあると覚悟するようにしましょう。

冷たい返事が来ることも

「今更なんなの?」「しつこいです」というような冷たい内容が返ってくることも。こういう時には、その内容にあまり落ち込まずに事前に想定しておくことが大切です。

明るくて優しい返事が返ってくるとは限らないと思い、連絡をするようにしましょう。冷たい内容が返ってきても、それでも連絡したいと思う気持ちが強いのなら、メールをするしかないですね。

それでも、自分が傷つくことは覚悟しなければいけません。覚悟のないままメールした方が、より傷つく場合もあるのです。

既に彼氏がいることも

彼氏がいるというようながっかりする内容が返ってくるかもしれません。それでも相手が幸せならそれでいい…と思えるような、気持ちの強さが必要です。彼氏がいるかもしれないと思いながら、メールをするようにしましょう。

相手がこちらからのメールを喜んでくれる可能性はあまりないと思っておけば、メールをしてもその返信に対して辛い気持ちが軽減するはずです。

振られた後のメールの内容はどうすればいい?

振られた後のメールについて、どういう内容にすれば良いのかかなり悩みますよね。でも悩んだ分だけ、メールの内容が良いものになる場合もあるのです。勢いだけでメールをせずに、どんな内容のメールを送るのかをしっかり考えてから送るようにしましょう。

相手を気遣う内容を送る

相手が元気にしているのかが心配でメールをしたという内容にすれば、相手が気分を害する可能性は低いです。「元気にしていますか?」というようなメールから始めてみましょう。

いきなりメールをしてごめんねという内容を書くことも必要です。突然のメールに対して相手が驚く場合もありますので、それを把握したうえでメールを書くようにしましょう。

相手を気遣うような内容にするなら「あまり無理しないでね」のようにして、仕事を頑張る女性を労うようないたわる内容を送ると良いですね。ここから相手が返信をくれたとしたら、もう少し深い話に持っていきましょう。

感謝の気持ちを書く

「振られても好きになれて良かったか」「ありがとう」という内容を書くようにすれば、相手は振ったことに対して、色々と考える気持ちになるでしょう。ここで「こんなにいい人だったんだ…」と思うかもしれません。

振られたことに対して、嫌味のようにならないようにそのことが自分を成長させてくれたというように書くのもひとつの方法です。

振られたことについては、あまり深く触れないようにした方が、相手にとって負担にならないかもしれません。というのも、相手にとっては振ったということを、どうしても仕方がなく悩んで選んだ結論だったかもしれないからです。

それなのに、振られたことを何度もメールで書かれると、女性としては辛くなってしまうもの。1度書いたとしたら、後は書かないようにした方が賢明です。

今の自分の変化について書く

あれから、自分をもっと磨いたり高めたりするために努力をしてきたと伝えてみましょう。そうすれば、前の自分とは違うことをアピールできるのです。今頑張っていることについて、書いてみるといいですね。

例えばジムに通っていると書いたり、資格試験があるので勉強に励んでいると書いたりすると良い印象を与えるでしょう。その後の自分の頑張りをさりげなく相手に伝えてみましょう。

相手との関係修復をしたい場合

相手と恋人関係にあって復縁をしたいと思ったり、前のように仲の良かった友達に戻りたいと考えていたりする場合には、どうしたら良いのでしょうか。振られたことをコンプレックスのように思い続けるのは嫌だと思うのであれば、ここで行動が必要になります。

復縁したい気持ちを伝える

「もう一度会いたい」と伝えるようにしましょう。復縁という言葉や「やり直したい」とここで書くよりも、一度会う約束をした方が良い場合は多いのです。やはり顔を見て話した方が自分の気持ちも伝わりやすいでしょう。

でも相手が会うのを拒んだ場合には、しばらくメールのやりとりを続けるようにしましょう。そして、時期を見てまた誘うようにするといいですね。

相手との距離を縮めていく

相手との距離を縮めるためには、相手の好きなものや喜ぶ話などを出来るだけ知ることです。そして、それを相手に伝えるようにしていけば、メールでのやりとりが楽しいものになってくるでしょう。

相手との距離が少しでも縮められれば、これから先に少しずつでも以前に戻っていけるはずです。相手との距離を縮めようと焦らずにまずはゆっくりと相手と仲良くなれるように、穏やかな気持ちを持つようにしましょう。

穏やかな気持ちでやりとりを続ければ、振られたことも遠い過去になっていきます。そして段々と相手とまた仲良しになれるでしょう。自分の思うように進まないこともあるかもしれませんが、強い気持ちを持ち相手を大切に思いながらやりとりをしていけば、状況は良い方に変わっていくでしょう。

まとめ

振られた後のメールにより、関係修復できる可能性は十分にあります。でもいつの時でも自分を高めていくようにすることを怠らずに、魅力的な男性になれるように努力をすることが必要に。

今の自分の良さを活かすのも必要ですが、成長していく姿を見せるのは相手との関係を良い方向に変えるために、とても重要なことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です