眉毛が濃いのが悩み。そんな男性の悩みを解決する5つの手入れテクニック

眉毛が濃いのが悩み。そんな悩みを解決する5つの手入れテクニック-1

眉毛が濃い!コンプレックスに感じますよね。

眉毛が濃い事によって顔がゴツく見えてしまう、垢抜けない感じに見えてしまうと、外見や第一印象に自信を持つことが出来ずにどこか暗い表情をまとってしまう・・・とも言われてます。

しかし眉毛はテクニックとコツさえ掴んでしまえば、自分好みの素敵でかっこいい眉毛に作る事が出来るのです。

眉毛が濃いことを活かしてアレンジをしてみたり、濃いからこそ眉毛の手入れの幅も広がると考えれば、自分の眉毛を少しは好きになれるかもしれません。

今回はそんな眉毛が濃い事に悩んでいるあなたへ、眉毛の悩みを解決する5つの手入れテクニックについて紹介をしていきます。

眉毛が濃いのは意外と需要がある

眉毛が濃い事に対してコンプレックスを抱いている人は、手入れをする前にそもそも自分の眉毛の魅力について知っておくと良いかもしれません。

自分の眉毛の魅力を知っていれば、それを活かした素敵な眉毛に整える事が出来るようになるので、濃い眉毛を少しは好意的な目で見てみましょう。

意外と多いのが、眉毛が濃い男性のほうが好きだという女性。

眉毛が薄いよりも濃い男性のほうが男らしい、格好いいと考えている女性も多いので、眉毛が濃い事全てを否定するよりかは、濃い眉毛を活かした魅力的な眉毛を作ったほうが良いかもしれない…と考えてみるのもテクニックの一つだと言えます。

眉毛を整える上でも重要なのはどんな眉毛にしたいか。

理想の眉毛がなく、ただ単純に濃い眉毛をどうにかしたいと思うのであれば、濃い眉毛を活かせる格好いい眉毛を目指してみてはいかがでしょうか。

男性芸能人の眉毛を真似してみる

眉毛が濃いという事は、眉毛の量や眉毛の幅が広いという事でもあります。

つまり、眉毛の量を減らす事や形を整えやすいというメリットでもあるので、自分の憧れやなりたいと思う男性芸能人の眉毛を観察してみましょう。

眉毛を整える為にはどんな眉毛にしたいのかというイメージが大切になります。

幸い眉毛が濃い人は整え方によって眉毛を様々な形に変えていく事が出来るので、憧れの男性芸能人の眉毛を真似して整えてみるのがお勧め。

また濃い眉毛を活かして整えたいという場合には、眉毛が濃い芸能人を中心に探してみると良い眉毛が見付かるかもしれません。

眉毛が濃い芸能人は意外と多くいるので、理想の眉毛を見付けやすくあるのです。

眉毛のバランスを整えてみる

単純に濃い眉毛を少しでも整えていきたいと思うのであれば、眉毛のバランスを整えてみるだけでも魅力的な眉毛にする事が出来ます。

基本的に理想の眉毛の比率と言うものは変わっていて、それを踏まえた上で眉毛を整えていけば、理想の眉毛を簡単に手に入れる事が出来るのです。

案外バランスを整えるだけで濃い眉毛が目立たなくなってくる場合もあるので、眉毛の量を決めるよりかは先にバランスについて考えてみるほうが良いでしょう。

眉毛のバランスの目安は、丁度小鼻の開始地点を上に行ったあたりが眉頭の理想の地点です。

眉山は黒目の外側の終了地点付近、眉尻は小鼻と目尻の延長線でクロスする地点が理想です。

高さはキリっとさせたければそれよりもやや上の、眉頭よりも上を意識してみると良いでしょう。

眉毛の範囲や長さなどが足りない場合には、アイブロウで書き足してみましょう。

眉毛が濃いのが悩み。そんな悩みを解決する5つの手入れテクニック-2

電動シェーバーで眉毛の量を調節する

眉毛の量によって眉毛の濃さをコントロールする事が出来ます。

ただ適当に眉毛の長さを揃えてしまえば、眉毛の形が悪くなってしまう事や、まだらな眉毛が出来てしまうので注意が必要です。

眉用ばさみで長さを整える方法もありますが、お勧めなのが電動シェーバーを使うというもの。

眉毛専用のシェーバーがあり、長さを均一にして整える事が出来るので、初心者でも失敗せずに眉毛を綺麗に整える事が出来ます。

また眉毛の量や長さを調節する時には、先に眉毛の流れを整えるようにしましょう。

眉毛は整えてこそのものなので、整えた状態からどうしていきたいかを考えた上で、量を調節するように気を付けましょう。

眉毛の色を変えてみる

眉毛が濃い原因には、色も関係しています。

特に髪を染めている人などは、眉毛の色が黒い状態だと眉毛がより濃く見えてしまう事もある為、眉毛の色を変えてみる事によって眉毛の濃さをカバーする事も出来るのです。

眉毛を染める道具は簡単に手に入りますし、女性のアイブロウのような感覚で簡単に一時的に染める事が出来るので、がっつりと眉毛を染めたくないという人は一時的に染めることの出来るアイテムを使ってみると良いでしょう。

カラーバリエーションも豊富なので、自分の髪色に合ったものを選ぶと◎。

ちなみに色が薄ければ薄いほど濃さは目立たなくなってくるので、自分の髪色よりもワントーン明るめの色を選んでみると、眉毛の濃さが際立たずに丁度いい色合いになるかもしれません。

まとめ

眉毛が濃いと、眉毛だけが強調されてしまい、恥ずかしい…と悩んでしまう人もいますよね。

しかし眉毛が濃い事は必ずしも悪いとは言えず、考え方や整え方をマスターしておく事によって眉毛が濃い事を自慢にする事も出来るのです。

眉毛を整える上では、どんな眉毛にしていきたいかという理想が最も重要なポイントになります。

薄くしたいのであれば量を減らしたり色を変えてみるのも良いですし、濃い眉毛を活かしたいのであれば、濃い眉毛に似合うような形を調べてみると、理想の自分だけの眉毛を手に入れる事が出来るかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です