疲労を回復させるためには○○を!明日からスッキリ元気になる方法

疲労が溜まると回復するまでには時間が掛かってしまいますよね。疲れが抜けない状態が続くだけで、毎日が憂鬱に感じやすく体や仕事にも支障が出てくることがあります。なんとか疲労を回復させてあげたいと思っても、頭が働かなくて思い浮かばないなんていうこともあるかもしれません。

疲労は、その時は気づかなくてもふと気を抜いてしまったときに症状として表れることも・・・。気を張り詰めていると、疲れに気づかないことも多くなんでもできてしまう気になりますが、心と体は確実にすり減っていることもあるのです。今回は、疲労を回復させるためのヒントをお伝えします。

睡眠で疲れをとる

shutterstock_376381612疲労が溜まると、回復するために一番したいことといえば、睡眠ですよね。できることなら寝ていたい、そんな願望を持ちながら疲労が溜まった体を動かしている方もいるかもしれません。少しの休憩時間でも、寝ることで体の疲れが回復されると言われていますよね。あなたはいつも、どのような睡眠をとっているでしょうか。

決まった睡眠時間を確保すること

疲労が回復しないと感じたときは、睡眠時間が不規則な場合も多く、生活習慣から見直しをしていかなければいけないこともあります。まだ若いから大丈夫と、睡眠時間を削ってしまうと体が後から悲鳴を上げてしまいます。この繰り返しが、疲労を回復させる力を妨げているといってもいいかもしれません。

体を元気にさせるには、規則正しい生活が基本になりますよね。毎日同じ時間に寝ることで、体のリズムを整えていきましょう。

熟睡できる環境づくりを

疲労を回復させるために睡眠は大切ですが、熟睡できない状態では疲れが抜けませんよね。目覚めの悪い睡眠は、寝ていてもストレスが溜まってしまうことも・・・。寝る時間は毎日同じように確保しているのに、疲れが抜けないのはとても辛いことです。

心が落ち着くような読書や、寝る前にスマホを見ないように心掛けるなど、静かに心と体を落ち着かせると眠りが深くなることがあります。寝室をシンプルに整えておくことも安眠に繋がりますので、寝室の整理整頓も忘れずに行いましょう。

適度に体を動かす

shutterstock_365909183疲労が回復しないときは、体力の低下も頭をよぎることがあります。ちょっと前ならば、疲れなんて次の日には吹き飛んでいたのに・・・という方もいるかもしれません。疲労を早く回復させたいのであれば、体力をつけることが近道ともいえるでしょう。体を動かすことで、体の疲れをほぐしませんか?

ストレッチで肩、腰のコリ解消

疲労を回復させたいときは、ストレッチで体のコリをほぐしましょう!疲れが肩や腰にくると、回復するまでにどうしても時間がかかってしまいます。マッサージや整体に通いたいところですが、忙しいと毎日通うことも難しいかもしれません。

わずかな時間も無駄にはしたくないときは、何かをしながらでもできるストレッチで、凝り固まった筋肉をほぐしてあげるのが、疲労の回復へのコツに繋がります。

ストレス解消にも一役

疲労を回復させるために体を動かすのは、正直しんどいと感じますよね。しかし、いつも同じ姿勢ばかりでいると、体もストレスが溜まってしまい疲労として体に蓄積されてしまいます。

体を適度に動かすことで、リフレッシュすることができるので、体の不調も吹き飛ばしてしまうくらいの活力を自ら作り出せるでしょう。体が回復すると、心も体も軽やかになりますよね。この軽やかな気持ちが疲労を回復させるきっかけになるかもしれません。

入浴は心と体のリフレッシュ

shutterstock_549614392疲労を回復するには、お風呂でゆったりするのがいいですよね。入浴しているときは、なにも考えずにいられる唯一のホッとできる時間だという方も多いのではないでしょうか。

疲労を回復させるために温泉へと足を運ぶこともありますが、全身をリラックスさせることのできるお風呂は、疲れをじっくりほぐしてくれる安らぎの時間です。しかし、入浴のひと工夫で疲労の回復力も大幅に違ってくるのです。

湯船で全身を温める

疲労を回復させるためには、体の血流を良くするといいとよく耳にしますよね。湯船に浸かりながら、体の凝り固まった部分もほぐしていきましょう。体全体を温めることができる入浴は、疲労を回復させるためには必要不可欠なもの、と言ってもいいかもしれません。

シャワーのみでは、体がすぐに冷えてしまうので疲れを感じたときは、湯船に浸かるという習慣をつけると体の負担も減り、心身ともにリラックスができます。

熱すぎずぬるすぎない温度がおすすめ

疲労を回復したいときは、熱めのお湯で入浴しよう!と気合を入れたくなりますが、これはNG。熱いお風呂に入るとサッパリしてぐっすり眠れるイメージがありますが、熱い湯船に浸かることで疲労度が増してしまうのです。

体がストレスを感じてしまいますので、40度前後のぬるめのお風呂がぬるめのお湯がおすすめです。体にも負担がなく、ゆっくり体をほぐすためには、長めに入れる温度が一番ですよね。ぬるめのお湯では体が温まらないのでは?と疑ってしまいそうになりますが、のんびり湯船に浸かっていると徐々にポカポカと体の芯から温まってくるのが実感できますのでご安心を。この感覚が、疲労を回復させてくれるでしょう。

食事にも気を配ろう

shutterstock_310920269疲労を回復するためには、やはり体の内側からも気をつけてあげたいですよね。食事は体を作る源になりますので、食べ物次第では体質も違ってくる気がします。知識としてはもちろんわかっていても、好きなものばかりを食べてしまいますよね。

コンビニ弁当やカップ麺などで済ませやすい食事ですが、健康的な体を目指すことによって、疲れ方も少し違ってくるのではないでしょうか。

バランス良く食事を摂る意識を

疲労を回復させるためには、栄養素をバランスよく摂取することで疲れにくい体作りをすることができますよね。疲れにはビタミンB1がいいと耳にしますが、豚肉に多く含まれていますので肉料理を食べるときに意識するといいかもしれません。大豆にもたんぱく質やレシチンが含まれていますので、積極的に取るように心掛けることが大切です。

体にいいと言われている食材は進んで食べると、意識が健康志向へと変わっていき、体にいいものを摂取していこうという習慣に変わっていくでしょう。

偏り過ぎたときはサプリで栄養補給

疲労を回復させたいのに、食事にまで手が回らないということもあります。忙しいときは、どうしても食事がおろそかになってしまうものですよね。何も食べないと、エネルギーだけが消費されてしまいますので、何か口にするように心掛けましょう。

疲れが溜まっている状態のときに、食事が偏ってしまうというのはよくあることです。栄養まで考えられないというときは、足りない栄養をサプリで手軽に摂取すると、短時間で栄養素が補給できるでしょう。サプリはコンビニでも低価格で購入できますので、疲労が回復しないときなどに試してみてもいいかもしれません。

まとめ

疲労を回復させたいときは、心も体もリラックスが求められます。どちらかに疲労が溜まってしまうと、回復するのが遅くなってしまいますよね。バランスを保つ秘訣は、いつも無理をしないこと。

疲れたと感じたときは、素直に体を休めることを心掛けていきたいものです。我慢の限界を超えないように、スケジュール調整にも余裕を持つと、疲れを溜めない日々が期待できますよね。毎日を楽しく快適に過ごすために、笑顔でいられる体作りを行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です