女運が悪いのはどうして?女性を見る目を養うコツ

好きになった人と恋に落ちた時、始めは気付かなかったけれど、なぜか女運が悪いと感じたことはありませんか。一度や二度というのであれば、これも人生経験のうちだと割り切れるものがありますが、毎回同じような恋愛ばかりを繰り返すというのは、さすがに考え込んでしまいますよね。

周囲にも女運が悪いと言われると、さらに落ち込んでしまうのではないでしょうか。見る目がないのか、自分が引き寄せてしまうのか悩むところですが、解決法も気になりますよね。

女運が悪い男性の特徴

付き合う女性によって、どんどん下降していく日々を送ってしまう男性がいます。人が良すぎる性格も、女運が悪いと言われる男性の特徴ではないでしょうか。だからこそ、周囲が心配してしまうのですが、人が良すぎる性格が災いして、難ありの女性を引き寄せてしまう可能性も考えられます。

誰に対しても優しすぎる

女運が悪い男性は、誰にでも優しく接してしまう特徴がありますよね。好きな人だけに優しくするだけではなく、みんなに優しいのでどこに行っても「いい人」なのです。

そのため、本当に好きになった人にも気持ちを上手く伝えられずに、片思いばかりを繰り返してしまうことはないでしょうか。意中の相手には思いが届かなくても、あなたの優しさに惹かれ、甘えたい女性にモテる傾向も。

自信が持てない

自分に自信が持てなくて、女性にモテないと思い込んでいる人も女運が悪いケースがあります。自分が嫌いというコンプレックスを抱えていると、好きになってくれる女性なんて現れないと悲観的になってしまいますよね。そのため、自分を好きになってくれる女性がいると、とても愛おしく大切にしたい気持ちが強くなります。

女性の母性を刺激させるあなたの弱さは、支えたいと女性に思わせる魅力の一つに映るでしょう。自分を心の底から愛してくれる姿に、全てを捧げたくなってしまうというのが特徴です。

NOが言えない

ハッキリした決断が苦手な性格も、女運が悪いと言われる男性の特徴です。納得がいかないものであっても、周囲の気持ちを考えて承諾してしまう展開が多いのではないでしょうか。

決断力がないと思われがちですが、仕事は完璧なのに恋愛だけは全くダメだと自覚している人にも、女運が悪い傾向が。このギャップに惹かれる女性との関係が、あなたの恋愛運を左右させる結果に繋がります。

自分の恋愛傾向は?

女運が悪いと言われても彼女が絶えずいる男性もいますので、決してモテない訳ではありません。普通の恋愛をしているのに、どこか首を傾げたくなる部分もあるのではないでしょうか。それでは、あなたの恋愛傾向を考えていきましょう。

なぜか彼女に浮気をされる

こんなに一途に想っているのに、気付いたら彼女に浮気をされてしまう展開に心を痛めていませんか。この繰り返しでは、いつしか自分の女運が悪いと思ってしまいますよね。

一人の女性に対して精一杯の愛情表現をしているつもりでも慎重になりすぎると、彼女のあなたに対する物足りなさが不満へと繋がります。あなたの愛が女性の胸には響かずに重く感じる場合もあれば、もっと刺激を求めて違う男性に魅了されてしまう女性も。それでも、許してしまう優しさが弱さとなり、歪んだ恋愛関係へと進んでしまうケースも。

心身共に疲れてしまう恋愛ばかり

付き合っていくうちに、彼女に振り回されてしまう人もいますが、許容範囲を越えてしまうと、自分自身が疲れてしまいますよね。彼女のわがままにウンザリしても、彼女のために無理をしてしまう選択を選んでしまうのは女運が悪い男性の恋愛傾向です。

いつも自分のことを後回しにして彼女を優先してしまう癖は、直したくてもなかなか直せない部分ですよね。恋愛は疲れてしまうものではなく、もっと楽しくて心が満たされるものです。どんな恋愛をしているのかを、改めて考える必要があるかもしれません。

自分が浮気相手だった

自分のことを多く語らない女性と恋に落ちることがありますが、そこが魅力的に感じますよね。知らずに付き合っていたら、自分以外に本命の相手がいた…なんていう衝撃の展開も。

好きになった女性は、既婚者や本命がいるような女性ばかりというのも、女運が悪い男性が恋に落ちやすい傾向です。自分が彼女の本命ではなく、浮気相手の方だったと知った時のショックは大きいものですよね。彼女に一途になり過ぎて、事実を知っても受け入れてしまう経験も。

女運が悪いと言われる原因

好きになる人と上手くいかないのは、女運が悪いからなのでしょうか。気になる女性が全て、問題ありの女性とは限りませんよね。

始めから利用しようとして近づいてくる女性もいれば、あなたに惹かれて好きになる女性もいます。付き合い方や好きになるきっかけにも意識をしてみませんか。

中身よりも見た目重視で恋人を選ぶ

女性は中身ではなく見た目から好きになるという人もいますよね。確かに、見た目がタイプの女性と付き合えたら毎日が幸せです。とは言っても、わがままでお金使いが荒いという女性だったら…。

冷静に考えると、長く付き合える相手ではないと判断しますよね。それでも、見た目にこだわってしまうというのが、女運が悪いのではないかと悩む原因ではないでしょうか。見た目も中身も理想的な女性に、出会える確率は低いものですよね。よく考えて、自分に合う女性と恋に落ちたいですね。

彼氏持ちの女性に魅力を感じてしまう

彼氏がいる女性に好意を抱いてしまうという男性も、女運が悪いと感じてしまいます。恋をして満たされている人は、充実感からかキラキラ輝いて見えますよね。彼氏がいない素振りを見せていても、こちらが狙おうとすると、実は彼氏持ちだったというパターンは、経験している人も多いはないでしょうか。

恋をしている女性は美しいという表現がありますが、確かに魅力的に見えますよね。しかし、もっと周りを見渡すと、フリーの女性の存在も。意識する女性の範囲をもっと広げると、恋愛の幅も広がります。

独占欲の強い女性に惹かれてしまう

束縛が強い女性に好かれてしまうと、彼女中心の生活になってしまうため人間関係にも支障が出てしまいます。会社の付き合いが必要な時も、彼女の許可が必要だという男性もいますよね。仕事中でもメッセージや通話が出来ないと嫌だと嘆く彼女の振る舞いに、周囲にも迷惑を掛けてしまう場合も。

独占される程、あなたが好きだという彼女の気持ちは嬉しいですよね。しかし、大事な仕事の最中でも自分を優先して欲しいという女性の気持ちは、理解しづらいものがあります。女運が悪いと感じてしまうのは、彼女に対する接し方が原因というパターンもありますので、付き合い方も見直すのも一つの解決法です。

女運を良くするには

辛くて苦しい恋愛ではなく、もっと楽しくて充実感のある恋愛をするには、どのような女性と恋に落ちればいいのでしょうか。今までの恋愛とは違う展開を望むには、女運が悪い頃の自分とは違った恋愛方法も視野に入れて行動すべきと考えますよね。

しかし、すぐ変えられるのであれば苦労はしませんが、好みのタイプも恋愛の方法も変えていくのは時間が掛かってしまうものです。女運を良くするには、どこを変えていけば良いのでしょうか。

お互いが向き合える人を探そう

見た目で選んでしまっても、お互いが向き合えるような関係が築けるのであれば、女運が悪いとは思いませんよね。付き合う前から、全てを知り尽くせればいいのですが、それは難しいもの。付き合ってから、本心が見える場合もありますよね。

好きになってすぐ付き合うのではなく、ある程度お互いを知ってから付き合うと、ギャップも少なく今まで以上の関係を築いていける気がしませんか?あなた一人が相手を一方的に知っても、上手くいくものではありませんよね。あなた自身も、女性に理解してもらって初めて意気投合出来るでしょう。

今までとは違うタイプの女性とも交流を

あの人はOKだけどこの人はダメというように、恋愛対象の女性はある程度自分の中で範囲が決まってしまいます。この線引きも、女運が悪い結果に導いているのです。会話もまだしていないのに、あの女性は苦手と距離を置こうとする男性がいますよね。なんとなく苦手意識を持ってしまうのは、出会いを制限させてしまい女運も下がってしまうのではないでしょうか。

苦手だと思っていた女性と話してみたら意外と面白かった、また会ってみたいと思ったというように、印象が変わるケースも多いのです。自分から出会いを閉ざしてしまうのではなく、もっと開放的にいろいろな人との交流を楽しみませんか?価値観が変わり、付き合い方にも影響が現れるでしょう。

周囲の意見も参考に

「あの女性は辞めた方がいい」と、友人に忠告を受けるケースもありますよね。しかし、好きになった女性を否定されるのは面白くありませんし、忠告なんて聞きたくないと思ってしまいます。後になってから後悔するのですが、聞く耳を持てる状態ではない時ほど女運が悪いものですよね。

周囲の意見も聞く耳を持つと、冷静になれる瞬間が出来るので、女性についても一呼吸置いて見つめ直すことも。深い傷を負う前に、周囲の意見も聞き入れられる心の余裕を持ちましょう。

まとめ

恋愛が上手くいかないのは、女運が悪いからとは限りません。その時のタイミングや状況も関係する場合もありますよね。パーフェクトな恋が理想ですが、どんなに凄い恋愛マスターでも悩みがない恋は少ないものです。

恋愛に懲りてしまうと臆病になってしまいますが、いろいろな出会いがあり、出会った数だけの恋を知りますよね。ですから、躓くことを恐れずに、あなたらしい恋をしませんか。前向きな気持ちが、新しい恋愛を引き寄せてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です