会話がうまくなる方法って何かない?そんな時に身に着けたい7つのポイント

会話がうまくなる方法があればいいのにな、と思った経験がある人も少なくないはずです。会話がうまい人はコミュニケーション能力が高く、人当たりも良いので何かとスムーズに物事を進めるのも上手いですよね。

そんな人が身近にいれば、余計に会話がうまくなる方法があればいいのになぁと思ってしまうものですし、かといって思っただけでは会話がうまくなるわけではないので、とてももどかしい問題でもあると思います。

確かに会話というものは日々の積み重ね、心理戦、状況把握、理解力、言葉選び…など様々なものを駆使して行うものでもあるので、会話がうまい人と話していると驚かされることも多く、自分には無理かもと思えてしまうのも当然ですよね。

しかしそんな人のためにも今回は会話がうまくなる方法について注目をしていきたいと思います。実際、会話がうまい人のことを観察しているだけでは、会話をうまくすることは出来ません。しかし会話がうまくなるコツやポイントさえわかっていれば、意識や心掛け次第で会話をうまくすることが出来るようになってくるのです。

会話がうまくなりたい、会話がうまくなる方法を知りたい、そんな人は是非これから紹介をしていく7つのポイントを見つめていきましょう。会話がうまければ仕事や友情、そして恋愛をスムーズに進めていくだけでなく、自分の自信を高めることも出来るはずですよ。

目を見つめて話す

会話がうまくなる方法と聞くと、言葉選びのテクニックや話し方について注目をされるものですが、会話というものは言葉だけで成り立つものではありません。電話などでは面と向かって会話をしていないので、言葉選びや言葉遣いなどのテクニックだけが必要とされますが、面と向かって会話をする際には、そんな言葉以外のテクニックも考慮することが会話がうまくなる方法の一つなのです。

そこで誰もが簡単に心掛けられる方法というものが、目を見て話すというものです。例えば目をそらしている、ずっと下を向いている人が目の前にいると、会話が楽しいとは感じませんよね。会話が退屈なのかな?興味がないのかな…と不安を感じてしまうので、自分もそれをしてしまえば相手に不安を煽る行為になってしまうというわけなのです。

しかし目をしっかりと見つめて会話をすれば、相手との会話を楽しんでいる、集中しているという真意が相手に伝わります。相手にとってみればとても嬉しいことですし、恋愛ともなれば女性を夢中にさせることも十分に出来るのです。

視線は目の会話とも言える重要なもの。会話がうまくなる方法の第一歩としては、巧みな話術を身につけるよりかは、口の会話だけでなく、目の会話も取り入れて会話そのものを盛り上げるように意識をしてみてくださいね。

落ち着いた口調を心掛ける

落ち着いた口調は万人受けするものです。早口でマシンガントークをする、そんな人でも会話がうまい人がいるのは事実ですが、聞き取りにくい、高圧的、少しテンションが高くてついていけない…など好き嫌が別れるのも事実であり、人によっては会話がうまい人だとは思われない可能性もあるのです。

そこで会話がうまくなる方法で取り入れたいのが、落ち着いた口調です。落ち着いた口調は相手の警戒心を解き、安心させ、包容力を与えるものになっていきます。特に女性を相手にする時には落ち着いた口調のほうが魅力的に映るのでおすすめです。女性は男性の大きな声や高圧的な声、早口な声などには恐怖を覚える人も少なくないので、落ち着いた口調の男性には惹かれやすいという傾向にあるのです。つまり落ち着いた口調をしていれば、会話がうまくなるだけでなく、女性からもモテやすいと言えるわけですね。

また落ち着いた口調は自身も落ち着かせる効果があります。他にもある会話がうまくなる方法を試す上では、どうしても慌ててしまう可能性も出てきてしまうので、落ち着いていたほうが頭の回転も早くなり、落ち着いて行動し、言葉選びもしやすくなるというわけですね。落ち着いた口調は相手に安心感を与え、女性に対してならば魅力を与えるものとなるだけでなく、自分も落ち着いて行動が出来るようになる会話がうまくなる方法だと言えるのです。

相手に対して質問を投げかける

会話のキャッチボールが上手な人は、会話がうまいというイメージがありますよね。そんな人達を見て、会話がうまくなる方法を知りたい、自分もああなりたいと思ってしまった人も少なくないはずです。

会話のキャッチボールが上手い人は、話していてもとても楽しいですし、ワクワクした気分にもなり、あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。上手いタイミングで最適な質問を投げかける、というのは難易度が高そうなイメージもあるので、それが出来る人はより魅力的に人々の目に映ってしまうものでもあるのです。

さて、そんな難易度が高そうなイメージがある会話のキャッチボールですが、実はそこまで難しいものでもありません。コツさえ掴んでしまえば、簡単に最適なタイミングで最適な質問を投げかけることが出来るので、あっという間に会話がうまくなること間違いなし。

ポイントとしては、オウム返し、を意識してみると◎。例えば相手と会話をしていて、何かを尋ねられたとしましょう。実は人の心理というものは、「自分も聞かれたい内容を相手に尋ねる」というものがあるので、もし何かを聞かれた、尋ねられた場合にはそれを相手に同じように尋ねてみると、会話が驚くほど弾むという仕組みがあるのです。

また自ら質問を生み出す場合には、その人のその日の変化や、今までの会話から出た引き出しの中で気になることを持ち出してみると◎。質問は、会話をしているその人自身にまつわることならば、だいたい相手は喜んでくれるものなので、会話がうまくなる方法のポイントとして抑えておいてくださいね。

相手が話してくれた内容はしっかりと覚えておく

会話がうまくなる方法を掴んでいく上で、最も忘れてはいけないということが「会話は一人では成り立たない」というものです。相手がいるからこそ会話が出来るものでもあるので、自分だけが会話を楽しもうと思ったり、自分だけが話したり、という一方的な考えや行動はNGです。

会話がうまい人というものは、相手を楽しませるプロでもあります。何故楽しいと思うのか、それは会話をしていて居心地が良い、この人ともっと話をしていたいと思うから。そこで抑えておきたいポイントというのが、相手が話していた内容をしっかりと覚えておくということです。相手が話していた内容を覚えていれば、それについて尋ねることが出来ますし、自分が話した内容を覚えておいてくれるというのは嬉しいですよね。

しかし全ての内容を覚えておくというのはかなり難しいものでもあるので、「相手が話してくれた内容」を覚えておくというもの。相手が自ら話してくれた内容を覚えるようにしておけば、相手を喜ばせることが出来るものです。

話してくれる、ということはそれだけ思い入れがある内容でもあるので、そんな内容を覚えててくれるというのは相手にとって嬉しいことというわけですね。慣れてきたらちょっとした日常会話の中で出てきたキーワードを覚えておくようにして、次の会話に活かせるようにしてみましょう。

わからないことは興味を持つ、という姿勢で

男性が気をつけたいポイントでもあるのが、知ったかぶりをしない、背伸びをしないというものです。会話がうまくなる方法を意識していくと、何でも知っていないといけない、なんとか場を盛り上げたい、というような意識が生まれてしまいますよね。

男性は特に見栄を張ってしまう、自分を大きく見せたいと思うものなので、つい知ったかぶってしまうことがあるのです。しかし知ったかぶりは時に墓穴を堀、自分の価値を著しく下げてしまうものでもあるので、出来るだけ控えたほうが◎。

そこで、わからないことがあったら知ったかぶりをするのではなく、「なにそれ?」と興味を持つようにしてみましょう。無知は恥ずかしいことではありません。知らないことは知らないと良い、興味を持てばそれだけ会話が広がるとは思いませんか?謙虚で見栄を張ろうとしないそんな姿勢は多くの人から好感を持つことになるので、人当たりが良く、会話がうまい人という印象を持つことが出来るのです。

会話がうまくなる方法は何でも知ろうとしないこと、知らないことは知らないと正直になること、無知すらも会話を広げ、自分の価値を高める材料になるということを意識してみてくださいね。

相手が喜ぶような言葉を選んでいく

相手が喜ぶような言葉を選ぶ、これは会話がうまくなる方法の上級テクニックでもあるので、出来るようになったらやっていくという感じで少しずつ身に付けていきましょう。

会話を楽しんでいけるようになってくると、相手がどんな性格なのか、どんな価値観なのか、どんなことが嬉しく楽しいのか…そんな特徴を掴んでいけますよね。次第にそうなると相手が何をされて嬉しいのか、どんな言葉をかければ嬉しいのか、というポイントが見えてくるはずです。

それは言い方にも言えることなので、この人にはこういった言い方が良い、こんな言葉を選んだほうがもっと会話を盛り上げられる、というポイントが掴めてきます。そこまで見えてくれは会話がうまくなる方法も、自分なりに工夫して出来るようになってくるので、さらに話し上手な人として周りから親しまれるでしょう。

また会話がうまくなる方法の上級テクニックとは言え、これは次第に自然に見についてくるものでもあります。もしよく会話をする人物がいたり、意中の相手がいるのであれば、少しずつでも相手が喜ぶ言葉や言い方を意識してみると、いざという時に役に立つはずですよ。

会話を楽しむことを意識する

会話がうまくなる方法についていくつか注目をしてきましたが、最も忘れてはいけないことの一つには「会話を楽しむ」というものがあります。会話がうまくなる方法を意識してしまうと、テクニックを上手く使えるようにとばかり意識をしてしまって、会話に集中できないという可能性も出てきてしまうのです。

相手に良く見せようと心掛けることは悪いことではありませんが、せっかくの会話を100%楽しめない、相手に失礼になる場合もあるので、会話がうまくなる方法を上手く使っていくためにも、まずはその会話を楽しむことに意識を向けてみてください。

また、会話を楽しむことを意識すれば自然と頭の中に入ったテクニックは引き出されていくものでもあります。リラックスをするのが上手い会話をするコツでもあるので、自分のためにも、せっかく学んだ会話がうまくなる方法を引き出すためにも、リラックスをして会話を楽しむことを一番に考えてみてください。

まとめ

いかがでしたか?会話がうまくなる方法について注目をしてきましたが、会話がうまくなる方法というものはコツやテクニック、意識さえしていればそれほど難しいものでもありません。

大切なのは会話を楽しむこと、その楽しんでいる中で会話がうまくなる方法のテクニックを出していくこと、それさえ掴んでいけばきっと素敵な会話を楽しめると思うので是非意識をしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です