友達できない…原因はどこに?失敗しない友達作りのコツ

気付いたら一人でいることが多く、昔から誰かと一緒にいるのが苦手だったと言う男性も多いですよね。何かしたわけではないのに、友達の存在が薄くなっていく気がすることはないでしょうか。最終学歴の仲間が、生涯長い友人として付き合うことになる…と耳にすることもありますが、結局のところは付き合い方次第になりますよね。

対人関係が苦手だから友達できないのでは?と原因を考えても、人間関係を上手く築くことは難しいものです。今回は、大人になってから友達を作るには、どうすればいいのかを一緒に探していきましょう。

友達できない人の特徴

いつも単独行動を取りたがる人は、友達も少ないように見えますが、共通する特徴がありますよね。友達が欲しいと、心から欲している様子をみせないミステリアスな雰囲気を感じます。本音を表に出すことが少ないので、気に掛けないと本心が掴めないところも…。心から友達が欲しいのかが疑問に残りますが、改善点は一体どこにあるのでしょうか。

周囲に興味が持てない

友達ができないと原因を探す前に、周囲に対して興味が持てないことが挙げられます。人に興味が持てないままでは、孤独でも耐えられるので一人で過ごすことが気にならないのが特徴です。

名前も顔も覚えようとしないところがあり、自分から打ち解けようとしません。 せめて、顔と名前だけは覚えられるようにしておきたいものですね。

嫉妬深くて見栄を張ってしまう

周囲と自分を比べてしまう人にも、友達ができない傾向が見られます。羨ましいと感じてしまうと、負けたくない感情が強くなり過ぎてしまい、見栄を張ってしまうことが…。

自分と仲良くしている人が、他の人と仲良くしている姿を見るだけでも面白くないので、相手に対して嫌味を言ってしまう行動に移すのです。独占欲が強いのが特徴ですが、もっと自分に自信を持つと、相手に対しても優しくなれるでしょう。

他人の悪口しか言わない

一緒にいて一番嫌な人は、悪口を聞かされることですよね。職場の話をしていても、最終的には個人の悪口を話し始める人も…。友達が欲しいと思っているはずなのに、人の悪口ばかりを話し続けるのは、聞いていて嫌な気持ちになりますよね。しかし、裏を返せば仲良くなりたい気持ちが溢れているのです。

このように素直になれない特徴があり、悪口を言うことで周囲の気を引こうとしています。

友達できない…原因を知ろう

友達は一人でもいてくれると、安心しますし楽しいですよね。困った時に相談して励まされる時もあれば、思いっきり喧嘩して泣くことも出来る関係は、家族以上の絆が生まれることもあります。しかし、知り合いは多くても、友達と呼べる人物がいないと言うのも寂しいですよね。

友達ができないと言う原因は、あなたの心の中にも秘められているのです。しかし、目を背けたくなりますが、辛くても知ることが大切です。

一人が楽だと思ってしまう

他の人と一緒に過ごすよりも、個別で有意義な時間を使いたい…。この気持ちが、あなたを一人にさせてしまう友達ができないと言う原因です。集団行動が苦手な人は、大勢の中に混ざって会話をすることが苦痛に感じます。無理をしながら一緒に居る必要はないと考えるため、無意識に自ら進んで離れているのです。

それでは、一生このまま孤立して過ごす可能性も否定できませんよね。しかし、気が楽でもふとした時に、寂しさは溢れてくるものです。今のままでいいのかを改めて考え直してみることも、心境の変化に繋がります。

口下手だから話せない

友達は欲しいけれど、自分からは積極的に話し掛けられない悩みは、前向きな気持ちがあるのに進めないもどかしさを感じます。話したい気持ちはあるのに、どうやって言葉にして伝えるべきなのかがわからない…。口下手だと自覚していれば尚更、言葉を選ぶことに悩んでしまいますよね。

自分から話せないまま、相手が話し掛けてくれることを期待してしまうのが、友達ができないと思う原因になります。口下手でも相手を待っているだけでは、誰も心を開いてはくれませんよね。挨拶だけでも、自分から話し掛ける努力が必要です。

気の合う人が周囲にいない

友達ができないと言う原因の一つが、周囲と話や価値観が合わないことがあります。集団生活の中で合わない人との接し方が、悩みの種になりますよね。友達になりたくないと言うのが、正直な気持ちではないでしょうか。

気の合う人がいれば、何の問題もなく自然に仲良くなれますが、第一印象で合わないと決めつけてしまうと、相手を知る前から距離を置こうとしてしまいます。それでは、共通点が見つからないだけで、本当に相性が悪いのかわかりませんよね。先入観から見ようとしないで、もっとリラックスした状態で周囲と接していくことがポイントです。

どうして友達が必要なのか?

友達なんていなくても…。と思ってしまうことがありますが、本当に必要がない存在なのでしょうか。一人でも生きていけますが、同じ気持ちを分かり合える友達がいないと虚しさが残りますよね。

両親や兄弟がいるから友達なんて…と思う人もいますが、いつまでも家族と一緒にいられる訳ではありません。では、どうして友達が必要なのでしょうか。

価値観が広がる

学校や職場の集団の中にいると、様々な考え方があって面白いですよね。自分にはない価値観に、刺激を受けることがあります。仲間ともっと接する機会が増えていくと、探求心も芽生え教わることも多くなるのではないでしょうか。

友達がいることで学べる楽しさは、一人では体験することが出来ませんよね。知識は勉強すれば身につきますが、実践力や応用力には繋がらないことがあります。価値観が広がることで、心の豊かさを感じることが出来るでしょう。

困った時に助け合う存在

学校や職場で困った時に、助け合ってピンチを乗り越えることが出来る存在が「友達」です。大人になると、家族に言えない悩みも増えていきますよね。解決したくても、一人では答えが出てこない場合、あなたはどのようにして解決へと導きますか?

ネットや辞書で調べても、自分に合った答えが見つかるとは限りませんよね。正解がわからない悩みには、仲間の存在が不可欠です。お互いが助け合える存在になれることは、人を信じる力を強くします。

コミュニケーション能力が身につく

友達ができないと言う原因には、コミュニケーション能力の低さが挙げられます。スマホの人工知能に話し掛けても、一方的な会話を投げ掛けるだけで、言葉のキャッチボールになりませんよね。

友達がいることで、相手に対する思いやりや優しさといった気の使い方が出来るようになり、一方的な感情の押し付けが通用しないことに気付きます。人間関係は、感情のやり取りが複雑で難しいのですが、たくさん接していくことで、学びながら対話能力を身につけることが出来るでしょう。

友達を作るには…

大人になると、進んで友達を作ろうとは思えませんよね。今更…と言う気持ちが強くなって、素直になれずに後悔することもあります。

子供の頃は、仲良くなりたいと思っただけで行動できましたが、大人になると先のことまで考えてしまうため、軽い気持ちでは友達へと発展しにくいものですよね。親しくなるには、どのようなコツがあるのでしょうか。

自分から話し掛ける

友達ができないと言う原因に、消極的だからと言う理由が挙げられますよね。子供の世界と違って、大人社会には誰でも構わず仲良くなると言うことはありません。職場の同僚でさえも、親しすぎない関係を保つように心掛けてしまいます。

身近な人には、挨拶から話し掛けると徐々に会話が増えていきますよね。会話が切り出せなくても、挨拶をするだけで近寄りやすくなった気がしませんか?挨拶から人に慣れる練習をすると、次の言葉も自然と出るようになるでしょう。

欠点を直そう

どうして友達がいなくなるのか…。自分に向き合って考えてみたことはありませんか?始めは仲良くしてくれた人もいなくなってしまったのは、あなたにも原因があるからではないでしょうか。

人の欠点は目に付きますが、自分の欠点はわからないものです。そのため、横暴な振舞い方で知らない間に友達を傷付けていることがあります。仲間だから大丈夫ではなく、仲良しだからこそ気を配らければいけないこともあるのです。相手を傷付けていたことに気が付かなければ、この先ずっと友達ができないと悩み続けることになります。まずは、自分の直さなければいけない欠点をいくつか挙げて直すことが大切です。

いつも笑顔で接すること

人間関係は、口調や顔の表情で相手の心を読み取ろうとします。無愛想なままでは、話し掛けられても嬉しくありませんし、不愉快な気分になりますよね。

友達作りの条件は、笑顔で接することです。仲良くなりたい意思が相手に伝わるように、好印象を与えることが求められますよね。話し掛けられるようになると、気の合う仲間が現れることも…。友達ができないのは、原因を解明していくことが大切なのです。改善していきながら、あなたの良さをしつこくない程度にアピールしていきましょう。

まとめ

大人になってから友達と呼べる関係を築くには、あなた自身も変わることが求められます。子供の頃のように、毎日一緒に外で遊ぶような関係とは違いますので、気持ちを楽にしたまま接する付き合い方を身につけていきましょう。

気を使いすぎると今までと同じような展開になり、何年経っても友達とは呼べないままになってしまいますよね。どのような対応が出来るのかを考えて行動していくと、さらに良好な関係を築くことが…。

末永く友人関係でいられるように、あなたの心を閉ざさないことが鍵となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です