タバコがやめられない!禁煙するためのおすすめ4ステップ方法

タバコがやめられない人が禁煙するためのステップ方法-2

「タバコをやめたいけど、やめられない・・・禁煙するのがツライ・・・」自分の意思が弱いのか。悩みますよね。

タバコの値上がりが相次いでいますので、これを機にやめようと思ってるのかも。どうしてもタバコがやめられないまま、今に至っているのかもしれません。

タバコはやめたいと思っても、タイミングが合わないとなかなかやめられないものですよね。

喫煙所も少なくなって、今では肩身の狭い思いをすることが多くなった喫煙。

今まで上手くいかなかった禁煙も、方法さえ正しく行えば、確実に禁煙への道に辿りつくはずです。

そろそろ辞め時なのかも・・・そんなあなたと今回は、タバコをやめるための方法を一緒に考えていきましょう。

ステップ1~日頃のクセを改善しよう~

タバコがやめられない理由は、特にないのにどうしてやめられないのでしょう。

タバコはクセで吸ってしまうという、習慣が引き起こしていることがあります。

毎日歯を磨くことと同じといえば、わかりやすいかもしれませんね。この習慣は、今までの年月が蓄積されていますので、いきなり崩すということは無理に近いことなのです。

ここで、無理やり禁煙を試みても数日には、またタバコを吸ってしまった・・・という流れにたどり着いてしまうでしょう。

タバコをやめられないというよりも、習慣から抜け出せないという言い方が正しいかもしれません。

毎日どれくらいのタバコの本数を吸っているのか、改めて時間も含めて見直すことから始めましょう。

ステップ2~嫌いなタバコの銘柄を吸ってみる~

タバコがやめられないのであれば、タバコを嫌いになればいいのです。

毎日の習慣も嫌な物に変われば、自然と遠ざけてしまいますよね。

「おいしい」と脳にインプットされてしまった記憶を塗り替えさせるためにも、タバコはマズイと叩き込むのです。

体験することで、脳に拒否反応を覚えさせましょう。とにかく、マズイと思う銘柄のみ吸っていきます。好きではない銘柄のタバコに慣れる前に禁煙へと、自らを誘導していく方法です。

しかし、気をつけたいのが、一本くらい好きな銘柄を・・・という、自分に甘い判断です。

この一本くらいという気持ちが、タバコがやめられない原因になってしまいます。

この誘惑にどれだけ打ち勝てるか、というところも勝負になりますので、精神的に辛いかもしれませんが、乗り越えていきましょう。

また本気で禁煙をするなら、嫌いな銘柄を1本だけ吸うのではなく、一気に口に10本くらいくわえて思いっきり吸い込んでしまいましょう。

辛すぎて、もう吸いたくないと思えてきます。荒療法ですが頭の中にインプットさせるのは効果的です。

ステップ3~タバコをよく吸ってしまうときの原因を探ろう~

タバコがやめられないときは、ストレスや現実逃避をしたいときに多く吸ってしまうと言われています。

気まずい人間関係に耐えられない瞬間や、イライラが積もってどうにもならないときにタバコへと手が動いていませんか?

これは、ストレスのはけ口として、タバコを吸わないと切り替えられないというイメージが、あなた自身のなかで作り上げられてしまった証拠といってもいいかもしれません。

タバコは、ニコチンを摂取することで、リラックスすることができるので、吸うことによってイライラが解消されることがあります。

タバコを吸わなくなることで、ニコチン切れになりイライラして落ち着きがなくなる・・・というのも納得するでしょう。

タバコに頼らずに、日頃からストレスが溜まらないような、状況を作り出すことを積極的に行うことが大切です。

タバコがやめられない人が禁煙するためのステップ方法-1

ステップ4~協力者を見つけることが大事~

タバコはやめられないのではなく、いつでもきっかけがあればやめることができます。

しかし、一人ではどうしても誘惑には勝てないものです。数か月我慢していても、ある日突然衝動的に、タバコが恋しくなって吸ってしまうこともようある話なのです。ここで、見張り役のような協力者を作ることが大切です。

一人では無理かもしれないけれど、協力してくれる人がいるなら、がんばれそうな気持ちになれませんか?友達と一緒に、禁煙を試みることも励みになるでしょう。

お互いが励まし合いながら、共に健康な生活を取り戻すための努力は、とても意味があることなので、曖昧な心に喝が入るかもしれません。

どうしたらタバコをやめられるのかを話し合ってみましょう。

短期間で禁煙に成功するとは思わないこと

タバコをやめたいと禁煙を始めても、結果をすぐに求めてはいけません。

はやくて数か月で禁煙に成功などという言葉を目にしますが、実際は難しいものです。この辛さを数か月で乗り越えられるとするならば、医療機関や専門アドバイザーの元へ通うしかないでしょう。

大げさかもしれませんが、ヘビースモーカーであれば、喫煙歴と同じ分だけの期間が禁煙成功に、かかってもおかしくはないのです。

それくらい長い目で禁煙に取り掛かれば、早く禁煙に成功するかもしれません。

まとめ

タバコをやめられないのは、決してあなたのせいではありません。自分を責めたくなることもありますが、やめたいと思う気持ちが禁煙の入り口なのです。タバコは、健康な体を蝕んでしまう有害なものですので、少しずつでもタバコから離れた生活が送れることを祈るばかりです。前向きな禁煙生活を、スタートさせていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です