働きたくない人の心理は変えられる!今から抜け出す方法

働く気分になれない時、このまま働きたくないという心理が強くなりますよね。特に若い世代に、この傾向があるとも言われています。しかし、世代に関係なく何かに躓いてしまった時、社会に出ることが怖くなることもありますよね。

ある一定期間だけでしたら、働きたくないと言う心理を尊重して心のリフレッシュも必要ですが、長い期間に及ぶと社会復帰は難しくなります。

働くことが誰でも好きとは限りませんが、好きになるコツは必ずあります。ただ、自分に合った方法が見つからないだけなのです。どうしたら、前向きに働くことに興味が持てるのでしょうか。

働きたくない人の心理を知ろう

働くことを極端に嫌う人がいますが、そこまで嫌がる理由は、きっと根深いものが隠れているとも言えるでしょう。あと一歩の勇気を踏み出すことに対し、拒否してしまうのは気持ちの捉え方のズレが考えられます。

働きたくない人の心理を知るには、同じ目線になってみなければ理解することは難しいですよね。同じ目線になって考えた時に、どんな気持ちが強く印象に残るでしょうか。

自由がないから

職に就くと、決められた時間を拘束されてしまうので、自分の思うように時間が使えません。社会人になると仕事に慣れるまでは、働くことを優先させてプライベートは二の次になってしまいます。忙しい職種の場合は、仕事が慣れてもプライベートの時間を作る間もなく、追われてしまうと言うのが日常です。これでは、プライベートを優先させたい気持ちが強いと、仕事の拘束時間がとても窮屈に感じてしまいます。

時間の使い方は、自分自身で何とか調整しなければいけないのですが、慣れていないとスケジュールを組むのが難しいですよね。働くだけの人生になりたくないと言う気持ちから、自由を求めてしまうのです。

やりたいことが見つからない

働きたくないと言う心理には、やりたい仕事が見つからないからと言う理由が、大きく占めていると言ってもいいでしょう。就活を繰り返してやっとたどり着いた会社に、仕方がなく入社した経緯から、愛情が持てないと言うのが本音と言えそうです。または、やりたい仕事ではなかった時に、働く気力を無くしてしまうことがあります。

仕事からやりがいを見つけることが出来ないと、心の中で決めつけてしまうと、仕事の良さも見つけられませんよね。やりたいことが何だったのか、よくわかっていないことも多く、現実社会から非現実社会に逃げ込んでしまいたくなるでしょう。

人間関係が不安

集団生活の中では、必ず人間関係について悩む時が訪れますよね。仲の良い人もいれば、相性が合わない人もいるのが集団生活なのです。アルバイト経験や年齢が離れた人との付き合いが少ないと、上下関係に慣れるまでがとてもプレッシャーに感じることがありますよね。

気の合う人を見つけてしまえば問題がないのですが、そこへたどり着くまでに挫折してしまうケースも多いのです。人間関係は、永遠のテーマでもありますので、どれだけ多くの人と接することが出来るかが、これからのあなたを作り出します。

就活が面倒だから

この理由は、これから先の職が未定である働きたくない人の心理に共通するものではないでしょうか。就活の苦労を経験してしまうと、面倒だという気持ちしか残らないことがありますよね。面接や試験も、採用される見込みがわからないため、自信が持てずに逃げ出したくなります。

ここで本当に逃げてしまうと、就職にも希望が持てなくなりますので、どんどん自分の殻に閉じこもってしまうのです。就活は、面倒ではなく楽しみ方を知ると、企業が欲しがる人材が見えてくるでしょう。

働く意欲を身につける方法

このままでは働きたくないと言う心理状態のまま、時間だけが過ぎてしまいます。しかし、働きたくないと言っても、本当に仕事をしたくない訳ではありませんよね。心の隅の方では働いてみたい心理もあり、不安な気持ちと葛藤しているのではないでしょうか。

アルバイトから働く楽しさを再確認する

正社員よりも敷居が低いアルバイトから始めると、働く楽しさを実感することができます。責任感はもちろん必要ですが、求められるものが正社員とは違うので、気持ち的に心に余裕が生まれることができるでしょう。

学生の頃のような、新鮮な感覚に楽しくなります。しかし、年齢的に考えてアルバイトが出来る年では…と言うことであれば、派遣の仕事を探すと言うのもおすすめです。今までと違った職種を体験することで、前向きなあなたに出会えることでしょう。

生活スタイルを変えてみる

働きたくない人の心理は、普段の生活を見直すだけで改善されることがあります。社会に出たくないと考えが強いのは、ダラダラした生活が身についてしまっているケースが多く、生活習慣を一定にさせると負の考えも低下すると言われているのです。

毎日決まった時間に起きて、規則正しい食生活を送ることから始めます。いつもの生活習慣に趣味や掃除をプラスするだけでも、気持ちを変える一歩に繋がります。慣れる頃には身の回りのことにも気が付くようになり、働く意欲が芽生えてくるでしょう。不規則な生活スタイルの繰り返しでは、体もストレスが溜まってしまいます。

失敗しなければわからないことも…

仕事をしていく上で怖いのが、失敗をすることです。自分の失敗は、会社全体に迷惑が掛かってしまうこともありますので、考えてしまうと一歩が踏み出せなくなりますよね。しかし、失敗を恐れてしまうと何も出来なくなってしまいます。なんとなく頭の中でイメージしていても、やってみなければわからないこともたくさんありますよね。

どうしても、あと一歩の勇気が踏み出せないのであれば、当たって砕けるくらいの精神で飛び込んでみませんか?無我夢中で飛び込んでみると、程よい緊張感を保つことができ、仕事の楽しさに気付くことができるでしょう。あなたの頑張る姿に共感して、周囲の見る目も変わっていきます。

今の仕事が嫌になったら

働きたくないと言う心理が強くても、そう簡単に無職になる訳にはいきませんよね。現実的に考えて無理だと悟り、今に至る人もいるでしょう。実際に会社を辞めてしまうこともありますが、違う働き場所を求めて転職を考える場合もあります。会社を辞めたいと思いながら、続けている人があなた以外にもたくさんいるのです。

働いていると嫌になることもたくさん出てきますが、どうしたらこの気持ちに打ち勝つことができるのでしょうか。

ストレス発散上手になろう

働く意欲が弱くなってしまった時は、ストレス発散で心の中をスッキリさせましょう。嫌なことは上手に発散しないと、心の負担が大きくなるばかりですよね。

ストレスに打ち勝つことが、働きたくない気持ちの心理を前向きに変えるきっかけになります。心が軽くなると、チャレンジ精神が働きますので、前向きに何かをしてみたいと思うようになるのです。マイナス要素ばかりを抱え込んでも、得にはなりません。

休むことも必要

何をやっても上手くいかない時は、モチベーションも下がり働きたくないと言う心理になりますよね。このままの心理状態では体も疲れ切ってしまい、悲観的な感情だけが残ってしまう恐れもあるでしょう。

辛くなった時は、働くことを一時休止する勇気も必要です。心のSOSをそのまま放置してしまうと、その後のケアも大変になってしまいます。自分自身を追い込まないように、休憩も人生には必要です。

先入観を捨てよう

周囲の職場の話や実際に経験した嫌な出来事は、働く意欲を不安へと変えることがあります。不安が大きくなればなる程、働きたくない人の心理は仕事との壁を作ってしまうのです。嫌なことだけを大きく切り取ってしまうため、働くことのメリットが小さく感じてしまいます。

嫌な話や噂は、真実よりも大げさに広がることがありますよね。そして、良い出来事は自分には起こらないこととして、気に留めることを自らの意思で行っているのです。良いばかり考えれば、職場も楽しいところに変わります。

自分を変えるには…

働きたくないと言う心理には、今の自分を抜け出したいと言う気持ちが隠れています。ですから、誰でも変えられる要素を持っているのです。働けない理由がない限り、働くことは不可能ではありません。

あなた次第で、前向きに仕事を楽しむことができるでしょう。

目標を持つ

働いた分だけお給料を受け取ることができますが、目標も希望もないままではつまらないですよね。働きたくないと思っていても、仕事をしなければ毎月の生活も苦しくなってしまいます。仕事面での目標を見つけたり、自分のために少し高いものを購入したいと夢を持つことも、あなたの働く意欲に繋がります。

何のために働くのかという意味を、改めて考えることが大切です。

できないと思い込まないこと

働きたくないと言う心理には、自分に自信が持てないから何も出来ないと、思い込んでしまうところがあります。最後まで一つの企画をやり遂げることが出来ると、とても清々しい気持ちになりますよね。しかし、自信が持てずに失敗を恐れしまうため、最後までやり遂げる勇気が出せないことも…。

仕事は、責任を持って最後までやり遂げるから面白いのです。責任と言う言葉がどうしても嫌だと逃げたくなりますが、逃げずに立ち向かうからこそ、成功した時の喜びは計り知れません。逃げずに立ち向かう意思があなたを変える一歩になります。

まとめ

嫌なことがあると、働きたきたくないと言う心理は強くなりますが、逃げ道ばかりを探していても、答えは見つかりませんよね。仕事は一人でするものではなく、職場全体で行うのですから、辛い時は周囲に助けを求めることが大切なのです。

一人の方が気楽だと思っていても、実際に一人で何かをするにはデメリットが大きすぎます。自分の力を過信してもいけませんし、ダメだと思い込むこともいけません。あなたの力を必要としてくれる仲間と職場は、あなた自身の力で見つけ出すことが働きたいと心から思えるカギとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です