嫉妬をする女性の心理がわからない…そんな時に抑えておく7つのポイン

嫉妬をする心理がイマイチよくわからない…と頭を抱える男性も少なくないと思います。特に女性がどのタイミングで嫉妬をするのかがわからないと、女性から反感を買ってしまったり、思わぬトラブルを招く可能性があるので、出来るだけ女性がどうして嫉妬をするのか、女性の嫉妬をする心理を知っておいたほうが良いでしょう。

しかし女性と男性は違う生き物でもあるので、女性の心理を知ったところでそれを理解出来るかは別の話…。男性は何故嫉妬をするのか、その仕組みやポイントを知っていないとイマイチ、女心や心理を理解するのって難しいかと思います。嫉妬をする女性の心理、それはとても複雑でありながらもポイントさえ掴んでしまえば、女性を無駄に嫉妬させず、トラブルや喧嘩を回避することが出来るでしょう。

そこで今回は嫉妬をする女性の心理がわからないという男性のために、女性が嫉妬をする心理や女心のポイントを紹介していきたいと思います!何故女性は嫉妬をするのか、どのタイミングで嫉妬をしてモヤモヤしてしまうのか…それがわからないという男性は女性の心を掴んで離さないためにも、女心について見ていきましょう!

特別扱いが大切

まず女性は特別扱いを何よりも重視する生き物です。この特別扱いをどこまで出来ているか、で嫉妬をする心理も大きく変わっていくので、出来るだけ彼女には特別扱いをして周りの女性と大きく差を付けるようにしましょう。

そうは言っても、内気な男性や恥ずかしがり屋な男性は彼女だけを特別扱いをするのって少し恥ずかしい…と思う人っていますよね。確かに恋愛慣れしていなかったり周囲の目を気にしてしまうと、いくら愛する彼女のためとはいえ特別扱いをするのってなんだか恥ずかしい…と思ってしまうものだと思います。しかし、特別扱いをしようという心があれば女性としてはそれでOK。自分のために心がけようとしてくれているというその姿勢に女性はときめき、心理的にも心に余裕が出て来るので、嫉妬の数も少なくなっていきます。

逆に特別扱いをせず、他の女性と同じような扱いをしてしまった場合は嫉妬の嵐となりますし、女性の心理は複雑に絡み合い、結果的に別れたほうがいいかも、大事にされていないかも…とマイナスの方向へと突き進んでいってしまいます。付き合っているから、彼女だから、その関係に満足していれば嫉妬をした彼女にやがて呆れられて捨てられてしまう可能性が高くなってしまうので、特別扱いは苦手だったとしても出来るだけ心掛けるようにしましょう。

女友達も異性は異性

まったく恋愛感情がわかない女友達がいたとします。男性としては彼女が本命ですし、女友達のことを男友達のように思っている人もいますよね。ただの友達、それは自分の心に誓って言えることであり、彼女だけを愛していると声を大にして言える人も多いでしょう。しかしそんな男性の心理はわかっていても、女心は複雑なもので、たとえ気のない女友達だったとしても異性であることには変わりないという考えがどうしても出てしまい、それが嫉妬を生む原因になるのです。

逆の立場になって考えてみましょう。愛する彼女が、単なる男友達だから…と言いつつすごく親しげにしていたら、モヤモヤしてきませんか?きっと心理的には穏やかではいられないと思いますし、嫉妬する心がふつふつと燃え上がってきてしまうと思います。中には彼女を信じているから…と思う男性もいると思いますが、女性の多くは彼氏を信じていたとしてもやはり嫌なものは嫌で、嫉妬をしてしまうのです。

彼氏には自分に親しくして欲しい、自分以外に楽しそうにしないでほしい…そんな心理から嫉妬心が生まれてしまうのです。

女の敵は女であるということ

女性の世界はとても複雑なものです。よく女の世界は怖いということは耳にすると思いますが、それは嘘や大げさな物言いではなく事実なのです。女性は毎日女性と戦い、心理戦を繰り広げて戦っているのです。その戦いの舞台が恋愛に関することだと、その戦いは火花を散らす激しいものとなるのです。

そんな世界を生き抜いている女性からすれば、彼氏に近寄る女性は皆敵なのです。彼氏を信用しているということは完全に別の話であり、彼氏が何も思っていなかったとしても、目の前の女が何を考えているかわからない…油断出来ない…という警戒の心理が一気に働いていき、そんな彼女の心理をつゆ知らず、女性と親しげにしている無防備な彼氏に対して女性は激しく嫉妬をするのです。

実際、彼氏が何も思っていなかったとしても、彼氏を気に入った女性が友達を装って近づいてくるパターンは決して少なくはありません。むしろよくある光景でもあるので、女性は自分の彼氏に近づく女性はとりあえず敵だと認識し、警戒し、心理戦を繰り広げ、嫉妬心と戦いながら彼氏を守ろうといつも必死になっているのです。女性はもちろんそんな一面を彼氏に見せようとは思わないので、男性からすれば驚きの事実かもしれませんが、見えなくしているのも女性の努力の一つなので、出来るだけ彼女の戦いを長引かせないためにも、嫉妬をさせないためにも、彼女以外の女性には出来るだけ心を開かないように気をつけましょう。

不安な時に強く嫉妬をしてしまう

女性はそもそも精神的に不安になりやすい生き物です。それはホルモンバランスが影響をしているので、どんな女性だって不安な気持ちになり、胸が締め付けられそうになり、時には理由もわからない涙を流したりするのです。

さて、そんな不安な時に女性の影があったら…いつもより嫉妬をしてしまう、心理的にさらに不安定になってしまうというのはどんな男性でも容易に想像が出来ますよね?例えば不安な時期にそっけない態度や適当な態度を取ってしまったり、いつもより愛情表現が薄くなってしまったり…それは男性にとっては特に意味のない行為かもしれませんが、不安定な女性の心理には不覚突き刺さるナイフであり、気持ちは大きく震えてしまうのです。

しかし厄介なことに、女性は自分の不安な気持ちを隠すのが得意な生き物でもあります。そのため男性からすれば、女性がいつ不安なのかもわからないから気をつけようがない…と途方に暮れてしまう人もいるでしょう。確かに、タイミングがわからなければどうしようもないですよね。

まず女性はいつでも精神的に不安定になりやすい生き物だと常に思い、出来るだけ常に大切に接するようにしましょう。過度な愛情表現をするというわけではなく、気にかけてあげたり、無駄に嫉妬をさせないように気を付けてみたり…ちょっとした心遣いが不安な女性の心理を変えてくれる魔法になるので、彼女は常に大切に…これさえ忘れなければきっと大丈夫なはずですよ。

デレデレした感じは絶対にNG

生物的に女性が好きな男性は多いですよね。彼女のことは恋愛感情として好きなものの、男性だからこそ女性のことは本能的に惹かれてしまいますし、時にはデレデレとした表情をしてしまう場合もあるでしょう。しかし女性は男という生き物や男性のそういった心理がわかっていたとしても、心では上手く処理出来ず、嫉妬をしてしまう生き物でもあるのです。

例えばベタな例を出せば、グラビアアイドルやちょっとセクシーな女性を見て、男性が興奮するとしますよね。もちろんこれでは嫉妬をしないという女性もいますが、中には「こういう女性のほうが好みなのかな…」と本気で落ち込んでしまい、心理的に不安定になり、嫉妬をしてしまう女性は少なくないのです。男性が女心をわからないように、女性も男心がわからないので、彼氏に好きだと言われたとしても、もしかしたら我慢をしているのかな…?と不安な気持ちになってしまうのです。

男心や心理的に女性という生き物にデレデレしてしまうのは本能になるので、絶対にそういう気持ちになってはいけないというのは難しいと思います。しかし彼女の前では絶対にデレデレした感じは出さないようにしましょう!

特に内気な女性や自分に自信がない、恋愛経験がない女性は男性のデレデレとした表情に自分の自信をなくし、心理的にも複雑になり、さらに嫉妬をしてしまう自分に自己嫌悪をしてしまうのです。そうなると彼女を立ち直らせるのは難しくなってしまうので、出来るだけ彼女の前では他の女性にデレデレしないように気を付けましょう。

彼女のため、という理由であっても嫉妬はする

例えば何かトラブルがあった時、彼女のためを思って女友達に協力を仰いだりする場面ってありますよね。また彼女への誕生日プレゼントを選ぶために、そういうのに詳しい女友達に一緒に選んでもらう…なんていうのはかなりあるシチュエーションだと思います。

もちろんこれは女心がわかっている女友達に協力をしてもらえば最高の結果を得られると言っても過言ではありません。しかし彼女が望んでいるのは最高の結果ではないのです。もちろん彼女のためを思って選んでくれた、というのは彼女にとっては喜べることではあるものの、彼氏が自分以外の女性と時間を共にした…というのは彼女の心理的にはとても複雑なものであり、手放しで喜べるものではないのです。嫉妬は当然するでしょうし、それならば見当違いのものを選んでくれたほうがよかったかも…とすら思ってしまうのです。

しかし女性の中にはそんな嫉妬をしてしまった自分に対して自己嫌悪をしてしまう女性もいます。彼氏がせっかく自分のために選んでくれたのに、自分のことを大切にしてくれているのはわかっているのに女友達に嫉妬をするなんて…そんな複雑な心理が彼女の心を包み込んでいき、彼女のために行動をしたというのをわかっているからこそ、嫉妬心と複雑な気持ちに苛まれてしまうのです。

そのため、出来るだけ彼女のためとは言え彼女を不安にさせるような行動は出来るだけ控えたほうが◎。いくら気の許している女性だとしても、もしかしたら彼女に嫉妬をさせてしまうかもしれない…そんな考えを忘れないようにして、どうするか決めていきましょう。

女性からのアピールそのものが嫉妬の理由

女性の心理はとても複雑です。例えば男性がかなり女性にベタ惚れで、女性もその気持ちをしっかりと信じ、安定した関係を築いていたとします。しかし、そんな中で男性に対してアピールをしてくる女性が現れたら…彼女はどういう気持ちになると思いますか?

これは完全に男性からすれば理不尽なものになるのですが、いくら彼氏の気持ちをわかっていたとしても、彼氏にちょっかいを出す女性が現れると、自分のほうが特別だとわかっているのにも関わらず、どうしても嫉妬をしてしまうのです。この場合嫉妬の原因は男性には直接ないので、もし新たな女性の出現によって彼女の心理が乱れていたり、嫉妬をしたりするのであれば彼女のことをよりいっそう愛し、大切にしてあげましょう。それだけで彼女の気持ちは落ち着くはずですよ。

まとめ

嫉妬をする女性の心理、そしてポイントを紹介してきました。女性の心理はとても複雑なものですが、女性という生き物がどういう心理を持ち、どういう考え方をするかというポイントさえ掴んでしまえば、彼女を無駄に嫉妬させることなく過ごすことが出来ると思います。

彼女を大切にしたいのであれば、出来るだけ嫉妬をさせないように努力をしましょう。女性は気持ちがある一定ラインを超えると突然吹っ切れて、嫉妬の原因、乱される心理の原因である恋愛そのものを遮断しようとしてしまいます。つまり男性は振られてしまう可能性が高くなるので、彼女とずっと仲良くしていきたいのであれば、出来るだけ彼女の心理を読み取り、嫉妬をさせないように気を付けてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です