付き合うための方法が知りたい!彼女を作るポイントは?

恋愛は複雑と言いますが、好きな人を想うと胸が締め付けられる気持ちになります。一緒に出掛けていろいろな言葉を交わし、いつしか彼女と呼べる日が来たらいいのに…。考えれば考える程、想いが募って苦しくなることはないでしょうか。あの人と付き合うためには、方法があるはずですよね。

告白すればいいと周囲からアドバイスをもらっても、フラれるのが怖いと弱気になってしまうもの。できれば、自分の納得する方法で付き合えたら幸せではないでしょうか。今回は、好きな人と付き合うための方法を探していきましょう。

気になる女性をもっと知ろう

付き合うための方法を考えていく時に、大切にしたいのが相手の気持ち。どんなところが好きで、何が嫌いなのかなどを知っておくと付き合うタイミングも見えてきますよね。

自分が思い描いていたイメージが、付き合ってみたら違っていたという展開もよくある話です。知らずに付き合うよりも、方法として相手を知ることから策を練っていきませんか。

好きなところを考える

彼女と付き合いたいと感じた理由はどこでしょうか。すべてが好きだと言っても、きっかけはいろいろありますよね。どうして好きになったのか、改めて考える時間を作ってみてはいかがでしょうか。

笑った表情や優しい性格など、いくつ挙げられたかによって、どれだけ想っているのかを自分自身で知ることができますね。数が少なかった場合は、もっと彼女を知る機会を作ろうという目標にもなるでしょう。

親しい友人からさりげなく情報を得る

直接本人に尋ねるよりも、周囲から評判や雰囲気を聞いて知る方法があります。身近にいる人の反応は、本人が気づかない一面を知っているものです。

良い部分も悪い部分も普段の様子がわかり、どんな雰囲気の男性がタイプなのかを探っていくことが可能に。好印象を得るためには、相手を知らなければ始まりませんよね。些細な情報でも、重要なカギになります。

話す機会を増やしてみよう

想いを寄せる女性を知るために、接する時間を増やすとより身近に感じられます。共通の趣味や同じような価値観は、話してみないとわからない部分ですよね。会話の中で新たな発見やさらに惹かれる部分に気づくなど、知ろうとするといろいろなところが見え、現実として付き合うための方法へと結びついていくのではないでしょうか。

話すきっかけが見つからなくても、顔を合わせることは印象に残せる第一歩ですよね。相手を知りながら自分を印象付けるのは至難の業ですが、繰り返すことで好きな人との距離も近くなるでしょう。

気になる女性との接し方

付き合うための方法で悩むのが、気になる相手との接し方です。緊張してしまい、いつもとは違ったテンションで接してしまう人もいますよね。好きな人と一緒にいる空間が、とても幸せに感じるのではないでしょうか。

幸せな気持ちは自分だけでなく、あの人にも自分と接している間は同じような気持ちになってもらいたいものです。

思いやりを持って接しよう

彼女にしたいとの思いが強すぎると相手の気持ちを考える余裕が持てず、思いだけを前面にアピールしたくなります。たくさんアピールして印象に残したいですが、良い意味で印象に残るかは彼女次第です。相手と接する時に自分のことではなく、好きな人のことを考えた接し方を心掛けていきたいですね。

思いやりのある行動は、好印象を与えやすく言葉の掛け方も柔らかくなります。恥ずかしくて意識してしまうと、突き放した言い方をしてしまうことがありますが、誤解を招く恐れも捨てきれませんよね。想いを寄せている女性に気持ちを察して欲しいところですが、察してもらえるような態度が求められるでしょう。

相手の本音を引き出す接し方を

好きな女性の本心は、やはり気になりますよね。とは言っても、核心に迫るのは難しいものです。聞き役になることで、気になる女性の気持ちを聞き出す方法もありますが、聞いているだけでは話も脱線し過ぎてしまう展開が予想されますよね。ずっと聞き役になるのではなく、どうしても聞きたい内容は彼女の様子を伺いながら切り出していくのも付き合うための方法です。

本音が出やすい雰囲気になるまでは聞き役に専念し、ここだ!と思った瞬間に、言葉を投げかけてみると、聞きたかった内容にも濁さずに答えてくれるでしょう。しかし、しつこく同じことを聞くのは印象を悪くさせ、壁が出来てしまう恐れがありますので相手優先を意識するのがポイントです。

飾らない印象が大事

オーバーリアクションで印象を残したいと張り切る人もいますが、逆の立場で見ると良いイメージには映りませんよね。偶然を装った行動でどこか不自然過ぎると、不信感を抱かせてしまいます。

緊張して変な行動を取らないために、友人にも協力してもらい自然な振る舞いが出来るように心掛けると、いつもの自分を相手に見せられますね。カッコつけるよりも、裏表がないのでより好印象に。

好きな人に気になる男性がいた時の対応は?

仲良くなりお互いにいい雰囲気だったのに、気になる人には別に気になる男性がいた…。この展開もよくある光景の一つです。感情を隠して応援をしなければいけない気がしますが、それでは今までの片思いと変わりませんよね。

付き合える可能性が少ない事態では、どのような付き合うための方法があるでしょうか。

相手の理想のタイプを分析しよう

恋愛は自由ですので、気になる女性に好きな人がいるのは仕方がないことです。しかし、このまま気持ちを封印して恋の強制終了をしてしまうのはどこか腑に落ちませんよね。

どんな部分に惹かれたのかを、彼女の目線になって分析するのも付き合うための方法です。その惹かれた部分を、自分にも身に着けるように努力をしていきませんか。ですから、悲しんでいる場合ではないのです。今すぐ理想の男性になるために自分磨きを行い、振り向かせる準備を始めます。

傷つけない男になる

他の男性に恋心を抱くあの人を見ていると、もどかしくなり嫉妬心が強くなります。この恋が上手くいかないように、恋している男性の悪口や嫌な噂を吹き込みたいですよね。それでは、好きという感情がゆがんだ愛情へと変わり、好きな女性の心がこちらへ向く可能性も遠ざかってしまいます。

例え他の男性が好きだとしても、一途な気持ちを持ち続けていればチャンスはいつでもやって来ます。その機会を待つことも、好かれる男になるための条件です。

そばに居られるアピールを

お互いが片思い中の時ほど、切なくなるポイントも分かり合えます。相談相手になるパターンも多く、こちらとしても複雑な気分に。しかし、女性の悩みを聞きながら自分へ興味を抱かせませんか?

想いを寄せている人には出来ないことを、彼女にさりげなくするのも付き合うための方法になります。自分だったら、こんなにそばに居てあげられるのに…。彼女が本当に辛くて支えが必要だと求めている時こそ、チャンスに変えましょう。

付き合うために出来ること

付き合いたいと気持ちを高ぶらせても、好きな人との付き合うシーンが想像できずに戸惑ってしまうケースがあります。恋愛に興味がないわけではないのに、付き合い方がわからないという男性も多いのですが、何が出来るのかを考えることも付き合うための方法ではないでしょうか。

好きの気持ちを大切に

付き合うまでの間は、好きだということだけが一人歩きしてしまう日もありますよね。相手の心の中がわからないからと、一人で落ち込んで泣いてみたり嬉しくて眠れない夜を過ごしたりと、恋愛感情はエネルギーをたくさん消費します。

これは、好きになったから沸き起こった感情です。惚れっぽい性格ではない限り、恋する気持ちに目覚める頻度はなかなか訪れませんし素敵ですよね。人に対して感謝の気持ちが生まれ、自分自身を変える原動力になっていきます。相手を大切にしたい気持ちが、伝えたい想いへと変化していくことで付き合う方法へと繋げたいですね。

気づいてもらうには自己観察も忘れずに

好きだという気持ちを伝えるよりも、気になる女性が気づいてくれることに期待したいと願う男性もいます。察してくれる女性であれば嬉しいですが、気づいたとしてもどう対応したらいいのか困ってしまいますよね。どんな態度だったら伝わるのかを考えても、相手の気持ちや性格を考慮しないと空回りしている自分に気づく事態に。

相手のことばかり優先してしまいますが、時には自分自身をしっかり観察しておくと、冷静な判断で好きな人と接する機会も増やせます。

伝える勇気も必要

付き合うための方法と言えば、告白。想いを打ち明けるのは緊張しますが、何かを変えるチャンスにも繋がりますよね。好きだけど、何も出来ない自分ではもどかしくて嫌気が増すばかりです。

マイナスな感情だけが押し寄せてきますが、答えは好きな人にしかわかりません。思い込んで落ち込んでいても、本当の答えはまだ出ていないのです。勝手に結末を決めてしまうのではなく、最後までこの恋の行方を見届けませんか。一生懸命恋した気持ちをこのまま胸にしまっておくのは、勿体ないですよね。ここで勇気を出すのも、付き合うための方法です。

まとめ

付き合うために方法ばかり考えていると、不安で苦しくなってしまいますよね。拒否られてしまった場合のことばかりが頭から離れませんが、この想いを伝えることは大きな進歩です。

素直な想いを自分の言葉で伝えられたら素敵ですね。しかし、自分の想いが高まるまでは、近い将来に付き合うための距離を縮める努力をしていきませんか。空回りをし過ぎずに、自分の時間軸で伝えましょう。自分の彼女と胸を張って、行きたかった場所へデートが出来る日が訪れるように、ポジティブ思考で付き合うための方法を実践していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です