音信不通の心理を知って男らしく対応するには

突然、知り合いが音信不通になると、どうしたのかと心配になりますよね。こちらから連絡を取りたくても、連絡手段がありませんし、どこか気まずさを感じるのではないでしょうか。音信不通の心理を考えると、連絡を取りたくない出来事や悩みがあったのかもしれません。

しかし、どちらかといえば、音信不通にされてしまった側の方が被害者的な感覚になってしまうこともあります。きっかけは些細なことだったかもしれませんが、少しのすれ違いが大きな溝になってしまったのかもしれません。なぜ、連絡を絶ってしまったのでしょうか。

本当に音信不通なのかを考える

音信不通といっても、どれくらいの期間が過ぎると音信不通になるのでしょう。1~2日間連絡がなくても音信不通という認識をする人もいれば、1か月以上連絡がなかったらというように認識を持つ人もいますよね。

連絡がなくなってしまったのか連絡をしなかっただけなのか・・・難しいところですが、相手の事情を考えてから判断することが求められます。

メッセージのやり取りが苦手

訪ねたいことがあってメッセージを送っても、数日経っても返信がない・・・。こういう状態の場合は、音信不通を疑ってしまうことがありますよね。しかし、忘れた頃に違った内容で、こちらに連絡をしてくることはないでしょうか?

送られてきた内容には目を通していても、メッセージのやり取りが苦手な人は、返信のタイミングがわからずに、手つかずになってしまうこともありますよね。スマホやパソコンの扱いが苦手という人にも共通する悩みです。返信しやすい内容を送ると、相手も返しやすいです。

相手の返信する状況を考える

返信するタイミングは、返す相手にもよって考えますよね。失礼のないような内容で返信を・・・と思うと返すタイミングも遅くなってしまうことがあります。送った側としては、早く返信して欲しいという気持ちではないでしょうか。

マイペースな人ですと送った側の感覚よりも、遅れて返信することがありますよね。返信することを忘れていることも考えられます。しかし、いつもはすぐ返信する人なのに、どうしたのかと心配になることがありますね。この場合は、忙しくて返信ができない状況なのかもしれませんので、焦らないで待つことも大切です。

周囲に聞いてみる

こちらから連絡が繋がらないときに、はじめて音信不通になったと気付きますが、連絡先が通じている間は、何か事情があるのでは?と心配になってしまいます。

音信不通になった心理は、一人で考えていても思いつきませんよね。答えに詰まってしまったときは、周囲に相談することで見えてくることもありませんか?共通する知人に聞くと、相手の現在の状況を知ることもできるでしょう。

相手の気持ちを考えよう

音信不通の心理を考えると、何が原因だったのか振り返ることがあります。怒りや悲しみの感情が相手に芽生えてしまったのか、それとも何か困ったことがあったのか・・・。相手の心情を考えるだけで、とても複雑な気持ちになりますが、連絡ができないのは何故なのかが気になりますよね。

相手の気持ちを考えた時に、どんな行動をとればいいのか悩むところですが、一体何をしてあげればいいのでしょうか。

一人にして欲しい

連絡が取れなくなってしまった時は、繋がるまで連絡を取ろうとしてしまいますが、何度試みても音信不通のままですよね。自分の代わりに友人に連絡を取ってもらっても、結果は同じだったということはないでしょうか。

音信不通の心理に、一人にして欲しいと言う気持ちが強いことがあります。理由がなくても、誰にも接したくないと思う時もありますよね。どんなに親しい仲でも、触れられたくないこともあるのです。そっと見守ってあげる姿勢を見せることで、相手を安心させることも優しさです。

気まずくなってしまった可能性も

音信不通の心理で多く挙げられるのが、距離を置きたいという気持ちです。今までの関係を解消したい時に、悩んだ結果の行動とも言えますよね。

嫌がるような言動がなかったかを改めて思い直してみると、連絡を絶った理由に気付くことがあります。あなたが原因だという場合は、反省をしなければいけませんが、相手の気持ちを考えながら行動しなければいけません。

スマホが壊れた

いつもと同じやり取りをしていたのに、みんなと一斉に音信不通になってしまったという場合は、恐らくスマホが故障してしまったか、電波状況が良くない場所にいる可能性も考えられますよね。最近スマホの状態が悪いなどと話していなかったかを、友人に訪ねてみてはいかがでしょうか。

いきなり連絡が取れなくなって、心理的に落ち込んでいる可能性が高いですよね。相手の連絡が来るまでは、他の知人と連絡を取り合っておきましょう。姿を見掛けたときに、改めて様子を伺っていきます。

職場の人と音信不通になってしまったら

職場の人間関係は、円滑にしたいものです。特定の異性と仲良くなりすぎても周囲の目が気になるため、ある程度の距離を置いた付き合い方を心掛けている人もいますよね。

職場でギクシャクした関係になりたくはないですが、もしも避けられるようにLINEやメールが音信不通になってしまった場合は、どのような態度で接していけばいいのでしょうか。

失礼な言動をしなかったかを考える

音信不通の心理に悩むことがありますが、仕事関係で連絡が取れないというのも困ってしまいますよね。大事なことを聞きたくても、返信がない状態では仕事に影響が出てしまいます。

あなた自身が相手に対して、失礼な言葉や態度を取ってしまったという記憶はありませんか?LINEやメールの内容を振り返って見直し、思い当たる所が見つかった時は謝罪も視野に考えておく必要があります。直接相手に聞きたいところですが、周囲の目もありますし、さすがに声を掛けづらいですよね。何かのきっかけに、再び音信不通が解消されるまでは、直接関わらないような行動を取るように心掛けます。

好意があるから

職場の恋愛事情は、人間関係に支障が出てくるので面倒な時がありますよね。付き合っていなくても、仲がいい異性がいると、LINEや通話も頻繁にやり取りすることも・・・。しかし、仲良くなり過ぎると、意識しすぎて音信不通になることがあります。

あなたに迷惑を掛けたくないという気持ちと、自分の抑えきれない感情を静めるための行動だと考えられますよね。恋愛感情ではなくても、好意を寄せられているという実感がある時は、勘違いをさせない行動をあなた自身が取るように意識することが大切です。

音信不通にならないためには

知り合いと連絡が取れなくなった時は、自分にも原因があるのではないかと一番初めに疑ってしまうことがあります。必要以上に自分自身を責め続けてしまうこともありますが、理由もわからずこのまま悩むのは辛すぎますよね。

音信不通になっている相手のことを考えてばかりいても、どうすることもできないのが現状です。真実がわからないまま悩み続けるよりも、音信不通になるきっかけを作らせない人間関係を築くことが求められます。

自分の態度に気を付ける

相手に嫌われないような行動を心掛けていても、ちょっとした気の緩みや軽はずみな言動をとってしまうことがありますよね。お酒の席での出来事も、音信不通となるきっかけに繋がることがありますので、十分気を付けて行動することを心掛けましょう。相手が不快に感じるような行動や言動にも気を付ける必要がありますよね。

日頃から周囲に指摘されるような行動は、慎むように直していきましょう。

相手にしつこくしない

LINEやメールの返信が遅いからといって、相手に催促するのはNGです。返信するペースは、期限があるわけではないので人それぞれですよね。早く返す人もいれば、一週間後に返信するという人もいるのです。相手が返信しづらい内容や、相手が返す必要がないだろうと感じる内容の場合は、返事がなくても仕方がありませんよね。

相手にしつこいくらいのアピールは、嫌がられる可能性も高くなります。早く返信をしてもらいたいのであれば、相手が喜ぶようなメッセージを送る工夫をすることが必要です。また、いつまでに返信をしてほしいのかを記しておけば、その期限までに相手からの返信が期待できるでしょう。

適度な距離感を保つ

職場や友達関係で気をつけたいところと言えば、相手との距離感ですよね。特定の人物だけと親しくなり過ぎてしまうと、嫉妬や妬みの対象になることもあります。トラブルの原因にならないように、全員に対して一定の距離感で接していきましょう。

それでも、友人が音信不通になってしまった時は、深く考えないことがポイントです。数週間後には、突然連絡が来るというパターンもありますので、気長に待ってみるというくらいの心構えでいると、音信不通の心理も理解できる気がします。

まとめ

連絡を取りたい側と音信不通になった側では、立場は違いますが心のモヤモヤする部分は同じですよね。人間関係は、相手がいるからトラブルがあるので、一人だけの問題で解決できるものではないのです。連絡することが出来なくなった理由は、言わなければ伝わりませんが、周囲に心配を掛けないようにしたいですよね。とは言え、音信不通の心理として連絡を取りたくない、連絡を取れる手段がないといった理由があるのも事実なのです。

音信不通だった人から突然連絡が来た時は、変わらない態度で接してあげることを心掛けましょう。あまり気まずい関係にならず、相手も連絡が取りやすいと感じ、再び連絡が出来る関係へと修復することも・・・。お互いの気持ちを上手く察し、良い関係が気付けるための優しさを持ち続けていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です