自信喪失は初心に戻れるチャンス!弱さを強さに変えるコツ

自信喪失してしまうと、何もヤル気が起きなくなってしまいますよね。どんどん後ろ向きの気持ちが溢れてきて、自分のことが嫌になることも・・・。なんとかして、抜け出したいという気持ちがあるのに、心が拒否しているような感覚に悩まされます。

気持ちを切り替えなければいけないのに、躓いてしまったままの位置から一歩も進めない自分が辛いと感じたことはないでしょうか。一度落ち込んでしまうと、立ち直るまでには時間が必要ですよね。しかし、自信喪失は自分自身にとって、悪い事ばかりではありません。どうしたら、プラスの自分に回復できるでしょうか。

自信喪失の原因を知る

shutterstock_65271664自信喪失の原因は、思い返すとよくわからないということがあります。その瞬間は覚えているものの、時間が経つにつれて喪失感だけが膨らみ過ぎて、原因が曖昧になってしまうことも・・・。

原因を改めて探ることにより、自分の中で心の整理をすることも自信喪失から立ち直る一歩に繋がります。心の闇は出口を探すまでの作業が大変ですので、スタート地点もしっかり把握しておくことが大切なのです。

できなかったことを書き出してみる

自信喪失してしまったことをメモ帳に書き出してみると、自分が思っていたよりもシンプルなものであることがあります。自信が持てなくなると、今まで普通にできたこともできなくなってしまったのではと不安な気持ちになってしまいますよね。何ができなかったことなのかがわからなくなり、気持ちだけが押しつぶされてしまいそうになります。

書き出すことで客観的になれるので、ここまで落ち込まなくてもよかったかもしれないと、改めて気付くことができるでしょう。

なにが苦手なのかを分析する

自信喪失にならないためには、原因になりそうなものには距離を置くことで未然に防ぐこともできますよね。知っておくと、自信喪失にならないような行動がとれますので自分自身を守ることにも繋がるのです。

苦手な人に対しては、どんなところが苦手なのかを詳しく自分で分析しておくと、人との接し方にも変化が表れて深く関わらなくても済みますし、いろいろな付き合い方に対しても上手く接していけるようになります。

失敗しない方法を考えよう

自信喪失した後は、喪失感が消えずに打ちのめされた状態のまま過ごしてしまうことがあります。次こそ失敗しないように、失敗しない方法をいくつか考えておきませんか?

自信喪失してしまうと、同じことをするのが怖くなってしまいます。トラウマになってしまうこともあるので、どうしても慎重になりますよね。不安な気持ちで覆われそうなときは、自信喪失にならないための方法があれば安心です。

自分自身と向き合おう

shutterstock_145649099自信喪失になったときこそ、自分自身と向き合ってみませんか?自分を見失ってしまった状態では、自信を取り戻すなどできませんよね。

自分を見つめ直すことで、今の自分に何が足りなかったのかが見えてくることがあります。こういう時だからこそ、自分がわかることもありますのでいい機会かもしれません。

どうしたいのかを自分自身に問う

自信喪失したときは、あなた自身の心に問いかけてみませんか?無理に自信を取り戻そうとしても、心が焦ってしまい空回りを繰り返してしまいます。心が乗り気ではない状態で、無理に気持ちを奮い立たせようとしても時間だけが過ぎてしまうだけですよね。

今は何もしたくないという気持ちが強いのであれば、何もせずに心とゆっくり向き合っていくのもひとつの方法です。素直になることで心に溜まっていた喪失感も、じわじわと溶けていくでしょう。

もう一度チャレンジしてみる

自信喪失してしまうと、同じことを繰り返してしまいそうで恐怖心がありますよね。このまま立ち止まりたくないという気持ちが強くなったときは、再度挑戦してみるというのもひとつの選択です。

自信を取り戻すためには、心残りだったものを取り除くことから始まります。思いきって挑んでみることで、自信回復へと気持ちが上向きへと変化するかもしれません。挑戦する気持ちを持つことで、心にヤル気を取り戻すきっかけになるでしょう。この前向きな気持ちが自信の感覚へと繋がります。

自信があるときの自分を思い出す

自信喪失中のときは、自信があるときの自分が羨ましくもあり、どこか空しい気持ちになりますよね。どうしてあんなに自信たっぷりな自分でいられたのかが疑問に思ってしまうかもしれません。自信を失った状態では、どんな自分もマイナスに映ってしまうことがありますよね。

しかし、その時の気持ちをどうやって取り戻すのかによって、自信喪失になってしまった自分を救い出すことができるのです。自信の取り戻し方のヒントが隠されていますので、ゆっくり焦らずに思い出していきましょう。

自信喪失しないための対処法を考える

shutterstock_517471192自信喪失のときは、自分なんて・・・という気持ちが心を覆いやすくなります。自信喪失になってしまったら、立ち直るための方法を自分で準備しておくといざというときに救われるでしょう。不器用だから、自分では対処できないと考え込んでしまうことがありますが、不器用だからこそ対処法をいくつか準備しておくと気持ちが楽になります。

自分自身で対処ができるようになると、感情のコントロールも難しくありません。自分を知ることで対処法も見えてきて、心が重くなることが少なくなるような気がしますよね。

自分を信じることで強くなる

自信喪失になったときは、自分を信じることが大切です。自信喪失してしまうと、ついつい自分を責めてしまいますよね。責め続けてしまうと気持ちがさらに落ち込んでしまい、自分自身ではどうすることもできない状態になってしまうことが・・・。

自信がないときは、なかなか自分のことを受け入れることができないものです。しかし、自分のことが受け入れられるようになると、どんな自分も好きになれる自分に出会えるでしょう。どんなに自分が嫌いであっても、自分のことは自分が一番理解しているはずですよね。辛いときこそ自分を否定するのではなく、信じることで負けない心を作っていきます。

自分を褒めてあげる習慣を持つ

自信喪失になってしまったときは、自分自身を褒めることを心掛けます。どんなに小さなことでも、できる喜びを自信へと変えていきます。

自分を褒める習慣をつけると、いろいろなことができる自分に気付くこともでき、力に変えることができるのです。できなくて落ち込んでしまったことがあっても、違う部分では上手くこなせるあなたがいますよね。喪失感を思い出せなくなるくらいに、自分を褒めることでモチベーションを上げていきませんか。負の要素を寄せ付けない強さを作り出していきます。

できることをやってみる

自信喪失したときは、できることをやっていきませんか?自分自身を取り戻す意味でも、できることをとことんやってみることは、自信回復にも繋がります。

できることを懸命に取り組むことで、自分の力を再認識できて自信を持つという感覚が戻ってくるかもしれません。投げやりにならないで、目の前にあることをやってみることが大切です。

自信喪失にならないためには

shutterstock_65004466自信喪失にならないためには、自分を責め続けないことです。周囲からの言葉や行動も気になりますが、相手の顔色ばかりを伺うと自信が持てなくなりますよね。周りの反応が怖くて、周囲の期待に応えることで自分の気持ちを抑えてしまうことはないでしょうか。

どんなときも自分をしっかり持つことで、失敗にも立ち向かうことができる自分になれるのです。

悩んでいても始まらない

自信喪失になりそうなときは、悩むことを一時ストップすることをおすすめします。一人で悩み過ぎてしまうと、どんどん良くない方向へ気持ちが傾いてしまい、自信がなくなっていくことがありますよね。

答えがでないときや自分を責めてしまいそうなときは、考えることをやめて好きなことを始めたり、早めに睡眠をとるようにするなどの対策で元気を取り戻します。

友人や家族に愚痴を吐こう

自信喪失する前に、ダメだと感じたときは友人や家族に愚痴を吐きだしてみませんか?仕事で上手くいかなかったことや、対人関係での失態はショックが大きいと、一気に自信喪失してしまいますよね。いつも一人でなんとか消化しているという方もいますが、友人や家族に聞いてもらうだけで、重い心が軽くなることがあります。

元気になれるアドバイスをもらえると、打ち明けてよかったと思いますよね。失いかけていた自信も、周囲の力によって強さに生まれ変わることも・・・。心が辛いと感じたときは、迷わず周囲に助けを求めることも必要です。

いつまでも立ち止まらない

自信喪失にならない自分でいるためには、立ち止まらずに先に進むことが求められます。躓かないように進んでいても、ある日突然失敗は訪れますよね。起きてしまったことは受け入れなければいけませんが、いつまでも立ち止まったままの状態では、成長することができませんよね。成長するためには、失敗をすることも必要だと耳にしたことがあるはずです。

立ち止まらないで進むためにも、自信が持てなくなりそうになったら、その先の目標や希望を思い描きましょう。明るい未来を描くことで、このままではいけないと自分自身に喝をいれて、進む選択を選ぶことができるのです。

まとめ

自信喪失になってしまい心が折れそうになったときは、自分の心に栄養補給をしてあげなければいけません。自信を持って行動することも大変ですが、モチベーションを下げずに保ち続けることも辛いですよね。そのためには、常に努力をする姿勢で物事に取り組んでいくことが大切です。頑張っているあなたがいるからこそ、自信が身についていくものであり、強さになっていくのです。今までの努力が、あなたの実力になっているのは間違いありません。

落ち込んでしまうほどの悲しい出来事や、やりきれない思い感じたときこそ、あなた自身をしっかりと守ることから始めませんか。ときには反省をしつつ、次に活かせるような努力を重ねて自信に繋げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です