既婚者に好意を持ってしまった!ここからの5つの行動について

既婚者に好意を持ってしまった…それは新たな恋のスタートであり、先が見えない危険な恋のスタートでもあります。一般的に、既婚者に好意を抱いてしまったら、その時点でヤバイ、諦めないと…と感じる人が多いでしょう。

特に第三者視点だと、既婚者に好意なんて許されるはずなんてないから諦めるしかないでしょう、と誰もが口を揃えて言うと思います。しかし実際当事者になってしまったらどうでしょう。恋をしたら誰もが感情をコントロール出来ず、諦めなくてはいけないという気持ちすらも、恋を燃え上がらせてしまうスパイスにもなってしまうもの。恋は思い通りにいかないからこそ難しいものなので、既婚者への好意はより複雑に絡み合う厄介なものになってしまうのです。

そこで今回は既婚者に好意を持ってしまった時の行動について注目をしていきたいと思います。既婚者に好意を持ってしまったら、どうすればいいのでしょうか?禁断の恋に直面してしまった時、人は困惑し、頭を抱えるかと思います。

そんな人の手助けにもなる行動を5つ紹介していくので、現在既婚者に好意を持ってしまって悩んでいるという人や、既婚者に好意は抱いていないけれど気になっている人がいるという人、また、惚れっぽい性格の人も、もしもの時の為に知っておくと役立つはずなので、是非チェックしてみてくださいね。

諦める

既婚者に好意を持ってしまったら、諦めるという選択肢が一番リスクも少なくなく、苦労もなく、お互いに良いものになるでしょう。既婚者との恋はリスクが伴うものですし、たとえお互い惹かれ合ったとしてもたくさんの試練が待ち受けています。お互いの好意だけでやっていけるほど現実は甘くもないので、既婚者への好意がどんどん加速する前に、諦めたほうが良いでしょう。

諦める方法はいくつかあります。連絡を取らない、距離を開ける、他に好きな女性を作る…好意を持っているうちは簡単に諦めるのは難しいと思います。それでも諦めようと思い、諦めるための行動を取っていれば、自然と既婚者への好意は薄れていくはずです。

特に新たに好きな女性を作るという方法は既婚者への好意を一気に薄れさせてくれるものになるので、出会いの場に出掛けてみたり、友人に紹介をしてもらったりして、別の女性に好意を移していきましょう。

 

冷静になって自分の気持ちを確かめる

既婚者に好意を持ってしまったと自覚をしてしまうと、胸が高鳴り、どうしようという焦りだけでなく、どこか胸が高鳴るような、恋心が燃えていくような、そんな感覚に陥ると思います。特に既婚者への好意は禁断の恋。人は障害があればあるほどに、その恋心を燃え上がらせてしまうものなので、焦りよりも好意が大きくなることを感じていく人は多いでしょう。

しかし、それって本当に既婚者への好意なのでしょうか?人は好意を少しでも自覚してしまえば、それが気になって仕方がなくなりますし、意識しすぎるあまりに実際の気持ちよりも大きな気持ちを抱いてしまう単純なものなのです。よく恋は盲目と言いますが、まさにその状態になっている可能性が十分にあるので、まずは冷静になってみましょう。

既婚者に好意を持ったとしても、その好意がまだ僅かなものであるならば、諦めた方が良いですよね。感情に身を任せて行動に移してしまえば、それは必ず自分の足を引っ張り、バッドエンドへと導かれてしまい、後悔する未来を迎えることになってしまいます。

自分の好意は本物なのか、ただ自分が勝手に盛り上がって好意を錯覚しているのではないか…既婚者への好意は危険なものなので、そもそも自分の好意はどの程度のものなのかをしっかりと見極めていきましょう。

 

とりあえずアピールをして反応を確かめる

既婚者に好意を持ってしまった、しかし持ったからといって簡単に二人の距離が縮まるわけではありません。既婚者に限らず、片思いを実らせるのは難しいものですし、自分が好意を持ったからといって相手にされなければ何も始まりません。もちろん様々なリスクを考えると、両思いになる努力をしないほうが良いものの、じっとしていられないという人はとりあえず既婚者にアピールをしてみるのも良いでしょう。

既婚者に好意を持ってアピールをしてみて、全く相手にされなければ既婚者への恋心を諦める決心もつきやすくなりますよね。しかしもし手応えがある場合には、既婚者との関係が始まる可能性も出てきます。

この行動に移すということは、少なからず既婚者への好意を本人に伝えたい、既婚者と関係を持ちたいという気持ちを持っているということ。つまり下心を持って行動をするということです。もしバレてしまった時、その時のリスクはかなり大きなものとなるため、もしアピールをして既婚者への反応を確かめたいという場合には、リスクを踏まえた上で行動に移すようにしましょう。相手は家庭を持つ既婚者である、それも忘れないでくださいね。

 

既婚者の家庭環境をリサーチする

既婚者に好意を持ってしまった時、多くの人はチャンスがあるならば関係を持ちたい、自分を選んでほしいと思うかと思います。片思いが実るかどうかは別として、もしお互いに好意を持つことがあるならば、期待をしてしまうのは仕方がないですよね。

そこで既婚者に対して期待をしているならば、行動に移す前に既婚者の家庭環境や人間関係をリサーチしてみることをオススメします。家庭環境が円満ならば既婚者に好意をぶつけたところで相手にされないと思いますが、家庭が上手くいっていないようであればチャンスはあります。上手く行けばたくさんの代償を支払う場合もありますが、略奪愛を成功させる可能性だってあるのです。

既婚者との恋愛は細心の注意を支払う必要があるため、相手のことをよく調べ、それから距離を縮めたほうが上手く既婚者との距離を縮められるのです。既婚者との恋愛は頭脳戦である…好意を持ったからにはハッピーエンドが良いという人は、とにかく慎重に、感情的にならずにじっくりと既婚者との距離を縮めていくようにしましょう。

 

リスクを考え、自分がどうしたいかを見つめ直す

既婚者に好意を持ってしまった、そうなった場合、諦めるか、それともアタックをして振り向かせるかの大きく分けて二択になると思います。どちらを選択するも自由ではありますが、まず選択する前に既婚者に好意を持つということ、既婚者と関係を持つという意味、そしてリスクについて考えてみるようにしましょう。

片思いを続けるにしても、既婚者に好意を持っていると知られてしまえば、その環境に居づらくなりますし、相手から拒絶されたり避けられたりする可能性も出てきてしまいます。普通の片思いよりもそうなった場合、かなり傷つくことになるので、ただ片思いをするだけでも一苦労となるのです。

もし既婚者に好意を告げて関係を持ってしまった場合、バレてしまえば社会的な地位を失う場合や膨大な慰謝料を支払う必要も出てきます。もちろん不倫は道徳に反する行為となるので、周りからも白い目で見られたり、軽蔑され、人間関係を失う恐れも出てきてしまうでしょう。そんな苦労の中で二人の関係が上手く行くとも限らないので、何も得られず失うだけ、という最悪の結果を招いてしまう可能性も十分にあるのです。

そういったリスクを踏まえた上で、それでも良いと思えるならば既婚者への行為を持ち続ける、またはアピールをすると良いでしょう。そんなリスク耐えられないと思うのであれば、既婚者への好意が加速する前に、諦める努力をしていきましょう。

 

まとめ

既婚者に好意を持ってしまった場合の行動を5つ紹介してきました。既婚者へ好意を持つということは、それだけでもかなりリスキーなことになるのです。さらにそれが進んでいけば、よりリスクを伴う危険な未知を歩むことになるので、既婚者への好意を持った場合には様々なリスクやケースを考えた上で行動に移していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です