頭の回転が速い人になりたい!特徴を知って頭を鍛えるコツ

いつも美味しいところを独り占めしてしまう…頭の回転が速い人。あなたの周りにも、一人は必ずと言って良い程いますよね。比べたくはないけれど、つい比べてしまう相手として、いつも意識してしまうことはないでしょうか。

瞬時に相手が欲しがる答えを導き出せる才能は、どのようにして身に付けたのかを知りたくなりますよね。それでは、頭の回転が速い人になるためのコツをお話しします。

頭の回転が速い人の特徴は?

仕事がデキるイメージがあり、周囲に頼られる存在でもある頭の回転が速い人ですが、良く見ていると特徴があることに気付きます。中には、嫌味っぽく見える態度をとる人もいますが、少しでも特徴を掴むことで閃くことが出来そうな気がしませんか?

意外と早口

頭の回転が速い人は、考えることが次から次へと浮かんでくるので、無意識のうちに早口になっていることがあります。こちらも、言葉を頭の中に入れてから処理するまでの時間が掛かってしまうことも…。一度にたくさんの言葉を話されても困ってしまいますが、この感覚が考え方の早さの違いなのです。

よく言葉を聞いていくと、展開されていくペースも早く、集中して聞かないとなんの話をしていたのかがわからなくなってしまうことも。

理解力がある

こちらが要点まで話していない会話の途中でも、何を伝えたかったのかが予測できてしまうのが、頭の回転が速い人ですよね。要約するのが的確で速く、理解力に長けているところがあります。こちらの頭の中を、こっそり見られてしまった気分になるかもしれませんね。

相手が求めていることを予測してから、話を聞くのでいくつかの選択枠を用意していることがあります。全てを話さなくても相手の気持ちを把握出来てしまう能力は、観察力や判断力も備えておかないと難しいですよね。相手のことを理解せずに思ったことだけを発してしまうのは、社会人としてもマナー違反になってしまいます。簡単に出来そうで出来ない技と言っても等しいでしょう。

探求心がある

一つの問題に対して一つの答えではなく、複数の答えを考え出せるのが頭の回転が速い人の特徴です。見つけ出す角度も、同じ方向からではなく違った向きから見てみようと、自ら進んで切り開いていく探求心を持っています。

新しいことを探し出すことに楽しさを感じ、やりがいを見つけ出すところは、誰もが見習いたいと思う一面ですよね。

頭の回転が遅い人は何が違うの?

頭の回転が遅い人の特徴を見てみましょう。やはり、仕事が遅いイメージを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。呑み込みが悪いとの印象を受けることもありますが、速い人と一緒にいると、余計に遅いと思われてしまうのが辛いですよね。

速さは言うまでもありませんが、まずは自分で自覚することが抜け出すチャンスです。

とっさの判断が出来ない

遅い人の特徴には、判断力が遅いことが挙げられます。慎重過ぎるところを少しでも直すことが出来れば、頭の回転が遅いと周囲から思われないようになるでしょう。…と言っても考え過ぎる位に悩んで決断する方が、どこか安心感が持てますよね。慎重に決めることで「こんなに悩んだのだから大丈夫」と、自分自身に言い聞かせて納得させるところが…。決断の遅さに気付いていながら、言い訳を考えてしまうことはないでしょうか。

長時間考えても、短時間で答えを出したとしても、結果に変化はほぼ見られないものですよね。早く決断しようと焦ってしまうと、選択ミスを心配し不安な気持ちになってしまうのが特徴です。

常に「忙しい」が口癖

同じ仕事量なのに、一人だけ机に山積みの書類の数々を散乱させて「忙しい」と呟く人…いますよね。忙しいとつぶやくことにより、自分自身に忙しさを意識させてマイナス思考を生み出していることがあります。これでは効率が上がるどころか、精神的にも疲れたと必要以上に思い込んでしまいますよね。

ネガティブな口癖は、自分を追い詰めてしまう原因になってしまいますので、マイナス発言はあなた自身のために控えたいところなのですが、日頃の癖から直すことが難しいのです。ポジティブな言葉を吐き出すと、考え方も頭の回転速度にも変化が期待できるでしょう。

周囲を見渡す視点が違う

頭の回転が速い人は、全体を見渡して行動を起こしています。しかし、頭の回転が遅い人は、周囲を見ながら行動していると言っても、一部しか見ていないことがありますよね。見渡す範囲が狭いために、肝心なものの焦点が絞れないのです。

広い範囲を見渡すと、人間関係や作業の取り組み方まで流れを掴むことが出来るので、スケジュールも決めやすくなりますよね。慣れるまでに時間が掛かりますが、自分の体にも覚え込ませるために、時間ごとにやることを決めて行動し、周囲全体を見渡す習慣を手に入れることが課題となります。

なぜ頭の回転が速いのか?

ここで疑問に思うのが、どうして頭の回転が速いのか…ということではないでしょうか。特徴が掴めてもイマイチよくわからない…という人もいるかもしれません。

頭の回転が速い人も、努力をしていない訳ではないのです。日頃から脳をフル活用させるための工夫をしているため、機転を利かせることが出来るようになったというのが結果に繋がっているとも言えるでしょう。

記憶力がいい

頭の回転が速い人は、初対面の人でも名前と顔を覚えるのが早いですよね。どんな会話をしたのかを詳細に記憶しているので、こちらが忘れていたことを思い出させてくれることがあり、とても頼もしい存在です。

年齢と共に記憶力は低下していきますが、記憶力を日頃から鍛えると向上すると言われていますよね。速読や速聴というような、実践トレーニングを行うだけでも上達しますので、趣味の一環として日課にしている人もいます。この積み重ねが、脳の活性化に繋がっているのではないでしょうか。通勤時間や隙間時間を使って、鍛えている努力家の姿も…。

仕事を後回しにしない

仕事も早く頭の回転が速い人は、仕事を後回しにしませんよね。どんなに面倒だと思ってしまう仕事でも、しっかりと手際よく仕上げてくれるので、安心して任せられる一面があります。

スケジュール調整を瞬時に行うことで、常に最善のスケジュールを脳内で組み立てているのです。重要な仕事でなければ後回しでも…と思ってしまいますが、仕事の大小に関係なく真正面から取り組む姿勢は、好感が持てて信頼度も高いですよね。このように、時間配分を頭の中で考えながら動いていることが伺えます。

集中力がある

難しい話でも、一回聞いただけで覚えられるのは、集中力を高める努力をしていることが見えますよね。大抵、人の話を聞く時に興味がないと、頭の中に言葉が入りませんし、退屈と思ってしまうと違うことを考えてしまうことがあります。しかし、頭の回転が速い人は雑念にも打ち勝つ集中力を、発揮させることが出来るのです。

相手の目を見ながら、何を伝えようとしているかを頭の中で予測させているため、心理テストのような感覚で話の内容を辿って答えを求めていく一面があるでしょう。

頭の回転が速い人になるには

脳内を活性化させるために、今から出来ることは何でしょうか。自分には無理…と思ってしまうと、これ以上の回転の速さは望めなくなってしまいますよね。

頭の中のトレーニングは難しく考えてしまいますが、実はちょっとした意識の改善で信じられない位の効果を発揮することも期待できるのです。リラックスしながら、取り組む姿勢を保つことが求められます。

考える時間を作る

頭の中をフル回転させるには、とにかく考えることです。一つの答えを導き出すだけで終わりにしないで、疑問を持つことが大切なのです。あらゆる推測を考えることで、答えがたくさん出てきますよね。この感覚を身に付けられるようにトレーニングをしていきます。

長時間繰り返してトレーニングしていても疲れてしまいますので、入浴時間の時や寝る前の一時間というように、時間を決めるとメリハリがついて頭の中も整理することが出来るでしょう。頭の中の整理整頓は重要です。

多くの人の意見を聞く

自分の話をすることは好きだけど、人の話を聞くのは苦手…という人も多く目にしますよね。しかし、人の話には、たくさんのヒントが隠されているのです。

自分の考えだけでは、知識に限界がありますよね。経験も浅い場合は特に考えが浮かばないことも…。幅広い世代の話を聞くことで、いろいろな考え方を知っていくことが頭の回転を速くするコツです。他愛のない会話の中に勉強になることがありますので、言葉を聞き逃さないように緊張感を持って聞きましょう。

興味を持つ

興味を持ちながら物事に接していくと、いろいろな感情と疑問が溢れてくることがありますよね。表面だけではなく、深い部分にまで知りたい気持ちが強くなっていきます。自分から調べてみたいと感じたり面白そうと興味を抱くことで、考えの幅がどんどん広がっていくことを実感することも。

何に対しても、自分から興味を持たなければ始まらないことがたくさんあります。こうしてみたい!と前向きな考えがいくつも浮かんでくることが出来た時こそ、頭の回転が速くなっていることに気付くでしょう。

まとめ

頭の回転が速い人になるには、もっと広い範囲で周囲を見ることが求められます。一つの考え方に固持せずに、あらゆる可能性を探し出すことで、あなたの脳を柔らかくしませんか?

考えを言葉に表現すると、また違った感覚になりますよね。客観的に見るために、箇条書きにして考え方の整理もおすすめです。こんな考え方もあったのか…と、改めて自分の考えを知ると面白いですよね。いろいろな視点から物事を捉える楽しさを、あなたの目線で探していきましょう。新たな自分に出会えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です