思い込みが激しい人にはどう対応する?温厚に接するための方法

喜怒哀楽の感情は、人によって大きさが違います。そのため、リアクションの大きい人もいれば、無反応の人もいて接し方も悩みますよね。軽い冗談で発した言葉でも、捉え方では本気に受け止めてしまうことも…。

思い込みが激しい人との付き合い方には、十分気を付けた対応を心掛けていても、感情の行き違いは大きな誤解へと発展していくことも悩みの一つではないでしょうか。

思い込みが激しい人の特徴

強引すぎる態度を取る人をなだめることしか出来ない日々では、いつしかあなた自身の心も折れてしまいそうですよね。相手の特徴を知らないと、お互いが誤解をしたまま神経を擦り減らしてしまうことに…。

気を使っていたはずなのに、最終的には主張を押し付けているだけで終わってしまいます。思い込みが激しい人は、どのような特徴があるのでしょうか。

YESかNOで判断してしまう

答えがはっきりしていて潔いのですが、一度思い込んでしまうとそれ以外の答えは、頭に入れようとしない部分があります。判断に間違いがあったとしても、なかなか新しい答えを受け入れることは難しいのです。一つの答えにもしっかり向き合えるのは、優柔不断の人から見ると羨ましく思えるところですよね。しかし、世の中は、すべてYESやNOで解決出来ないことも…。

人の話を最後まで聞かないというのが、トラブルの原因を作ってしまうのですが、印象に残った言葉から思い込んでしまう癖は、おっちょこちょいな一面とも言えるでしょう。

想像力が豊かな一面も…

思い込みが激しい人には、想像力が豊かなところがあります。そのため、一つの感情が大きく膨れ上がってしまうことがあるのです。たくさんの感情が入り混じると、誰でも頭の中が混乱してしまいますよね。

考え方が極端に思われてしまうこともありますが、感じたままをそのまま受け取っているので裏表がない性格なのが特徴です。表情もわかりやすいので、相手にも感情がすぐに読み取れるというところも…。

思い込みが激しいときの直し方

どうして、みんなにこの気持ちが伝わらないのだろう…。このような気持ちになることが多かったり、自分の意見には絶対的な自信があると自負していませんか?年齢を多く重ねていくと、周囲に煙たがられてしまうことがありますが、理由は頑固で融通が利かないから…ということを耳にしますよね。

このように、自分では気付かないうちに、思い込みが激しい人になっていることがあります。自分で直すにはどうしたらいいのでしょうか。

自分が正しいとは限らない

今までの経験から、自分の行いや考えには間違いがないと思い込んでいると、いつしか新しい情報に耳を傾けられなくなることがあります。時代の変化と共に、私達の日常も便利になっているので、昔のように大変だったことも、あっという間に解決出来てしまいますよね。

経験を積み重ねてきたからこそ、経験の浅い人の話に耳を傾けるのはちょっと…と思ってしまう時もありますが、話を聞くと参考になることや考えさせられることも…。観点を少し変えてみるだけで、新しい発見に出会える喜びが見つかります。自分だけが正しいとは思わずに、あなた自身のためにも新しい思考を取り入れることが求められます。

不安なことは周囲に確認

自分に自信がない人にも、思い込みが激しい人が多いと言われています。周囲に対して過敏に反応してしまうため、不安な気持ちになってしまうのです。怒られることや自分のミスにも過剰に警戒しているので、ビクビクした素振りが印象的に残ることがあります。

安心すると思い込む癖も緩和されるのですが、マイナス思考が強いため悪い方向へと考えてしまうのが原因です。不安を解消するために、周囲に確認や友達に相談すると、あなたの気持ちも安心感を得ることが出来るでしょう。

冷静になって状況を把握しよう

一つのことを思い込んでしまうと、周囲が見えなくなってしまうことがあります。自分では周りを冷静に見て判断しているつもりでも、思い込みが激しい人程、周囲の状況を把握出来ずに行動してしまうのです。

「○○したつもり」が多くなってしまうため、チェックしなければいけない項目まで、見落としてしまう傾向が…。落ち着きがない行動とも取れますが、気持ちが先走ってしまうことの表れであって、一生懸命だということが見受けられますよね。焦ってしまう時は、大きく深呼吸をして落ち着かせてから、もう一度周りを見渡しながら状況判断します。一呼吸置くことがポイントです。

「思い込み」だと気付かせる接し方を…

思い込みが激しい人と接していくと、こちらもつい感情が高ぶってしまい、穏やかな接し方を忘れてしまうことがありますよね。始めは意識していても、次第に重たい空気になっていくのが辛いところではないでしょうか。

凝り固まった思い込みを、なんとか回避させたいものですが、相手に伝わる前にこちらが断念してしまうことも…。お互いが嫌な気持ちにならない接し方について、考えていきましょう。

ネガティブな人には寄り添う接し方を

悩んでしまう接し方ですが、全てをネガティブに捉えてしまう人には、ネガティブな気持ちを聞いてあげることから始めませんか?相手に思いを打ち明けることで、心の負担が小さくなっていくことがありますよね。何も出来ないと思っても、聞いてあげる優しさも接し方の一つです。

負の感情を吐き出すと、自分の弱さに改めて気付くことが出来ますよね。自分の真の弱さに気付いた時に、乗り越えられる強さに変わっていくのです。そっと気持ちに寄り添いながら、思い込みが激しい人の負の塊を取り除く手助けをすることがポイントです。

自分が正しいと思い込む人には下から発言

強気な発言を繰り返すタイプの思い込みが激しい人には、どんなに相手の発言が間違っていたとしても、上から発言することはNGです。感情を逆撫でてしまう行為は、お互いがヒートアップしてしまうことが考えられます。

聞く耳を持たない傾向があるので、相手の言葉を訂正した状態で発言してしまうのは、火に油を注いでしまうようなものです。肯定しつつも、間違っているかもしれないと前置きをしてから、あなたの意見をさりげなく話し出すというように聞いてもらうことも一つの方法です。

勘繰らないで笑顔で対応

思い込みが激しい人と会話をする時に、ついつい「どうせまた…」とこちらも構えてしまいますよね。良くない思い込みをするだろうと勘繰ってしまうのは、相手の思い込みを誘発させることになりかねませんので、決めつけず相手の話に耳を傾けましょう。腹の探り合いは、警戒心を強めてしまいますので、お互いが気持ち良く会話が出来るように、笑顔で接していきませんか?

笑顔で接していると、気持ちが穏やかになりますよね。こちらが笑顔で接していると、相手も笑顔で接してくれるように…。和みやすい雰囲気作り出すことで、感情が偏らないように工夫し、極度の思い込みを抑えましょう。

普段から心掛けておくこと

自分にとって有利になるように、発言や行動をしてしまうことがありますよね。そのためにやや強引なことを周囲に押し付けてしまい、後から後悔することはないでしょうか。

気付いたら、何気ないことが相手の感情を深く傷つけていた…ということがあります。後悔しないためにも、思い込みが激しい人を刺激させないためには、日頃からどのようなことを心掛けていけばいいのでしょうか。

紛らわしい発言は避けよう

同じ言葉でも、口調や感情によって聞こえ方が変わりますよね。何気なく放った言葉で、ショックを受けることもあれば嬉しくて涙が溢れてしまう状況も訪れます。

あなた自身が、良い意味でも悪い意味でも捉えてしまうような発言は、避けるようにするのが温厚に接するコツです。思い込みが激しい人には、曖昧な言葉は余計な憶測をしてしまうことになりかねませんよね。わかりやすい言葉で想ったことを伝えることが、ストレートに相手の心に届きます。

相手にも相談しながら物事を判断

一方的に決まったことだけを聞くのは、どこか仲間外れになった気持ちで疎外感がありますよね。話だけ聞かされた場合は、どうして自分だけが会話に参加できなかったのだろうと、考える度に悲しくなってしまいます。思い込みが激しい人が同じ立場になったとしたら、負の連想が止まらなくなってしまうのではないでしょうか。

何かを決める時は一緒に相談しながら決めていくと、その場で話し合うことが出来ますよね。お互いが納得のいく答えが出せると、話し合いも楽しくなるでしょう。

信頼関係を築くこと

思い込みが激しい人と、親密な関係になるのはちょっと…と思ってしまいますが、信頼関係を築くことで伝えた思いをそのままの状態で受け止めることが出来るようになっていきます。意思の疎通が出来る関係になると、何も言わなくても目を合わせるだけで、相手が何を言いたいのかがわかることがありますよね。

言葉の行き違いがあっても、わかってもらえるまで話し合ってみると、次第に心が通じ合える関係に…。諦めないで向き合う姿勢が、信頼関係を築いていくことが出来るでしょう。

まとめ

あの人とは相性が悪いと思ってしまうと、あなたの中の「思い込み」の壁を取り払うまでが、長い道のりに感じてしまいます。このように、誰にでも知らないうちに思い込んでいることがあるのです。自分をさらけ出すことが出来るようになるまでは、相手のことを自分なりの解釈で作り出してしまいますが、それこそが「思い込み」なのです。

感情が表に出るということは、あなたに心を開いてくれているという意思表示でもありますので、前向きに温かな目で接していきませんか?人と関わることは常に難しく悩むことも多いですが、心の壁を取り払いながら人付き合いを学び、何でも言い合える関係を築いていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です