イライラしないコツは自分自身に隠れてる?心をスッと落ち着かせる方法

イライラしないコツがわからなくて、ちょっとしたことでもイライラしてしまうことってありますよね。冷静になって考えると、大人げない自分に後悔することの繰り返し・・・という方もいるかもしれません。わかっているのに、ついイラっとしてしまう自分に嫌気がさすこともありますよね。

もっと自分が温厚な人だったらよかったと、悔やんでしまいますがイライラしないコツは、どうやってみつけていけばいいのでしょうか。今回は、イライラしないコツについてお話していきましょう。

ぐイライラするのはなぜ?

shutterstock_322510412イライラしないコツをなんとなく身につけていても、実際はすぐイライラしてしまうという方もいるでしょう。苛立つ感情に任せてしまうと、イライラ度は増すばかりですよね。

どうして、こんなにイライラしてしまうのでしょうか。頭に血が昇ってしまうと、イライラした原因も曖昧になってしまいますが、原因を探ることでイライラする前に予防することができるかもしれません。

自分自身に苛立ってしまう

イライラしないコツは、自分自身に原因があると疑ってみることも大切です。できない自分に苛立つこともありますよね。向上心があるからこそ、自分自身に期待してしまうものです。初めから上手くこなせることができればいいのですが、自分だからこそ厳しい判断をしてしまうこともあるかもしれません。

こんな自分なんて・・・と責めたくなりますが、自分にイライラしても解決には繋がりませんよね。もっとあなた自身の能力を、自分自身で見極める力を持つ事が求められます。

周囲の世話を焼き過ぎる

イライラしないコツは、他人のことに首を突っ込み過ぎないことです。後輩や同僚の行動は、どうしても気になるものですよね。もっとこうやって動けば楽なのに・・・。

ついつい、親心の目で周囲の行動を見てしまう事があります。手を出したくなる気持ちは痛いほどわかりますが、相手に伝わることと伝わらないことがあり、感情が先走ってしまいイライラしてしまいますよね。見守る側も辛いところですが、自分のことのように見てしまうからイライラしてしまうのです。これも成長過程のひとつですので、優しい眼差しで応援してあげることがイライラしないコツになるでしょう。

思い描いたようにならない現実

イライラしないコツは、現実をしっかり受け止めることです。いつまでも、思い通りにいかない現実にイライラしていても、あなたの描いていた現実通りにはなりませんよね。もどかしくなることもたくさんありますが、変わらない現実をひっくり返そうとするのは、そう簡単ではありません。

今という現実をあなた自身が受け入れることで、やりきれないイライラを軽減することができるかもしれません。

自分を見つめ直そう

shutterstock_398159059イライラしないコツに、自分自身を見つめ直すとヒントが得られることがあります。原因がわかっても、自分が変わらなければイライラから解消されることはありませんよね。

客観的に自分を見直すことによって、イライラしてしまう価値観を変えるように意識していきます。感情のコントロールは、気持ちの捉え方で変えることもできるのです。

誰でも失敗はするもの

イライラしないコツに、失敗を受け入れられる心の余裕を持つと、できないことに対してもイライラすることなく向き合うことができるでしょう。失敗は誰にでもありますし初めて行うことに対しては、失敗することだらけですよね。経験が心に余裕を作ってくれるのです。

一つのことに何回も失敗を繰り返して、成功することだってたくさんあります。失敗することは当たり前と、心に言い聞かせることで、ピリピリしていた感情にも変化が現れるでしょう。

固執することがいいことなのか考える

イライラしないコツは、こだわらないことです。正解はひとつしかないと思っていても、違う答えが気付かなかったところから出てくることもありますよね。自分の意見に固執しすぎてしまうと、自分とは違う答えに対して受け入れられなくなってしまい、イライラに火がついてしまうことがあるかもしれません。

どんなときでも柔軟な気持ちで取り組むと、素直に自分の中に取り入れることができますし、さらにできることが増えていきます。答えにこだわらずに、簡易な心を持つ事も時には必要です。

周囲を頼ることも必要

イライラしないコツは、自分に厳しく求めすぎないことです。自分に課すノルマが多ければ多いほど、逃げ場がなくなりイライラしやすくなりますよね。

自分自身を鍛えることは、素晴らしいことですがイライラしてしまうほど厳しくしてしまっては、周囲にも少なからず悪影響を与えてしまうことだってあるのです。もっと仲間を頼ることで、お互いの信頼関係が生まれ、仕事にもプラスの作用が働くはずです。周囲に頼ることで、あなた自身のイライラすることも、すんなりとこなせるようになるかもしれません。

感情をコントロールできるようになろう

shutterstock_415655170イライラしないコツは、冷静になることが求められます。ついつい感情が高ぶってしまうという方は、気持ちのコントロールができるように、自分自身で訓練していくことをおすすめします。

感情表現が豊か過ぎてしまいますと、喜怒哀楽が激しくて自分自身が疲れてしまうことも、多いのではないでしょうか。

読書で心を落ち着かせる

イライラしないコツは、心を冷静に保つことです。そのためには、集中力を高めるといろいろな情報源が頭の中に入ってきても、処理ができるようになりますよね。

読書は知識が身に着くだけではなく、頭の中で物語を処理して理解を深めていきますよね。心の中で考えることで、自分自身の感情を整理することができるでしょう。物事を冷静に考えることで、イライラする前にどんな行動を取るべきなのかが見えてくるようになる気がします。

運動で心と体を鍛えよう

イライラしないコツは、心と体を鍛えながら精神的に強くなることです。体を動かすと、いろいろなことを忘れて打ち込むことができますよね。極限まで自分自身を追い込むように、トレーニングをする方もいるかもしれません。なにも考えられないくらいに体を動かすことで、自分自身と向き合うことができるのです。

頭の中の複雑な感情を空っぽになるくらいに、おもいっきり体を鍛えてみませんか?イライラしていた自分が、とても小さな人間に見えてくるかもしれません。このように、体を鍛えながら心を強くしていくと、今までイライラしていたことにも耐えられる人間へと成長していくことができるでしょう。

規則正しい生活も大切

イライラしないコツは、規則正しい生活を心掛けることで心と体のストレスを防ぎます。寝不足や不規則な生活では、情緒も安定しませんよね。心と体のバランスは、睡眠時間の確保と規則正しい食生活から成り立っています。

健康でいると、心も豊かでいられる時間が増えていきますよね。ストレスを自分から作らない生活を心掛けることで、イライラさせない自分になることが大切です。

イライラしそうになったら・・・

shutterstock_404327686イライラしないコツは、事前に対処法を行うことです。なんとなくイライラする直前って、自分自身でわかりますよね。このままだと、絶対イライラするだろうな・・・と察知したときは、イライラしないための対策を考えておくといいかもしれません。

深呼吸して気持ちを落ち着かせる

イライラしないコツは、爆発寸前に大きく深呼吸します。一呼吸置くだけで一瞬ではありますが、高まる感情を落ち着かせることができますよね。

部屋の換気と同じで、空気の入れ替えを行うだけで、気分転換になります。心のモヤモヤした空気を入れ替えることで、自分自身に冷静に戻るきっかけを与えましょう。すぐイライラする人には、この深呼吸方が一番おすすめかもしれません。その場で数回深呼吸して、心の中のモヤモヤを入れ替えてしまいましょう。

周囲との連携も大切

イライラしないコツは、周囲と協力することです。単独行動を好んでしまうと、周囲との連携がイライラしてしまう原因になってしまいますよね。自分自身を信じることは良いことですが、周囲を信じることもとても大切なことです。

人は支え合って生きる生き物ですが、育った環境が違うので価値観だって決して同じではありません。だからこそ、いろいろなことがみんなの力で成し遂げることができるのです。イライラする前に、周囲とのコミュニケーションを高めていくように、努力をすることが求められます。一人で取り組むことよりも、周囲と力を合わせることができたときの喜びは格別です。イライラする前に、いろいろなことに協力できる自分を目指していきたいですね。

イライラしそうになったら笑顔

イライラしないコツは、自分自身に言い聞かせることです。気にしてしまうとイライラしそうですが、怒らないように心掛けておくと、抑止力が強くなりイライラを抑えることに繋がります。

そのためには、笑顔です。

イライラしそうになったときこそ、作り笑顔でも構いませんので笑顔になりましょう。すると、イライラしていた感情がやんわりと弱まっていく自分に気付くはずです。笑顔は、自分自身の感情を和らげてくれる力を発揮してくれることがありますよね。イライラした感情は、笑顔で封印することで感情もコントロールできるでしょう。

まとめ

イライラしないコツは、知っているだけではなく活かすことに意味があります。感情は、あなた次第で怒りにも喜びにも変えることができるのです。いつもイライラしていても、幸せにはなれませんよね。

負の感情は、ときに自分自身を苦しめてしまう事があります。しかし、このままため込んでしまっても、良くないものです。イライラした気持ちを吐き出すことができなくなったら、思いっきりストレス発散し心を軽くして、心から笑顔になれる自分になっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です