好意を伝える方法で相手の心に響く7つのもの

好意を伝えるならば、出来るだけ成功率が高い方法で好意を伝えていきたいですよね。もちろん成功率を上げるためには、告白をする、好意を伝えるまでの過程が最も重要であることには変わりありません。

しかし、告白や好意を伝える方法を工夫するだけでも告白の成功率は一気に上がっていきますし、逆に言えば告白や好意を伝える方法をしくじってしまえば告白の成功率が今まで高かったとしても、一気に急降下してしまう可能性も十分にありえるのです。もし好意を伝える相手と、これから恋人関係として付き合っていきたいと思っているのであれば、そんな失敗を避け、出来る限り好意を伝える段階で告白の成功率を上げていきたいですよね。

そこで今回は好意を伝える方法で、相手の心に響くものを7つ紹介していきます。好意を伝える、それはゴールであり、新たなスタート地点に立つために必要なことです。ただ好意を伝えるだけで良い、という人もいると思いますが、そんな人でも出来るだけ相手の心に響くような好意を伝える方法で気持ちを伝えていきたいですよね。

今回はそんな、告白の成功率をあげたい、好意を伝える上で失敗を絶対にしたくない、相手の心に響く告白をしたいきたい…そんな人のために、好意を伝える方法を紹介していきますね。

ストレートに好意を伝える

好意と伝える方法はいくつかありますが、女性から好印象を受ける告白の方法というのがストレートに好意を伝えるというものです。好意を伝えるシチュエーションはいくつかあるものの、好意を伝える方法や言い方では出来るだけストレートに、わかりやすい言葉で伝えたほうが告白の成功率は高く、相手の心に響きやすいのです。

相手の心に響く好意を伝える言葉や方法ときくと、色々凝った演出やロマンチックなセリフのほうが良いのでは?と思う人も多いでしょう。特に女性は恋愛漫画や恋愛ドラマが好きなので、そういったロマンチックなもののほうが憧れている人も多そう、そのほうが成功率が絶対に高い、と信じてやまない男性は決して少なくないと思います。しかし女性は男性が思っているよりも現実的であり、わかりにくい言葉では好意だと受け取れない、好意なのか判断できないなど、かなりシビアな性格をしている人が多いのです。

好意を伝えるのであればストレートな言葉のほうが、心に真っ直ぐに響いていくし、言葉にも自信が持てる…と考える女性は多いので、どんなシチュエーションや好意を伝える方法でも、よほど拘りがない限りはストレートに好意を伝えていきましょう。

手紙と共に告白をする

もし相手と深い思い出があったり、深い関係にある場合ならば、手紙と共に好意を伝える方法もオススメですよ。手紙は少し照れくさい、重い気がする…という人も少なくないと思います。確かにあまり親しくない女性に対して手紙と共に好意を伝えてしまえば、重い…と感じられてしまう可能性もゼロではありません。もしそういった相手に手紙と共に好意を伝えるのであれば、一種の賭けだと思って挑んでいきましょう。

この好意を伝える方法をオススメ出来る人というのが、例えば何年の付き合いもある女友達や幼馴染、一緒に何かを遂げてきた人、告白以外にも伝えたい気持ちがある場合などです。いつもありがとうという感謝の気持ちを手紙に綴り、その手紙と共に好意を伝えることが出来れば、きっと相手の心に響くこと間違い無し。

相手を選ぶ好意を伝える方法ではあるものの、この方法を試せる相手ならば是非試してほしい好意を伝える方法なので、もしそんな相手がいる場合には日頃の気持ちと自分の気持ちを素直に手紙に綴り、相手に思いの丈を伝えてみてくださいね。

事前に告白をすることを宣言してから好意を伝える

あえて事前に告白することを宣言してから好意を伝えるのも、相手の心に響く告白テクニックなります。この好意を伝える方法は、ほぼ相手とは両思いだと言う確信があってから試せる方法でもあるので、相手との距離感がかなり近い、あとは付き合うだけ、お互いに気持ちを察している…という場合に使っていきましょう。

事前に告白をすることを宣言してから好意を伝えるのって、逆の立場で想像してみるとかなりドキドキしませんか?女性から「今日貴方に告白をするから!」と宣言されてしまえば、その日一日中はその女性のことを考えてしまうと思いますし、ずっと意識をしてしまいますよね。また男性がこの好意を伝える方法を試せば、女性から男らしい、強引、肉食系というイメージを持たれることも多いので、自分の印象をさらに引き上げることが出来るのです。

もちろん宣言したからには、宣言通りに好意を伝える必要があるので、絶対に好意は伝えていきましょう。この機会を逃してしまえば、今後好意を伝える機会はなくなりますし、相手からも幻滅され、最悪弄ばれたと勘違いされてしまう恐れもあります。宣言をするのも勇気が必要ですし、宣言をした後に改めて好意を伝えるのはかなり勇気が必要なことになりますが、ビシっと決めてこそ心に響いていくものなので、かっこよく決めてくださいね。

LINEや電話で好意を伝えた後、改めて直接好意を伝える

好意を伝える方法は、LINEや電話で好意を伝えるよりかは直接好意を伝えたほうが成功率は遥かに高いと言えます。LINEなどが当たり前の時代になったとしても、好意を伝えるのは直接のほうが良い、LINEや電話は軽い感じがして嫌…という女性は少なくないので、出来る限り好意は直接伝えるようにしましょう。

しかしなかなか直接伝えられない場合もありますよね。お互い仕事が忙しかったり、遠距離だったり…そんな場合には、LINEや電話でひとまず好意を伝えるようにしましょう。その後には必ず「改めて直接言うから」と伝え、直接好意を伝えてみてください。LINEや電話で好意を伝えているにも関わらず、改めて直接好意を伝えさせてくれと言われたら真剣度が相手に伝わっていきますし、本当に自分のことを想ってくれているんだな…と心に響く感じがしてきますよね。女性はそういった思いやりや大切にされている感じ、特別感が大好きな生き物なので、告白の成功率をぐーんと上げることが出来るというわけなのです。

この場合、LINEや電話の段階で返事を貰えることもあるでしょう。しかし答えがどちらだったとしても、必ず改めて直接好意を伝えると宣言したからにはそれを実行してください。OK返事をもらっているならば、今後さらに仲良く付き合っていくためには好意をしっかりと伝えたほうが相手も安心ですし、NOだったとしても改めて直接好意を伝えれば真剣に考えてくれているんだな…と相手は思い、今一度考え直してくれる可能性が高いのです。

ロマンチックな場所で好意を伝える

ロマンチックな場所で好意を伝えるのはベタだと思うものですが、女性の多くは憧れているシチュエーションなので、告白の成功率を上げることの出来る好意を伝える方法なのです。

この場合、オススメなのがデートの終盤にロマンチックな場所に行き、その場所で好意を伝えるのがベストですよね。かなりベタなシチュエーションではありますし、相手の女性は告白をされるんだろうな…となんとなく察してしまうものですが、あえて察してもらっていたほうが相手を必要以上に意識をさせることが出来るので、相手の心理を利用した好意を伝える方法とも言えますね。

ロマンチックな場所と言っても…と悩んでしまう男性は多いと思います。その場合には夜景が綺麗な場所や、デートスポットとして有名な場所へと出掛けてみれば◎。特に夜景が綺麗な場所で好意を伝えられることに憧れている女性は少なくないので、ベタではあるものの、そのベタさこそがこの好意を伝える方法の成功率を上げるものになるので、照れくさくてもロマンチックな場所で最高の雰囲気に包まれながら、好意を伝えていきましょう。

さりげないタイミングで伝える

意外とさりげないタイミングで好意を伝えるのもテクニックの一つです。相手の心に響かなそう…というイメージがありますが、不意打ちに弱い女性は少なくないので、さりげないタイミングで好意を伝えて女性を虜にしていきましょう。

この好意を伝える方法を試したい相手というのが、一緒にいるのが当たり前になっている女性や幼馴染、長年の付き合いがあったり、お互い気を使わずにいられる女性に対して行ってみると効果的です。何気ないタイミングで好意を伝えられる…それは雰囲気も真剣さも何も感じられないかもしれませんが、女性にとっては青天の霹靂になること間違いなし。今まで女性がこちらに意識をしていなかったとしても、突然さりげないタイミングで好意を伝えられてしまえば意識せざるを得なくなりますし、いつも近くにいた存在が気になって気になって仕方がなくなってしまうのです。

人は一度意識をしてしまえば、その物事に対して気になってしまう生き物です。側にいるのが当たり前だと思っていた存在を急に異性として意識しだす…そうすると一気に恋愛の歯車は回り始めていくので、もし身近な女性に好意を伝えたいと思うのであれば、さりげなく気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

ベタなシチュエーションを利用する

女性はベタなシチュエーションに弱く、憧れているものです。女性は現実的な性格をしているというイメージを持つ男性も多いと思いますし、それはあながち間違いではありません。しかしどんなに自立している現実的な女性だとしても、理想を持つことはありますし、ベタなシチュエーション、特に恋愛に関しては憧れているものなのです。

そのため、もし好意を伝える方法に迷った場合には、女性に人気の恋愛漫画やドラマ、映画などに注目をしてみると良いでしょう。こんな告白されてみたい、こんな感じで好意を伝えられたら…と一度は思ってしまっているものなので、そんな女性の理想に沿った好意を伝える方法を選んでみましょう。

ただし、真似をすればいいというわけではないので、そこだけは注意をしてください。参考にする程度でシチュエーションを考え、好意を伝える方法を考えていきましょう。真似をしてしまえば不自然さが感じられる告白になってしまいますし、記憶力の良い女性は真似をしていると察してしまいます。そうするとせっかくの雰囲気も台無しになってしまうので、あくまで参考程度に留める…これを忘れずにして、好意を伝える方法やシチュエーションを考えていきましょう。

まとめ

好意を伝える方法はいくつもあります。どの好意を伝える方法を選ぶかは、女性との関係性や性格によって異なるものです。しかしどんな方法でも忘れてはいけないのが、「わかりやすく気持ちを伝えること」「女性に恥をかかせない」というものです。あまり好意を伝える方法を考えすぎてしまうと、現実的ではない、自分に酔いしれた好意を伝える方法になってしまい、女性の気持ちを考えない身勝手な告白になってしまいます。それでは成功するものも成功しませんし、女性にドン引きされてしまうこと間違い無し。

好意を伝える方法は自分なりに考えることも重要ですが、今回参考したものをヒントにしてみたり、好意を伝える上で重要なポイントを抑えるようにして、告白を成功させてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です