好きな人と話すときに男性として意識したい6つのコツ

好きな人と話すとき、男性として意識したいポイントってなんだかわかりますか?好きな人と話すとき、もちろん何も考えずに会話をするというのも楽しいですし、盛り上がり次第では素の自分を相手にアピール出来て、二人の距離が縮まる場合もあります。

しかしさらに好きな人との距離を縮めるためには、好きな人と話すときに意識するポイントを意識しておいたほうが、より効率的に二人の距離を縮めることが出来ますし、自分の魅力を最大限にアピールすることも出来るようになるのです。場合によっては好きな人と話すときに意識をするだけで、思わぬ恋愛のチャンスを手に入れることも出来る可能性があるので、好きな人がいるという人は、好きな人と話す時に意識しておきたいことを知っておいて損はないでしょう。

そこで今回は好きな人と話すときに男性として意識したいポイントやコツに注目。好きな人と話すとき、何を意識すれば好きな人との距離を縮めることが出来るのでしょうか。そんな疑問を解決していくので、今好きな人がいる、好きな人との会話を盛り上げたい、そんな人は是非注目してみてくださいね!

 目を見て話そう

好きな人と話すとき、最も意識をしなければならないのが視線です。好きな人と話すときって緊張したり、そもそも女性と接することに慣れていないと、目が泳いでしまうことや目を合わせるのを避けてしまう時ってあると思います。確かに好きな人だからこそ目を合わせるのってとても緊張しますし、女性と接することに慣れていないと、視線をどこに向けていいのかわからない…というのもわかります。

しかし、好きな人と話すときには出来るだけ目を見て話すようにしてみてください。視線は人の心理や好意を現すものです。恥ずかしい、という気持ちはあったとしても、目を見てしっかりと話すことによって相手と気持ちが通じ合いやすくなったり、距離が縮まりやすくなります。好きな人と話すときに目を見て話さないのは損とも言えるので、恥ずかしくても頑張って目を見て話をしてみましょう。

相手に伝わる声量で話そう

好きな人と話すときに意識をしたいのが声のボリュームです。特に女性と話慣れていなかったり、好きな人を目の前にしてしまうと、声が小さくなってしまう男性も少なくないと思います。日頃からボソボソと喋ってしまう癖があるという男性の場合は、特に好きな人と話すときにボソボソ喋りになりがちになってしまうので、注意が必要ですね。

やはりボソボソとした喋り方や声が小さいと、良い印象を与えられません。逆に声が大きすぎても威圧的だと思われてしまうことも多く、引かれてしまう恐れもあるのです。好きな人と話すときは意外と声のボリュームに気を付けられないことも多いため、意識をしてみると良いでしょう。

また、好きな人と話すときには声のボリュームだけでなく、テンポにも意識をしてみるのが◎。速すぎず遅すぎず、聞き取りやすいテンポで話すことを心掛けてください。聞きやすい声量とテンポは、女性から聞き心地が良いと思われます。そういったことも女性からは魅力的だと思われるポイントなので、是非意識してみてくださいね。

知ったかぶりは控えよう

好きな人と話すとき、または、好きな人と仲の良い女性と話すときにも注意をしたいのが、知ったかぶりを控えるというものです。好きな人と話すとき、つい自分を良く見せようとしてしまいますよね。知ったかぶりをしてしまった、という経験がある人も多いのではないでしょうか?

しかし女性は鋭い生き物なので、知ったかぶりにはすぐに気付いてしまいます。どんなに男性に自信があったとしても、すぐにバレてしまうので、無闇な知ったかぶりは控えたほうが◎。子供っぽい、見栄っ張り、面倒くさいと思われてしまい、女性から引かれてしまう可能性も出てきてしまいます。そうなると少しずつ話すのが嫌だ、と距離を開けられてしまうこともあるため、気をつけてくださいね。

武勇伝を言い過ぎないように気を付けて

好きな人と話すときに、知ったかぶり以上に気を付けたいのが武勇伝の存在です。男心として、女性に自分をかっこよく見せたいと思うのは本音だと思います。過去の栄光を話すことによって、女性からすごい!かっこいい!と思われたいと思いますし、実際武勇伝を語って、女性からそう褒められたことがある男性もいるでしょう。

しかし、女性は愛想が良い生き物なのです。好きな人と話すときに武勇伝を披露して、好印象を抱かれたと思ったとしても、実際はドン引きされていたり、子供っぽい、面倒くさい、プライドが高そうと様々なマイナスなイメージを持たれてしまう恐れがあるのです。多少の武勇伝ならば話のネタになるので問題ありませんが、好きな人と話すときにはいくら語りたい武勇伝があったとしても、あまり語りすぎないように気をつけてくださいね。

否定ではなく共感を大切にしよう

好きな人と話すときに、男性として特に意識をしたいのが共感です。男性の多くは、つい論理的に物事を話したり、女性の言うことを否定してしまうことも少なくありません。これは男女の考え方の違いなので、反射的にそうなってしまうのは仕方がないのです。特に理系の男性や、今まで女性と話した経験が少ない男性の場合は、つい否定的な言葉を言いがちになっていますよね。

しかし女性は共感を得たい生き物なので、否定や合理的な考えばかりの男性に退屈してしまいます。女性にとって会話は共感を得たい、共感をしたい、そういったものです。つい否定的な言葉を使ってしまう男性は、「でも」という言葉に気を付け、固定概念や偏見に縛られないように気をつけてみてください。

そして、好きな人と話すときには共感を意識してみると◎。上手く女性の話や考え方に共感をしていけば女性との距離を一気に縮めることが出来るようになります。否定ではなく共感、ということを意識して好きな人との会話を楽しんでいきましょう。

自虐をし過ぎない

好きな人と話すとき、緊張したり、周りを盛り上げようとして、つい自虐をしてしまう人もいると思います。たしかに自虐ネタって面白いですし、場が盛り上がることも多いでしょう。しかしあまりにも自虐が多すぎると、女性は反応に困ってしまいますし、何より自ら短所をさらけ出す人を魅力的には思えませんよね。いくら盛り上がったとしても、良い人止まりにはなれたとしても、恋愛の相手にはなれません。

もし好きな人と話すときに自虐を交えたい場合には、話していても相手が反応に困らない内容や、冗談を交えたものにしましょう。本気とも言える自虐は反応に困りますし、話していて面倒くさいと思われてしまう可能性も十分にありえます。自虐よりかは他に楽しめる話題を考えたほうが良いので、自虐ネタ以外の話題をいくつか好きな人と話すときのために考えておきましょう。

まとめ

好きな人と話すときに男性として意識したい6つのコツについて紹介してきました。好きな人と話すときには、女性がどういう考えなのか、どうすれば楽しんでくれるのか、それを意識してみればきっとコツをつかめるはずです。

好きな人と話すときは緊張してしまいますよね。しかし緊張の中でも、しっかりと自分の出来る限り意識出来ることを意識していけば、必ず好きな人との距離を縮められるはずです。意識さえすれば、好きな人と話すとき、より楽しむことも出来ますし、話を盛り上げることも出来るでしょう。盛り上がれば更なる恋愛のチャンスを掴むことも出来るようになるので、今回紹介した好きな人と話すときのコツを是非参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です