不安になる…そんな時に気持ちを落ち着けるための5つの方法

不安になる…そんな時に気持ちを落ち着けるための5つの方法-1




急に不安になる事ってありますよね。

心当たりがある場合もあれば、心当たりもないのに無性に不安になる。

そうなってくるとなかなか落ち着く事が出来ずに、集中力が低下をしてしまう事や思わぬミスが連発してしまうなど、さらに悪い状態へと流れていってしまいます。

不安になる事は誰もがある事。

いつどこで不安になるかわからないものでもあるので、そんな時の為にいくつか、不安になった時に気持ちを落ち着かせる事が出来る方法を知っておくと良いでしょう。

気持ちを落ち着かせる方法を知っておけば、急な不安感に襲われてもすぐに対処をする事が出来ます。

今回はそんな不安になった時の為に、気持ちを落ち着ける為の方法を5つ紹介。

不安になる事が多い、不安になる事自体が不安である。そんな人は落ち着ける方法を知って、気持ちをリラックスさせていきましょう。

腹式呼吸で深い呼吸をしてみる

不安になる瞬間には、どうしても不安をすぐに落ち着かせなければいけない場面というものがあります。

仕事中などは特に不安になる事が多い反面で、不安をなんとか抑えて集中をしなくてはいけない事って多くありますよね。

そんな時には、腹式呼吸で深い呼吸をしてみましょう。

呼吸をする事によって自律神経が刺激されるので、荒ぶってしまった不安な気持ちを落ち着かせる効果があるのです。

また体の内側からスッキリとする事が出来るので、不安になる気持ちを少しは和らげる事が出来て、冷静に不安と向き合う事も出来ます。

不安になるという事は何か原因があるという事。

それを考えなければ不安な状態が続いてしまう場合もある為、その原因を突き止める為にも腹式呼吸で気持ちを落ち着かせて、冷静な状態を取り戻していきましょう。

不安になる原因を整理し、解決法を考えてみる

不安になるという事は何か原因があります。

心当たりがある場合や、明確にはわからない場合、まったくわからない場合などたくさんのパターンがありますが、とにかく原因を解決しない限りはモヤモヤとした状態が続き、さらに不安な状態が膨れ上がってしまいます。

その為、とにかく不安になる原因について考えてみるのも不安な状態を落ち着かせる方法です。

人は原因を知り、そして解決法さえわかればある程度気持ちを落ち着かせる事が出来ます。不安になる原因には、先が見えない、どうなってしまうのかわからないという不安感が挙げられるので、原因を即座に解明し、解決法を知り、不安感を抑えていきましょう。

誰かに不安を打ち明けて、気持ちをスッキリさせる

不安になる気持ちは、自分の心の中に留めておくとさらに大きな不安を呼び起こしてしまう事になります。

その為、誰かに不安な気持ちを打ち明ける事によって、自分の中のマイナスの感情などが綺麗に洗い流されていき、気持ちをスッキリさせる事が出来るのです。

男性の場合、意地やプライドが邪魔をして、なかなか不安な気持ちを吐露するのは難しいかもしれません。

しかし不安な気持ちをそのままにしていれば、さらに状態は悪くなってしまうので、時には勇気を出して素直に不安な気持ちを吐き出す事も大切です。

不安な気持ちを吐き出す相手は自分の信頼出来る相手でも良いですし、仕事関係であれば上司に相談という形で不安なポイントを話してみると、案外気持ちをスッキリさせるヒントを貰えるかもしれません。

不安になる…そんな時に気持ちを落ち着けるための5つの方法-2

温かい飲み物を飲んで気持ちを落ち着かせる

ホットココアやハーブティー、コーヒーなど、温かい飲み物を飲んでリラックス効果を得る事も不安な気持ちを落ち着かせる事の出来るお勧めの方法だと言えます。

特にハーブティーなどはリラックス効果を高める効果がある為、よく不安になるという人は常備しておくと良いかもしれません。

ハーブティー本来の効果や香りによって気持ちを落ち着かせる事が出来るので、不安な気持ちを抑え、何故不安になってしまったのかという原因について冷静に考えられるようにもなります。

また、単なるストレスが蓄積される事によって無性に不安になるという事もあるので、ストレス解消の為に温かい飲み物を飲んで、常に気持ちをリラックスさせておくのも、不安を予防する事に繋がるので是非試してみましょう。

一眠りをして考えをクリアにする

もし一眠りをする事が出来る状態であるならば、不安になる気持ちを抑えて一眠りをしてしまうのが良いでしょう。

不安感が襲っているとなかなか寝付けないものですが、アイマスクやアロマ、安眠用BGMなどを利用してみると案外ぐっすりと眠る事が出来ます。

一度意識を手放してしまえば、目が冷めた時に考えや気持ちが落ち着いていて、不安な気持ちも和らいでいます。

その状態であれば何故不安になってしまったのかという原因について考える事が出来ますし、場合によっては改善点などを見付ける事も出来ます。

人は、一つの事に集中をしてしまえば視野や考えが狭くなり、それが結果的に悪い方向へ転がってしまう事があります。

一度寝て考えをクリアにさせる事によって、狭まった視野を広げる事が出来るので、不安になる事があれば可能な限り一眠りをして、気持ちをリセットさせてみましょう。

まとめ

不安になる事があったとしても、なかなか素直に向き開ける人、誰かに打ち明ける事が出来る人というものは少ないかもしれません。

特に男性はそれをする事が格好悪いというイメージも強いため、不安を押し殺し、それがやがてストレスとなって身を襲います。

後になってそれは大きな重荷としてのしかかる事となるので、不安を感じたら出来るだけすぐに気持ちを落ち着かせて、不安と向き合う事が大切です。

不安と向き合えれば、不安に悩まされる事も少なくなってくるので、よく不安になるという人は不安から目をそらさずに向き合ってみましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA