MENU

クリック率が爆上がりするブログ(記事)タイトルの決め方|9つのテクニック

悩める人

ブログのタイトルを決めるのにいつも時間がかかって大変…なにかコツってないの?

こんな疑問・お悩みを解決します!

記事を書いてる人

ブログのタイトルってどうされてますか?

記事に内容を少ない文字で表しつつキャッチーな表現をしなければいけなかったり、SEOも考えて付ける必要があったりと、タイトル付けが苦手な方も多いんじゃないでしょうか。

でも、ブログにとって記事のタイトルは非常に重要な要素の1つなんです。

当記事を読めばブログのタイトル付けが格段に上手くなり、SEO面でも流入増が見込めるようになりますよ。

マツナガ

タイトルはブログ記事を爆速で仕上げるためにも重要なんです

では早速、ブログ(記事)タイトルの決め方について詳しく解説していきますよ。

目次

ブログのタイトルがなぜ重要なのか

まずブログのタイトルがなぜ重要なのか解説していきます。

①:SEO面

まず、重要な要因としてSEO面が挙げられます。

ブログのタイトルはその記事におけるメインテーマとなり主題です。HTML上では<h1>  と表します。

Googleが検索順位を決める要素の1つとして、まず記事の<h1>に含まれるキーワードを読み取ります。

HTML構文上、<h1>はその記事内で最も強いパワーを持っているため、Googleから見た場合でも<h1>に書かれた内容は重要だと判断されることになります。

※Googleは評価の割合などは公表していません

タイトルだけで検索順位が決定しているわけではありませんが、このような理由から「対策したいキーワードは必ずタイトルに含ませることはSEOの基本」です。

よって、ブログのタイトルというのはSEO面で考えると、記事を非常に重要な要素の1つなんです。

②:CTR面(クリック率)

例えば下記のタイトルではどちらが魅力的に見えますか?

  • WordPressの人気テーマ『SWELL』を実際に使ってみた感想|メリット・デメリットを正直に徹底レビュー!
  • 『SWELL』を使ったレビューを書きました

タイトルで同じテーマについて書かれた記事だと判断できますが、どちらが読みたいと思えるでしょうか?

Googleの検索結果には、記事のタイトルしか表示されませんよね。

meta descriptionも記載されてはいますが、ほとんどの方は記事タイトルだけでどの記事(WEBサイト)を見るか判断していると思います。

マツナガ

「あなたが読みたい内容はここにありますよ!」と検索ユーザーに伝えることが大切

ブログのタイトルをより魅力的なものにするだけで、自分より検索順位の高い競合サイトよりも自分のブログがクリックされる可能性は十分に考えられるんです。

ブログタイトルの決め方9つのテクニック

ブログタイトルを決める際に使える5つのテクニックをご紹介していきます。

1:記事の内容を端的にわかりやすく

記事の内容を端的にわかりやすくまとめることを意識しましょう。

例えば、ファミリーキャンプのテントを紹介する記事を書こうと思っているならこんな感じでしょうか。

ファミリーキャンプにおすすめのテントをタイプ別に3つご紹介

タイトルだけでブログの内容が明確に理解できるかどうか?を意識しながら考えるのがコツです。

上記の例だと、「ファミリーキャンプ向けのテントがタイプ別で3つ紹介されている記事か」とすぐにわかりますよね。

このように記事の内容を端的にわかりやすくまとめるよう意識してタイトルを付けてみましょう。

2:文字数は30〜50文字前後で

タイトルの文字数は30~50字前後におさまるよう意識しましょう。

タイトルを100文字などにすることができますが、上記で説明したようにタイトルは端的なものの方がユーザーにもGoogleにも好まれます。

試しに適当なキーワードを検索して、検索順位の上位1~10位までのタイトルを確認してみましょう。

上位に出てくるサイトで100文字のような長いタイトルを付けている記事はほどんどないはずです。

タイトルの付け方について検索すると「30文字前後がベスト」と書かれていますが、50文字くらいまでなら全然OKだと個人的に考えています。

30文字はあくまで後述する検索結果上の対策なので、文字数が増えることでタイトルがより魅力的になるなら「タイトルは文字数30文字以内」は必ずしも守る必要はありませんよ。

3:タイトルに同じキーワードを2回書かない

タイトルには同じキーワードを2回書かないようにしましょう。

SEO的にもメリットは当然ありませんし、見栄えも悪い上に文字数の無駄遣いでしかありません。

ブログ初心者必見!ブログの正しいタイトルの付け方

「ブログ」というキーワードが2回登場していますが、この場合は3文字分無駄しています。

完全に同じキーワードでなくても、似たような意味・表現は可能な限り削除しましょう。

4:タイトルに含める対策キーワードは基本的に1つ

タイトルに含める対策キーワードは基本的に1つが原則です。

というのも、主題となるテーマが1つも2つも1つの記事にあっては、本文の内容がブレブレになること間違いありません。

さらに、Googleからの評価も「この記事は結局どっちが主題なの?」と見られてしまい、評価が分散してしまう危険性もあります。

ファミリーキャンプにおすすめのテントをタイプ別に3つご紹介

この記事であれば「ファミリーキャンプ おすすめ テント(検索ボリューム110回)」が対策キーワードになります。

対策キーワードが1つだと記事の内容自体もブレないので、まとまりのある記事が完成します。

ファミリーキャンプにおすすめのテント&ランタンをタイプ別に各3つご紹介

この場合だと、テントとランタンのどちらも紹介する記事となり、Googleから見ると中途半端な記事と判断されてしまうため、高い評価は得られないと考えられます。

「テント」と「ランタン」を分けてそれぞれ記事とするべきです。

タイトルに含める対策キーワードは基本的に1つにするようにしてください。

5:対策キーワードは30文字以内に設置する

対策したいキーワードは可能な限りタイトルの30文字以内に設置してください。

なぜなら、検索結果上ではタイトルの表示上限が30文字前後と決まっているからです。

検索結果にはブログタイトルの30文字前後しか表示されない

50文字くらいのタイトルを付けた場合、対策キーワードを30文字よりも後ろに持ってきてしまうと、検索結果上だと対策キーワードが隠れて表示されません。

その結果、ユーザーのクリック率を下げてしまう原因になります。

ユーザーの検索キーワードがしっかり表示されていることが大事

タイトルの文字数を30文字に抑える必要はありませんが、対策キーワードは30文字以内に入れるようにしましょう。

6:具体的な数字を入れ込む

タイトルには抽象的な表現ではなく、なるべく具体的な数字を入れ込みましょう。

ブログ初心者が短期間でCTRを倍に改善した全方法

この例文の抽象的な表現を具体的な数字にすると下記のようになります。

ブログ初心者が1ヶ月でCTRを50%改善した5つの方法

どちらの方がタイトルとして興味を惹かれるでしょうか?

心理学的にはザックリとした数字や抽象的な表現より、具体的な数字の方が信憑性を持たせることができるからです。

広告のキャッチコピーなどにも広く使われているテクニックです。

  • 年間87泊するキャンパーが選ぶ!ファミリーキャンプにおすすめのテントをタイプ別に3つご紹介
  • たった1つの改善でCTRが28.7%も改善した7つの裏技
  • ブログ初心者が6ヶ月で月5万を稼ぐ方法を徹底解説

タイトルに含める抽象的な表現を具体的な数字に変換できないか考えてみましょう。

7:ターゲット・レベルを入れ込む

タイトルにその記事で想定しているターゲット(読んで欲しい読者)を入れ込むテクニックも広く使われています。

  • エンジニア必見!
  • コーヒー好きにおすすめしたい〜
  • ニキビでお困りの方〜

ターゲットだけでなく、ターゲットをレベリングしてより限定的な表現をする方法もあります。

  • ブログ初心者必見!〜
  • ブログで月5万稼ぎたい方〜
  • 誰でも簡単にできる〜

読み手に「あ、これは私に言っているんだな」と思わされることで興味を持たせることができるテクニックで使いやすいので、特におすすめですよ。

8:感情を入れ込む

タイトルに強い感情を入れることでとても目立ちやすくなります。

  • 便利すぎて手放せない〜
  • 今夏に絶対使いたい〜
  • 心の底から買ってよかった〜

主に使った商品の感想を書いたり、サービスの評価をするレビュー記事には使いやすいテクニックですね。

また、ネガティブな感情は人間の根源的な「失敗したくない」「損したくない」という心理を刺激するため、ポジティブな表現よりもより強い興味を引くことができます

  • 失敗したくない人は必見!
  • 買って損した…
  • 読まなきゃ絶対損〜

「失敗したくない人〜」「読まなきゃ絶対損〜」という表現を上手くタイトルに入れて、読み手の感情を刺激してあげましょう。

9:簡単であることを伝える

記事の内容が簡単であることをアピールする方法があります。

  • 手順通りやればOK!WordPressブログの始め方を徹底解説【画像20枚付き】
  • ブログ初心者でも簡単〜
  • 1日30分の作業でOK〜

簡単であることを伝える手法も簡単に実践できて、ターゲットが「自分のことだ」と理解してもらいやすいテクニックです。

難しい事柄を簡単に噛み砕いた記事を作るといったように、解説系記事によく使われています。

まとめ:読み手に「自分の役に立つ」ことが一目でわかるタイトルにしよう

クリック率が爆上がりするブログ(記事)タイトルの決め方は下記の9点です。

  1. 記事の内容を端的にわかりやすく
  2. 文字数は30〜50文字前後で
  3. タイトルに同じキーワードを2回書かない
  4. タイトルに含める対策キーワードは基本的に1つ
  5. 対策キーワードは30文字以内に設置する
  6. 具体的な数字を入れ込む
  7. ターゲット・レベルを入れ込む
  8. 感情を入れ込む
  9. 簡単であることを伝える

当記事でご紹介したテクニックを利用しつつ、あなたの記事を読んでくれる読者が、タイトルを一目見て「自分の役に立ちそう」「これは自分のことだな」と認識してもらえるような記事タイトルを作るよう意識しましょう。

そうすればあなたの記事のCTRが爆上がりすること間違いなしですよ!

よかったらフォローしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
目次
閉じる