同棲をしていて別れてしまった…そんな時に考えられる9つの原因




同棲をしていて別れてしまった…彼女から同棲をしていたのに振られてしまうとかなりショックですよね。どうして同棲までしていたのに別れてしまったのだろう、何が原因だったのだろう…別れ方によっては原因も理由もわからないまま別れを告げられてしまう場合もあるので途方に暮れてしまう男性は少なくありません。

また今彼女と同棲をしているという男性は、出来るだけ別れたくはないでしょうし、別れの原因ともなりそうなことには細心の注意を払って気を付けていきたいですよね!同棲は二人の距離を縮めるものでもありますが、逆に二人の距離を決定的に離してしまうものでもあります。注意点を知っていないとあっという間に同棲解消からの別れが訪れてしまうので、彼女との同棲生活を楽しんでいきたいという人は、最悪の結果にならないためにも注意をしていきましょう。

そこで今回は同棲をしていて別れてしまった…そんな時に考えられる原因を9つ見ていきましょう!彼女との同棲中、別れてしまって原因がわからず途方に暮れている人や、今彼女と同棲をしていて別れることなく幸せに暮らしたいと思っている男性は、予防のためにも是非チェックしていきましょう。

生活リズムが合わない

同棲に限らず、生活リズムが合わない人と生活をしていくのはなかなかストレスが溜まるものです。ある程度ズレるくらいならば社会人同士のカップルならば問題ないと思いますし、よくあることでもあると思います。しかしあまりにも生活リズムが合わないと、同棲している意味がないと相手は思ってしまい、別れを徐々に考え出してしまうというわけですね。

特に女性の場合は同棲=一緒にいる時間が増えると考えている人も多いので、寂しさやストレスが一気に吹っ切れてしまうと「こんな思いをするくらいなら別れてしまおう」と潔く決断してしまう人が多いのです。意外と女性はとても現実的でありシビアな判断を突然下すこともあるので、男性の人は彼女と同棲をしていて別れたくないのであれば、生活リズムは極力合わせるようにしましょう。

しかしどうしても生活リズムが合わないという場合には、大まかなスケジュールを彼女に伝えておくと◎。同棲をしていて生活リズムが合わずに不安になる原因というのが、何をしているかわからないからなのです。何をしているかさえわかれば彼女は安心出来るので、疑惑や疑問が別れの原因にならないように上手く生活リズムの違いをフォローしていきましょう。

親しき仲にも礼儀あり、を疎かにしてしまった

親しき仲にも礼儀あり、これが出来ていないと別れの原因になり、同棲をしている関係だったとしてもあっという間に関係は崩れてしまいます。

どうしても同棲をしていると、相手に対しての気遣いが出来なくなってしまいますよね。それはある意味二人の距離が近くなり、仲良くなった証拠とも言えます。しかしだからと言って礼儀をなくしてしまえば、相手は不愉快な思いをしてしまい、それが積み重なって別れの原因になってしまうのです。

二人の距離が縮まっている、当たり前の存在だと思う…それは同棲をしているからこそ得られる感覚です。しかしその感覚はずっと続くものではない、続けようと思って続けられるものであるということを忘れてはいけません。

同棲をしているカップルが別れた原因の多くが、親しき中にも礼儀あり、ということを疎かにしてしまっているというものなので、当たり前の存在に甘えすぎないように注意をしましょう。

相手を思いやる気持ちを忘れてしまっていた

相手を思いやる気持ちを忘れてしまうと、同棲生活は別れという結果で終わりを迎えてしまいます。同棲をしていて別れを考える原因の多くが、思いやりがない、思いやりを感じられなくなってしまった…というものです。

同棲をする以上、思いやりは必要不可欠なものとなっていきます。しかし同棲というと家族とは違う人と生活をするという感覚もあり、最初こそ盛り上がるものの、だんだんお互い身勝手な振る舞いが増えてきてしまい、結果的に相手を思いやる気持ちを忘れてしまうのです。その意識を忘れてしまうと、相手は思いやりを感じられない、この人とは相性が悪いのかもしれない…と思ってしまい、別れに繋がってしまうというわけですね。

同棲しているからこそ思いやりのあり、なしは簡単に伝わってしまうものなので、どんなに一緒に過ごしていたとしても、思いやりだけは絶対に忘れないようにしないと、別れが訪れてしまうのです。

異性として見れなくなってきた

同棲をしていると当たり前の存在になりすぎて、異性としての意識が薄れてしまう場合もあります。例えば女性の場合はメイクやファッションが疎かになってしまい、男性からすれば新鮮さが全くなくなりますよね。逆に女性からすると、男性のだらしない一面を見てしまい、自分は貴方の母親じゃないんだけどな…と思ってしまう人は少なくないのです。

同棲をしている以上、たしかに手抜きになる場面はたくさんあるでしょう。そうしないと逆にストレスとなってしまいますし、同棲しているからこそ見せなくては行けない一面というものもあります。それは相手への信頼の証でもあるので、全てをきっちりしなくてはいけないというわけでもありません。

しかし相手のだらしない一面、相手のために何かをしようとする努力が失われてしまえば、同棲して一緒にいる時間が長い分、異性として見れなくなる瞬間は早く訪れてしまうのです。同棲をしていたのに別れてしまった…そんな場合には、異性として見られるような努力を疎かにしていなかったのか、原因を振り返ってみましょう。

喧嘩を引きずりすぎた

同棲をしていれば当然喧嘩をする時もあるでしょう。喧嘩をしてしまうとお互い気まずい思いをしてしまいますし、顔を合わせたくない、出来れば会いたくない、と思ってしまいますよね。同棲中にそんな気持ちになってしまったら…早急に仲直りをしないと一気に関係は悪くなってしまい、別れの原因になるのも一目瞭然だと思います。

同棲をしていて喧嘩をし、それが原因で別れてしまうケースは少なくありません。喧嘩自体は些細なものだったとしても、お互い意地を張ったり素直になれなかったりすると、喧嘩の雰囲気は一気に悪くなることになりますよね。当然一緒に住んでいる家の雰囲気も悪くなるので、喧嘩を引きずれば引きずるほど家の空気は悪くなりますし、帰りたくない家となり生活リズムもどんどん合わなくなっていきます。別れの原因としては当然のものである、と言っても過言ではありませんよね。

相手の嫌なところが目についてしまった

同棲をしているといくら大好きな相手だったとしても、相手の嫌なところが目につくようになってしまいます。それはどうしても仕方がないことだとしても、嫌なところばかりが目につくと好きという気持ちはだんだん薄れていき、別れの原因に変わってしまうのです。

同棲をする上で嫌なところが目につくのは仕方がないものではありますが、出来るだけ嫌なところを見せないような努力をすることは出来ますよね。これをやったら嫌がるかもしれない、相手を不愉快にさせたりするかもしれない…そういった心遣いを忘れてしまえば、相手を知らずに不快な思いにさせてしまう可能性が高くなるのです。

嫌なところを極力見せない努力が同棲を成功させる秘訣となるので、同棲で別れてしまった人は相手へ嫌なところを見せていなかったか改めて振り返り、反省をしていきましょう。

家事分担を納得いく形でしていなかった

家事分担を納得いく形でしていないと、同棲はあっという間に別れを迎えます。やはり一緒に住む以上ある程度の役割分担は必要になりますし、お互いが納得している形で家事分担をしていないとトラブルの原因になります。

同棲で別れてしまう原因には、そういった家事分担が原因となるケースが多いので、今同棲している彼女がいるけれどちゃんと役割分担をしていない、分担をしているのにそれを果たしていない…という場合にはきっちりとやるように心掛けていきましょう。

またお互い忙しいにも関わらず、彼女に家事のほとんどを任せてしまうのも別れの原因になるので注意が必要です。いくら彼女が家事好きだったとしても、出来るだけ協力をするように心掛けてみたりして、完全に任せっきりにしないように気をつけましょう。やってもらって当たり前という態度は、同棲関係なく別れの原因になりますよ。

異性の影が見え隠れしてしまった

同棲をしていると距離が近すぎるあまりに、気付きたくない場所にまで気付いてしまう瞬間というものがあります。特に異性の影を感じる瞬間は、やましいことがある場合には必ず気付かれてしまうものでもあるので、出来るだけ彼女以外の女性と親しくなるのはやめたほうが良いでしょう。

たとえ下心や疑われるような関係ではなかったとしても、女性の勘はとても敏感であり、一度疑ったらずっと疑い続けてしまうものです。彼氏に女の影が見えた瞬間、同棲をしている家は一気に戦場となり、張り詰めた空気が部屋を覆ってしまうでしょう。

異性の影が見え隠れしてしまうと、女性は男性に対して汚らわしいという意識を持ってしまったり、相手の女性に対して敵対心を持つようになります。女性から別れを告げるパターンもありますが、彼女の必要以上の監視の目や束縛が厳しくなり、男性側が同棲を解消したくなるパターンもあるので、異性の影は真偽は別として別れの原因になりやすいと思っておくようにしましょう。

相手が何も出来なさすぎて片方に負担がかかった

同棲をしてわかる一面は良いことばかりではありません。同棲をして一緒に生活をしてみたら、想像以上に相手が何も出来なさすぎて片方に負担がかかってしまうというのは意外にもよくある話です。

特に男性側が生活感なさすぎて、彼女にばかり頼ってしまうというパターン。もちろん彼女は最初こそはしょうがないなあと思ってくれるかもしれませんが、まったくやろうとしない、やれるように努力をしようともしない姿を見るとだんだん愛想を尽かされしまうのです。

やはり同棲は支え合うことが大切。そのためどちらか片方に負担がかかれば当然同棲生活がストレスとなっていくので、何も出来なくても何かをしようという誠意が見えないと別れの原因になってしまうので注意をしましょう。

まとめ

いかがでしたか?同棲をしていて別れてしまった…そんなときに考えられる原因を紹介してきました。同棲は最初こそは盛り上がるものですが、後から一緒に過ごしていくと見えてくる相手の嫌なところとどのようにして付き合っていくか、が同棲を続けていく秘訣になります。

もし同棲をしていたのに彼女と別れてしまった、復縁をしたい…そう考えている場合にはもう二度と同じ過ちを犯さないためにも原因について改めて反省してみるようにしましょう。またこれから同棲を考えている、彼女が出来たら同棲をしたいと思っている男性は、別れの原因を作らないように今回紹介した原因を頭の中にいれて、意識して日々過ごしていくようにしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA