20代男の髪の毛が薄いのは○○が原因!今から見直す5つの対処法

毛 薄い) 髪の毛が薄いのは○○が原因!今から見直す5つの対処法-1




髪の毛が薄いと、どうしても周囲の目線や鏡が気になり憂鬱な気分になってしまいますよね。

抜け毛が多いと気になりつつも、「まだ大丈夫」と自分の髪の毛に対してなにもケアをしていないかもしれませんね。しかし、親の髪の毛は未だに量も多いのに、なぜ自分の髪の毛の方が薄いのだろうと疑問を抱いたことはないでしょうか。

20代になって髪の毛の薄い自分を鏡で見る度に、どうしたらいいのかわからなくなり、気持ちばかりが焦ってしまいますよね。

今回は、髪の毛が薄い原因を探りながら、少しでも髪の毛が薄くなることを防ぐための対処法を5つお伝えします。

夜10時には就寝を心掛ける

髪の毛が薄いのは、睡眠不足が原因とよく言われていますよね。

これは、ホルモンの乱れが関係しているのですが、睡眠時間が少ないとホルモンの分泌量が少なくなり、髪の毛までホルモンと共に血液の巡りが鈍くなってしまいます。

ホルモンの流れが頭皮まで髪の毛に行き届かずに、毛根が弱くなり髪の毛が薄くなってしまうという最悪の状態に・・・。

髪の毛が薄いと感じたら、新陳代謝を上げるために早めの就寝を心掛けましょう。

夜10時から深夜2時までの間は、髪の毛が発育する大切な時間です。早めに寝ることで寝不足も解消し、翌朝まで体の疲れも残らないでしょう。

バランスのとれた和食中心の食事に

髪の毛が薄いのは、栄養の偏りも大きいでしょう。

手軽に食べられるので、つい手を出しやすい高カロリーの脂っこい食事を好む男性に、髪の毛が薄い傾向が見られます。それは、老廃物が毛穴を塞いでしまうために髪の毛の育毛を妨げてしまうのです。

毛穴詰まりは、毛根を弱らせてしまうので、髪の毛が細くなり量が少ない髪質へと変わってしまいます。

毛根が強くしっかりした髪の毛を作るには、食事の管理は欠かせません。

髪の毛に肉というよりは、たんぱく質を含んでいる魚中心の和食に切り替えることによって、質の良い栄養分が作られるでしょう。

野菜も意識をしながら食べる習慣を身に着けると、血液もサラサラになりますのでよりヘルシーな体質に変化していきます。

頭皮マッサージのやり過ぎは逆効果

髪の毛が薄いからといって、頭皮マッサージを行う方がいますが、やり過ぎは毛根を傷めてしまうので気を付けてください。

刺激を与えて頭皮の血行を良くすることは、髪の毛にとって良い事なのですが、痛みや赤みが出てきたときは刺激が強すぎるので加減を調節しなければいけません。優しいマッサージを意識するのがポイントです。

シャンプーも同様に、髪の毛が薄い部分にシャンプーで洗い過ぎても、必要な皮脂まで洗い流してしまう事態に・・・。

髪の毛が薄いということは、頭皮も外部の刺激によって汚れやすくもあり、通常の状態よりも弱いので優しく刺激を与えるような感覚を持ちましょう。

仕上げのすすぎも強くゴシゴシ洗い流すのではなく、優しく念入りに石鹸カスを頭皮に残さないようにするのが、男の頭皮を守る秘訣です。

毛 薄い) 髪の毛が薄いのは○○が原因!今から見直す5つの対処法-2

ストレスを溜めない習慣を

髪の毛が薄いのは、心理的要素も関係しています。日頃のストレスが肩こりや歯痛に表れる方もいますが、直接髪の毛が影響を受ける方もいるのです。

ストレスで円形脱毛症になった・・・という話も、耳にしたことがありますよね。考えすぎると、自律神経が乱れ頭皮にまで血流が正常に流れなくなります。

頭皮に必要なホルモンも欲しがる量を頭皮にまで届けることができず、髪の毛がやせ細ってしまうのです。

もちろん、モルモン自体が体内で減少している状態になりますので、髪の毛の潤いや肌の艶もなくなり不健康に見えてしまいます。

髪の毛が薄いだけで、年齢も老けてみられるようになり良い事も感じられなくなってしまいます。

いつも悩みを溜め込んでしまう方は、ストレスを吐き出すことを実践してみましょう。

運動やカラオケで声を出すなどの、ストレス発散は髪の毛にも良い行いなのです。これだけで、頭皮への負担が軽くなり、髪の毛が薄いという悩みもこれ以上深刻化しません。

育毛剤も視野に入れる

髪の毛が薄いと感じて気になるということであれば、早めに育毛剤の使用もおすすめです。

髪の毛の薄い部分をそのまま放置をしていたら、髪の毛の薄さもどんどん進行していくことは確実です。

周囲にあまり気付かれないうちであれば、髪の毛が薄いことも悟られず発毛効果も高くなるでしょう。しかし、急に発毛効果が表れる訳ではありませんので、何事にも根気が必要です。

ドラッグストアで購入できるものもあれば、病院で処方されるものもありますので、深刻に髪の毛が薄いことで心配なことがあるのならば、医師の診断を受けてください。

なんとなく気になるのであれば、市販の育毛剤を取り入れながら上手に髪の毛のケアをしていきましょう。

まとめ

髪の毛が薄いのは遺伝も十分考えられますが、不規則な生活習慣こそが大きな原因です。

髪の毛が薄いと感じてもこれ以上薄くならないためには、今後の対策をしっかりと抑えて実行していかなければいけません。

面倒だからと後回しにしていても、髪の毛事情は悪化していくだけです。

毎日続けることは大変かもしれませんが、これ以上髪の毛の薄い自分にならないように、頭皮ケアを今から始めていきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA