子供嫌いはどうすれば治る?嫌いを克服する5つの考え方

子供嫌いはどうすれば治る?嫌いを克服する5つの考え方-1




子供嫌いな男性は少なくありません。

嫌いとまではいかなくとも、苦手だと感じていたり、接し方が良くわからない、出来れば接したくない…と思っている人も多いでしょう。

結果的に子供嫌いだと見られる事も多く、将来的に結婚をしたい場合や好きな女性から少しでも良く思われたいのであれば、少しでも子供嫌いは克服しておきたいもの。

そこで今回は子供嫌いを克服するための考え方について注目。

少し別の視点や考え方から子供を見てみると、今までの子供へのイメージが薄れていき、子供嫌いを克服する事が出来るかもしれません。

子供嫌いであることを自ら否定しない

子供嫌いな人にとって、子供と接することに対して苦手意識を持っていたり、子供そのものが理解出来ずに過度に距離を開けてしまう人もいます。

それは子供嫌いであるという事を意識し過ぎてしまっていて、さらに子供嫌いである事に対して負い目を感じているから無理をしている状態になっているのです。

そんな無理をしている状態では子供嫌いを克服する為の努力をしたところでストレスとなってしまい、子供嫌いにさらに拍車をかける事となってしまうので、まずは子供嫌いである事を自ら認めましょう。

人は、自分が不慣れだと自覚したものに対しては無理をほとんどしません。

力量をわかっているという事は無理をしない、少しずつやっていくものです。子供嫌いにも同じ事が言えるので、いきなり子供好きになろうとは思わず、子供嫌い、子供が苦手だからこその出来る範囲で克服の努力をしてみましょう。

子供に対して期待をしない

子供には常識は通用しません。それは無知だからであり、みなぎっている好奇心から行動や様々な考えを起こし、それらを学んでいきます。

だからこそ非常識な行動を取ってしまうものなのです。

子供嫌いの理由には、子供は何をするかわからないし疲れるというものがあります。

それは裏を返せば子供に対して大人と同じような振る舞いを求めて期待をしているから。期待をしたところで大人ではない子供はその期待に応える事は当然出来ません。

子供と接していく為には、子供には期待をしないこと、子供はそういう生き物であると割り切ってみると、子供嫌いという気持ちもだんだん落ち着いてくるでしょう。

得意な事をメインに子供と接する

子供は好奇心旺盛で単純です。それらを利用してみると子供嫌いを克服する事が出来るかもしれません。

そんな子供の心理を上手く利用した子供嫌いの克服方法というのが、自分が思う得意な事をメインに子供に接していくというものです。

あまりにも難しすぎるものは子供が理解出来ないかもしれませんが、例えば力に自信がある場合には、力持ちであるという事をアピールしてみると子供はあっという間に尊敬の眼差しであなたを見るでしょう。

思った以上に単純である為、すごいと思ったものには素直に反応をします。

尊敬をすればそれなりの接し方も覚えていきます。純粋な尊敬の眼差しを向けられれば、子供の事を少しは可愛いと思えるかもしれません。

子供嫌いはどうすれば治る?嫌いを克服する5つの考え方-2

子供と同じ目線で話を聞いてみる

子供嫌いの人は、子供が理解出来ないという理由から少し距離を取って接してしまうものです。

しかし克服をしたいと少しでも思うのであれば、子供と同じ目線で話を聞いてみましょう。

目線を同じにするというのは、子供の身長に合わせて自分がしゃがんでみたり、文字通り目線を同じ高さに調整するだけ。

案外目を見て話す事によって、子供の伝えたい事がしっかりと伝わってくるものです。

一生懸命伝えようとしている子供の健気な一面は胸を打たれるものもあるので、案外子供好きなのかもしれない…と自覚してしまう事もあるかもしれません。

子供の良いところを見付けてみる

子供嫌いの原因には、そもそも子供の事をよく知らないという事が挙げられるかもしれません。

何事も知らなければ好きにはなれませんし、固定概念がつきまとってしまうもの。固定概念だけだからこそ、子供嫌いになっているのかもしれません。

実際子供の良いところを見付けてみようと思って接してみると、色々な発見をする事が出来ます。

時には子供から学ぶこともあったりと、驚かされる事のほうが多いかもしれません。

子供も一人の人間であり、性格や個性があります。接してみて苦手な子供は確かにいるかもしれませんが、全てがそうとは限らないのです。

まとめ

子供嫌いである原因には、子供を知らないという事、子供に対しての固定概念や、嫌い、苦手だと思い込み過ぎてしまい自ら距離を取ってしまっているというものが挙げられます。

子供嫌いは自分が思っているよりも意外と簡単に克服する事が出来るようなものなので、もし子供嫌いを少しでも克服をしたいと考えるのであれば、子供に歩み寄って関わりを持ってみましょう。

もしかしたら子供嫌いと思っていたつもりが、実は大の子供好きという一面に自ら気付く事が出来るかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA