ストレスをためない自分になるためには?ストレスに負けないコツ




ストレスはためないようにしていても、知らない間にストレスをためこんでしまうことがあります。心と体が疲れていても、忙しいからと自分をごまかしながら日々過ごしていませんか?

自分は大丈夫と言い聞かせながら過ごしてしまうと、心と体が悲鳴をあげない限り自分のことを後回しにしてしまいがちですよね。ストレスが極限まで達してしまってからでは、元気な自分を取り戻すまでに時間が掛かってしまいます。手遅れになる前に、ストレスをためないようにするには、自分自身とどのように向き合っていけばいいのでしょうか。

考え込まない工夫をしよう

shutterstock_373621339ストレスをためないためには、悩みの種を考え込まないことではないでしょうか。一度深く考え込んでしまうと、ストレスのループから抜け出せなくなってしまいます。考え込んでしまうと、マイナスの発想ばかりが脳裏を駆け巡ることがありますよね。このままでは、自分自身でストレスの原因を膨らませてしまい、抱えきれなくなることも・・・。

好きなことに没頭する

ストレスをためないようにするには、趣味や好きなことに没頭するといいとよく耳にしますよね。嫌なことをモヤモヤ抱えていても、仕事やプライベートで支障が起きてしまう可能性も捨てきれません。たまったストレスは、好きなことに打ち込んで忘れてしまいませんか?

好きなことに打ち込んでいるときは、ストレスのことなど吹き飛んでしまいますよね。気持ちのリフレッシュになり、新たな気持ちで取り組めることでしょう。今までストレスで集中できなかった頭の中も、これでスッキリするかもしれません。

体を思いっきり動かす

ストレスをためないためには、体を動かすと嫌なことはその日のうちに消化できると言われています。運動は面倒だと思っていても、取り組むことで心と体を元気にしてくれますよね。久しぶりにジョギングやトレーニングをすると、運動不足だったことにも気がつき健康にも気を配ることができます。

無心に体を動かすと、悩んでいたことや考えていたことも、小さなことのような気持ちに感じませんか?どうしてこんなに悩んでいたのだろうと、心がフッと悟りを開いたかのような気持ちになることがあります。汗を流しながら、自分自身を立ち止まってみるきっかけになるでしょう。

体もしっかり休ませる

shutterstock_475373395ストレスをためない工夫は、心の中をスッキリさせるだけではありません。体だって、ストレスを感じるものなのです。気を張り詰めてばかりいると、肩にも知らぬ間に力が入ってしまいますし、眉間にも力が入ってしまいますよね。力を抜くことで、体も開放されることがあります。

ストレスによっていろいろなことに支障が起きると、改めて心と体が繋がっているということを考えさせられますよね。体を休ませて、明日に備える準備もストレスをためない秘訣になります。

入浴で体をほぐす

ストレスはためないようにしていても、体のケアまではなかなかできないものです。そんなときは、お風呂にゆっくり入りませんか?いつもシャワーのみ、という方は元気がでないと感じたときは、浴槽にお湯をためて入るとリラックスできて気分も上がりますのでお試しください。

自宅のお風呂も良いですが、仕事帰りにスーパー銭湯に行って広いお風呂で体をほぐすのもおすすめです。気分転換になりますし、自宅で入るお風呂と違ってサウナや変わったお風呂があるので、バラエティーに富んでいますよね。いつも自宅で入るお風呂より、長めに体を温めてほぐすことができる気がします。ストレスも気づいたら、忘れていることでしょう。

寝ることでリセットしよう

ストレスをためないためには、睡眠時間を削らないことです。忙しいときは、どうしても睡眠時間の確保ができないことが多くなりますよね。寝不足状態が続いてしまうと集中力も低下し、トラブルの要素が増えてしまうことも。ストレスをためないはずが、これではストレスをためてしまうばかりですよね。

睡眠時間だけは、どんなに忙しくてもきちんと確保しておくことが、ストレスをためない方法のひとつになります。やり残したものは朝方に行うなどの調整をしながら、最低でも6時間睡眠がとれるような生活スタイルを作り上げることが求められます。

自分を知ってストレス回避

shutterstock_104844533

ストレスはためないことが一番ですが、事前にストレスがたまる前になんとかしたいものですよね。そのためには、自分自身をよく知らなくては、ストレスを見過ごしてしまうことも多いでしょう。

自分自身を知っていると自負していても、ストレスをためてしまうようでは、意味がありませんよね。ストレスになる手前を知るには、どうしたらいいでしょうか。

自分のできる力量を知っておく

ストレスをためないために、あなた自身の力量をしっかり見極めなければいけません。自分はもっとできるはずだ!と頑張っていても、無理をしすぎた結果がストレスに繋がってすまいことがあります。

目標を高く掲げることは、素敵なことですよね。なりたい自分になるために向上心を持ち続けることは、必ず糧となるはずです。しかし、自分自身でストレスを感じてしまっている状態では、現状を見つめ直すべきではないでしょうか。どこまでだったら、無理をしないでこなせることができるのかを、再度考えて行動することも必要です。

弱点を理解して行動する

ストレスをためない自分になりたいと思ったら、自分の特徴をきちんと把握することから始めませんか?自分のことはわかっているつもりでいても、意外な弱点に気づかないこともありますよね。

自分自身を見直してみると、どんなことでダメージを受けやすいのかがわかるので、ストレスにならないような行動が自らの判断でできると、気持ちも上向きになれるはずです。自ら前を向く姿勢こそが、ストレスに勝てる証なのです。

ストレス解消法を用意しておこう

shutterstock_334691315

ストレスをためないためには、ストレスの解消法も知っておくと楽になります。心も体もストレスで満タンになってしまったら、ストレス発散をしなければいけません。

できることならば、あなたに合った解消法でストレスから解放されたいですよね。ため込み過ぎる前になんとかしたいところですが、その場でササッと解消できたら・・・なんて思いませんか?簡単にストレスを解消させるにはどうしたらいいでしょうか。

愚痴をこぼす

ストレスはためないことが望ましいですが、たまってしまったストレスは、その日のうちにスッキリ解消したいものです。今日の嫌な出来事は、友達や家族に愚痴をこぼしてみませんか?

気心が知れた仲間や家族の前では、自分の気持ちを吐き出しやすいですよね。愚痴を言い合える仲間がいると、肩の荷が下りたように心も軽くなります。愚痴をこぼすことは、決して悪い事ではありません。あちらこちらに愚痴をこぼしてしまうのも困りますが、この人だけと決めておくと心置きなく話すことができるはずです。

ノートに気持ちを吐き出す

ストレスをためない秘訣として、手帳やスマホのメモ帳に困ったことや、嫌だったことを書き記す方法があります。たったそれだけ?と感じてしまう方もいるかもしれませんが、それだけでいいのです。

書き出すことでストレス解消に繋がり、何が原因だったのかを改めて客観的に振り返ることができるのでお試しください。原因がわかると解決策を冷静に考えることもできて、対応ができるようになりますよね。自分で分析できれば、ストレスをためないことができるようになるでしょう。

まとめ

ストレスをためないようにと気を配っていても、心と体が元気いっぱいの状態でなければ難しいですし、すぐにストレスがたまってしまいます。全てにおいて全力で取り組んでいきたいところですが、無理だと感じたときは、周囲に助けを求めることも必要です。

自分に厳しいばかりでは、ストレスをためないつもりがストレスを背負ってしまうことも・・・。肩の力を抜きながら、ストレスと気軽に付き合っていくことを目標にしていきたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA