MENU

特化ブログと雑記ブログはどっちがおすすめ?経験者が回答します

悩める人

「特化ブログ」と「雑記ブログ」があるらしいんどけど、自分はどっちが向いてるんだろう…?

ブログ初心者

この2つの違いってなに?

そんな疑問にお答えします!

マツナガ

これまで特化ブログ・雑記ブログをいくつも運営してきた私が回答します

ブログに関して調べていれば一度は「特化ブログ」「雑記ブログ」という言葉を見たことはあるでしょう。

ブログはこの2種類にカテゴライズすることができます。

「どちらが良いの?」とよく話題になることが多いですが、結論から言うと”どちらも一長一短”なので優劣は付けづらいです。

ブログを副業として考えても、どちらの場合でも収益を上げることは十分に可能です。

マツナガ

当ブログは、特化ブログと雑記ブログの良いとこ取りな「ハイブリッド型」です

ただし、SEOを重視するなら「特化ブログ」の方がGoogleのアルゴリズム的には有利かなと感じます。

当記事では、特化ブログと雑記ブログについて詳しく解説していきますよ。

目次

特化ブログは「特定の分野に絞って書くブログ」

特化ブログとは、何かのジャンルしか記事として扱わない「特定の分野に絞って書くブログ」のこと。

特化ブログのジャンル例
  • ダイエット
  • キャンプ
  • ファッション
  • 商品レビュー
  • 脱毛
  • 映画批評

ここには書き切れないほどのジャンルがあると思います。

当ブログの『副業BEYOND』も副業ブログ・ブログ運営という「ブログ」をテーマにした特化ブログにあたります。

特化ブログのメリットは、そのジャンルに興味を持ったユーザーだけを集めることができるということです。

そのようなユーザーを集めることで、そのジャンルのアフィリエイト商品・サービスを紹介した際の成約率が非常に高くなります。

また、同一ジャンルを扱っているということで、サイトに1度流入すれば他の記事も読んでくれる可能性も高いです。

興味のないジャンルへのリンクがたくさんあっても興味がない人はまず見ません。

同一ジャンルだからこそ、「他にはどんな記事があるんだろうと?」と興味を持ってもらえて隅々まで読んで貰えるかもしれません。

また、近年のSEOでは「専門性」「権威性」が重要視されています。

色々なことについて手当たり次第書かれたブログと、ある1つのことだけに書かれたブログでは、どちらの方が信頼度が高そうですか?

Googleもこの視点でしっかり見ていて、より専門性・権威性が高い記事を検索上位にする傾向が増えました。

このような理由からSEOで考えても特化ブログにはメリットがあると言えますね。

デメリットは1つのジャンルのみを扱ったブログなので、ネタ切れに陥りやすいということでしょうか。

例えばファッション雑誌なのに、いきなりキャンプグッズの紹介なんてしたら変ですよね?

なので、特化ブログを始めるには「初めからそのジャンルの専門知識を持っている」もしくは「最初に猛勉強してそのジャンルの知識を身に付ける」かでないと、継続して記事を更新していくのはモチベーション的にも難しいですよ。

雑記ブログとは「特定の分野に絞らずに書くブログ」

雑記ブログとは、ジャンルを問わずなんでも投稿するタイプの「「特定の分野に絞らずに書くブログ」のことです。

特化ブログとは真逆に位置します。

特化ブログのメリットは何と言っても、ジャンルがないことによるフリースタイル感

書く記事に指定がないので、エステ・脱毛・ファッション・商品レビュー・キャンプ・車など、ネタさえあればなんでも投稿OKです。

ブログを運営する上で記事を書き続けることが常に付き纏います。

「ブログのネタが尽きない」というのは長くブログを運営する上で大きなアドバンテージになりますよ。

私が運営しているブログに1つ雑記ブログがありますが、記事を書きやすいことから他のブログよりも記事数がダントツで多く、今でもある程度の額を稼ぎ続けてくれています。

デメリットは、「特化ブログ」のメリット部分で触れていますが、Googleは「専門性」「権威性」を重視しています。

よって、ブログが雑記だった場合は「専門性」という点での評価が期待できなくなりますし、「権威性」と言う面も薄れてしまうので、SEO面では不利になると考えられます。

とはいえ、雑記ブログでも上位表示しているサイト・ブログはたくさんあるので、この面だけで雑記ブログはダメだと判断する必要はありません。

Googleにだけ依存せず、SNS経由からも流入を狙っていくように工夫すれば雑記ブログでも問題なく運営していけると思います。

特化ブログと雑記ブログはどっちがおすすめ?

特化ブログに向いてるのはこんな人

個人的な感覚ですが、特化ブログに向いてるのはこんな人でしょうか。

  • ある分野に精通している
  • SEOを重視する
  • 統一感を気にする

ある分野に精通していてその分野でブログを書けそうであれば、特化ブログがおすすめです。

先駆者がいても自身の知識を存分にブログに入れ込むことで、超レッドオーシャンなジャンル以外であれば収益化も十分可能だと思います。

また、近年のGoogle検索のランキング要因として「専門性」「権威性」が重視される傾向にあるため、SEOを重視するのであれば特化ブログにしておいたほうが雑記ブログよりもアドバンテージが取れるかもしれません。

雑記ブログに向いてるのはこんな人

個人的な感覚ですが、雑記ブログに向いてるのはこんな人でしょうか。

  • ジャンルに縛られたくない
  • ある分野に精通しているわけではない

特定のジャンルに縛られず、ガンガン記事を書いていきたいという方にはおすすめです。

最初のジャンル選びで悩んでしまってブログの1歩目をなかなか踏み出せないのなら、雑記ブログとしてとりあえず始めてしまった方がいいですよ。

雑記ブログ途中から方向転換して特化ブログへの変更も簡単にできるからです。

ちなみに「ある分野に精通しているわけではない」という人の方が圧倒的に多いので、知識がないよ…という方でも心配無用です。

私も始めてブログを始めた時はWEBマーケティング会社に所属こそしていましたが、ブログについては初心者だったので、ブログ運営しながら勉強していきました。

広告との相性の良さ

雑記ブログ × クリック型広告

雑記は何でも書くことができるのが特徴です。

よって記事ネタに困ることも少なく、記事を大量に書くことができることからブログへのアクセスも様々なキーワードから集めやすくなります。

よって、アクセスを集めれば集めるほど収益が拡大するGoogleアドセンスといったクリック型広告とは相性が良いです。

最近でいえば「テレワーク」「リモートワーク」「キャンプ」といった流行りの記事も雑記型ブログなら気軽に書くことができるのもメリットの1つ。

雑記型のブログを運営している、運営していこうと考えている方はクリック型広告の導入はマストです。

特化ブログ × 成果報酬型広告

成果報酬型のブログは読者に商品の購入・サービスへの申込みをしてもらわないことには収益が発生しません

特化ブログの場合、ある特定のジャンルに特化させて運営している分、流入してくるユーザーは運営ジャンルに興味のあるユーザーばかりということになります。

はじめから興味・関心の強いユーザーを集められることから、例えアクセス数が少なくても広告の成約率は高くなります。

よって、記事数は雑記型ブログと比べると量産しづらい特化ブログは、少ないPV数でも成約させやすい成果型報酬との相性は抜群です。

特化ブログと雑記ブログの「ハイブリッド型」もアリ

当ブログは特化ブログと雑記ブログの「ハイブリッド型」で運営しています。

当ブログでは下記の3つをテーマにして自身で記事をカテゴライズしています。

  • 副業
  • ブログ
  • アフィリエイト

このようにテーマを複数個選んでブログを書いても全く問題ありません

可能であれば選ぶテーマがそれぞれ似ていたり、類似しているテーマが望ましいです。

  • 旅行情報
  • マイルの貯め方
  • クレジットカード

上記のようなテーマであれば、それぞれが関係しているので相乗効果を生む可能性があるからです。

内部リンクも自然に送り合えるので読者を他の記事に誘導しやすいメリットもありますね。

特化ブログと雑記ブログの良いとこ取りな「ハイブリッド型」という選択肢もありますし、完全にどちらか1つを選ぶ必要もありませんよ。

まとめ

特化ブログと雑記ブログについて理解できたでしょうか?

カテゴライズこそされていますが、どちらで始めたとしてもブログでやることは同じですし、どちらも後か方向転換することも当然可能です。

どちらにしようか悩んでいる時間がもったいないので、とりあえずブログを開設して記事を1本書いてみるところから始めてみるのがおすすめですよ。

よかったらフォローしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
目次
閉じる