MENU

SWELLで不具合が発生したらするべき4つの解決策

悩める人

SWELLに変更して使ってるんだけど、WordPressの調子がなんか変…

ブログ初心者

SWELLを使っててエディターの表示がなんか変なんだけどなんでだろう?

こんな疑問・質問に回答します!

記事を書いてる人

人気の有料テーマ『SWELL』を導入したのはいいけど、なんかWordPressの調子が悪い…そんな不具合に見舞われていませんか?

実際に私もSWELLに変更した直後に不具合が発生して、解消までに無駄な時間を使ってしまいました…

でも安心してください。

この経験を元に適切に対処さえすれば、ほとんどの不具合を直すことができますよ。

本記事では、SWELLに移行後にWordPressの調子が悪い…という方のために、4つの解決策について詳しく解説していきます。

目次

まずはGoogleで起きた不具合を検索してみよう

SWELLを使っていて何らかの不具合が生じたら、自分で解決策を探す前にまずGoogleで不具合について調べてみましょう。

自分の環境で不具合が生じたということは、SWELLを使っている他の方にも発生している可能性が高いです。

不具合の症状と解決法をセットで記事にしてくれている方がいるかもしれないからです。

先人の知恵を借りたほうが早いので、まずはGoogleで同じような症状の方がいないか検索してみることをおすすめします。

SWELLで不具合が発生したらするべき4つの解決策

①:ブラウザのキャッシュを削除

「設定を変更したのに適用されない」といった不具合が生じた時には、ブラウザのキャッシュ機能が原因であることが多いです。

対処方法としては、ブラウザのキャッシュを削除して再度確認してみてください。

Google Chromeのキャッシュ削除

Macの場合:[Shift] + [command] + [delete]

Windowsの場合: [Shift] + [Ctrl] + [Delete]

この3つのキーを同時に押すと下記のような画面が表示されます。

「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れてデータ削除ボタンを押せば、簡単かつ素早くキャッシュを削除することができます。

特にブログを始めたばかりの方・WEBに詳しくない方はよく引っかかる症状なので、今後のためにも覚えておきましょう。

マツナガ

ちなみにGoogle Chromeのシークレットモードでもキャッシュは残ります

②:バージョンを最新にする

「SWELLには○○という機能があるらしいんだけど、一切見当たらない…」という時は、SWELLのバージョンが最新でない可能性が高いです。

テーマの更新を確認するには、WordPressの管理画面の「ダッシュボード」➡︎「更新」に移動します。

ここでWordPress本体・プラグイン・テーマごとに更新の有無を確認することができますよ。

特別な理由がない限りは常に最新バージョンに更新を欠かさないことをおすすめします。

③:プラグインによる干渉を解消する

SWELLを使っていて私が実際に遭遇したのが、プラグインの干渉による不具合です。

公式サイトで紹介されているように、SWELLに相性の良いプラグイン・相性の悪いプラグインがあります。

結論から言うと、その中で紹介されていた「Advanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)」というプラグインが原因で不具合が起こっていました。

エディタの拡張ができる便利なプラグインなので長年愛用していたのですが、テーマをSWELLに変更してからも有効化しっぱなしでした。

幸いブロックエディタでは不要なので迷わず削除することに。

プラグインによる不具合かどうか調べる場合、インストールしているプラグインを1つ停止しては確認、1つ停止しては確認…と地道に進めていくしかありません。

場合によっては2個以上のプラグインが干渉している可能性も否めないので調べるのは大変ですが、この方法が確実です。

不具合に悩まされたくないという方は、SWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについて「相性が良いと記載されているプラグインしか導入しない」というのも1つの手です。

マツナガ

ちなみに当ブログでも不具合に余計な時間を取られたくないので、推奨プラグインのみを使っています

④:親テーマで直接編集していないか確認する

SWELLをインストールした方で、子テーマでカスタマイズしている方も少なくないでしょう。

子テーマ側でstyle.cssやfunction.phpを編集していれば、本体テーマが更新されても編集内容が消えないため、子テーマを利用するメリットは大きいです。

ただ、子テーマを使うのを忘れていて親テーマ側のstyle.cssを使っていた場合、SWELLのバージョンUPが来た時に更新してしまうと、編集した内容が全てリセットされてしまいます。

この関係性を理解せず、「この前カスタマイズしたのに適用されなくなってる…なんで…」と不具合だと勘違いしてしまうといったパターンもあると思います。

SWELL公式サイトでも子テーマを推奨しているように子テーマを使わない理由はないので、まだ利用してないという方は今すぐインストールして適用しておきましょう。

それでも解決しなかってらサポートフォーラムに投稿しよう

本記事でご紹介してきた解決策でSWELLで発生する大体の不具合は解決するんじゃないかと思います。

それでも、人のよって使っているサーバーも、WordPressのバージョンも、プラグインだって違うので、不具合は完全に防げるわけではありません。

どうしても解決しない場合は、SWELL購入者限定のサポートフォーラムで質問をしてみましょう。

サポートフォーラムでは同じSWELL購入者の有志や開発者の了さん(@ddryo_loos)が直接質問に回答してくれるかもしれないので、確実に不具合を解消することができますよ。

ただしマナーは大切で、質問を投稿する前に「過去同じ質問が投稿されていないか」をフォーラム内で検索するのを忘れないでください。

同じ内容のスレッドを乱立させないことが掲示板でのマナーとなっています。

まとめ

最後にSWELLで不具合が発生したらするべき4つの解決策について再掲します。

  1. ブラウザのキャッシュを削除
  2. バージョンを最新にする
  3. プラグインによる干渉を解消する
  4. 親テーマで直接編集していないか確認する

基本的にはこの4つを解決策と「Googleで不具合について検索」のあわせ技で不具合は解消することが多いです。

それでも解決しなかった場合は、SWELL購入者専用のサポートフォーラムを上手く活用しましょう。

不具合は発生したら、先延ばしにせずその場で解決するのがベストなので、サクッと直してバシバシ記事を作成していきましょう。

よかったらフォローしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
目次
閉じる