MENU

ワードプレスの有料テーマを『SWELL』に決めた2つの理由

悩める人

SANGO、AFFINGER、THE THORなどある中で、なぜ『SWELL』を選んだのかその理由を知りたい…

そんな方のために私が『SWELL』に決めた理由を回答します。

『SWELL』の導入に迷っている方は、この記事が”決め手”になるかもしれませんよ!

記事を書いてる人

WordPressに有料テーマを導入しようかなと考えている方は多いと思いますが、「ワードプレス 有料テーマ おすすめ」でGoogle検索すると、人気・話題の有料テーマがたくさん出てきますよね。

よく目にするのは下記の有料テーマではないでしょうか?

  • SANGO
  • STORK
  • AFFINGER
  • THE THOR
  • 賢威
  • JIN
  • DIVER

私はこのブログ以外で『STORK』と『SANGO』を使ったWEBサイトを持っているので、当ブログ【副業BEYOND】もすでに購入してあるテーマを利用すれば良かったのですが、『SWELL』を購入することにしました。

それにはあくまで個人的な意見ですが、大きく2つの理由があります

この記事ではその理由について掘り下げて回答していきたいと思います。

目次

『SWELL』を選んだ理由1:圧倒的なスマホの表示速度

1番の理由と言ってもいいのが「圧倒的なスマホの表示速度」です。

ブロガー界隈でも話題になっていますが、Googleが提供しているサイトの表示速度を計測できるPageSpeed Insightsでの結果が、『SWELL』はほぼ満点を獲得するレベルで良いんです。

コンテンツ量・カスタマイズ内容が両者で全く異なるのであまり参考になりませんが、私も『STORK』と『SANGO』を使っている自身のサイトで試してみました。

PageSpeed Insightsでの結果はどららも表示速度は悲惨なものですね…

SANGOを使ったサイト
STORKを使ったサイト

その点、『SWELL』は公式サイトの特徴にも書かれている通り「高速化機能」を始めからテーマに内蔵していて、高速化用のプラグインを入れる必要もないくらい最適化されていて早いです。

WordPressは自身で色々とカスタマイズしていくごとに重くなっていきますが、「不要な機能に関するCSSは読み込まない」といった工夫もされているとのことで高速化に関するメンテナンスもしなくてOK。

示速度の数値を他の有料テーマと比較されている方もいますが、『SWELL』は他を寄せ付けない圧倒的な速度を叩き出しているので、表示速度についての信頼性はほぼ間違いないでしょう。

では、私がなぜ表示速度にこだわっているかというと、Googleは2018年から「ページ(サイト)の読み込み速度」をモバイル検索のランキング要素を決定する指標として使用しているです。

>> ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

さらに、2021年から実装される予定のCore Web Vitals(コアウェブバイタル)でも「ページの表示速度」と「ページ操作に反応するまでにかかった時間」がランキング要因として重視されるとされています。

Googleアナリティクスなどを使って自身のブログを解析したことがある方なら予想がつくと思いますが、ブログを読んでいる方の8〜9割はスマホから見ています。

この傾向は私が運営している他のサイトでも見られるので間違いありません。 

5Gの本格普及も控えていますし、これからの時代は確実にスマホファーストが更に進んでいくわけです。

ブログのSEO面でこれから戦っていく場合は「スマホの表示速度」と「応答速度」は非常に重要度の高いランキング指標であると判断したことから、『SWELL』の圧倒的なスマホ表示速度に惹かれたわけです。

『SWELL』を選んだ理由2:ブロックエディターに完全対応

これは長期間ブログを運営していく上でとても興味があったので「試してみたかった」というのが本音になります。

知らない方もいるかもしれませんが、WordPress5.0から『Gutenberg』というブロックエディターが実装されました。

その時はずっとHTMLエディターで記事を書いてきた私にとって使いづらすぎたため、すぐにクラシックエディターを導入して元に戻しました。

ただ、クラシックエディターは使い慣れたエディターではありましたが、面倒もあったのは確か。

AddQuicktag』というプラグインをインストールして、そこに利用頻度の高いショートコードやHTMLを登録して都度呼び出すということをしていました。

太字・色付き文字・文字のサイズ・背景色・ボックス装飾・吹き出しなどは全てショートコードで管理していましたが、変更の度に書かれているHTMLを消し、またハイライトして登録をしているタグをクリック…とリライトや修正が個人的にはかなり面倒だったんですよね。

また、記事が長くなってテキストとHTMLだらけになってくると、どこがどうなっているのかを確認するためにプレビューを何度も見る…という動作も煩わしくなってました。

ところが、SWELL公式サイトでブロックエディターの操作動画を見ると、WordPressのプレビュー画面で直接記事を編集できるし視覚的に非常にわかりやすいではありませんか。

記事を書く時の時間コストを大幅に削減できる」と謳っているだけあって、装飾類も直感的なマウス操作で簡単にやっているところも理想的で、修正もほぼマウスでポチポチクリックするだけで完結していて「これはぜひ自分ので手で試したい!」と思ったわけです。

まとめ

『SWELL』は人によって良いと思った点は様々だと思いますが、私の場合は紹介した2点において【副業BEYOND】を立ち上げた時点でベストな有料テーマだったわけです。

これからブログを始める方、テーマの変更を考えている方に言いたいのは、間違いなく『SWELL』は良いテーマだとうこと。

『SWELL』はブロックエディターを使ってなんぼのテーマだと思うので、クラシックエディターに慣れている方はブロックエディターへの移行に最初は手間取ると思いますが、慣れてしまえば逆にクラシックへは戻れないはずですよ。

よかったらフォローしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
目次
閉じる