MENU

手順通りやればOK!WordPressブログの始め方を徹底解説【画像20枚付き】

悩める人

WordPressでブログをはじめようと考えてるけど、まず何をすればいいの?

ブログ初心者

文章だけじゃなくて画像を使って手順通り教えて欲しい!

そんな疑問・要望に答えます!

記事を書いてる人

アメブロ、はてなブログと違って”WordPress”と聞くと難しいイメージを抱く方もいるかもしれませんが、実は想像以上に簡単なんです。

この記事を読むメリット
  • WordPressブログを開設できる
  • 手順を見て迷わずに進められる
  • 解説語の初期設定もご紹介
マツナガ

「手順通りにやれば誰でも簡単にWordPressでブログが始められる」ことをコンセプトに記事を書いています

当記事では、手順通りに進めれば完全初心者でも迷わず開設できるように画像20枚以上を使ってSTEP形式で徹底解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

目次

準備1:WordPressを始めるのに必要なものを確認しよう

まずは事前準備としてWordPressの開設に必要なものを確認していきたいと思います。

  • ドメイン(住所)
  • サーバー(土地)
  • WordPress(家)

ではそれぞれ解説していきます。

▼ ドメインとは?

ドメインはインターネット上の”住所”の役割を担うものでWEBサイトのURLとなっている部分です。

当ブログの場合は「https://mencole.com/」太字にしているmencole.comがドメインになります。

基本的には年間契約となっていて年間1,000円くらいで好きな文字列のドメインを利用することが可能です。

▼ サーバーとは?

サーバーはインターネット上の”土地”の役割を担っています。

サーバーがないと住所(ドメイン)を登録できませんし、家(WordPress)も建てられません。

実際に箱型の機材を家に置いたりするわけではなく、レンタルサーバー会社のサーバーの一部をレンタルする形で利用することになります。

レンタルサーバー会社や契約プランによって様々ですが、各社ともに1年契約することで月額1,000円前後で利用することができますよ。

この記事では当ブログが利用しているレンタルサーバーmixhostを例にとって解説しています

▼ WordPressとは?

WordPressはホームページ作成に関する専門知識が持たなくても簡単にメディア(ブログ)を立ち上げることができるシステムのうちの1つ。

WordPressはプログラミング知識がなくても、WordPressの操作方法にさえ慣れれば誰でも簡単にブログを管理することができることから圧倒的な人気があります。

WordPress自体は利用料などは発生せず永年無料で利用可能です。

準備2:WordPressクイックスタートを活用しよう

WordPressクイックスタートとは、サーバーでのWordPressの立ち上げを誰でも簡単にできる仕組みのこと。

従来であればWordPressの立ち上げまで数時間かかっていましたが、WordPressクイックスタートを利用することでわずか10分で立ち上げを完了することができるんです。

サーバーについての知識が一切なくても手順に従ってボタンをポチポチすれば良いだけなので安心してください。

WordPressクイックスタートを利用しない場合は、ザックリと書いても大体このぐらいの手順を踏む必要があります。

ドメインが反映されるまで時間がかかるので、慣れていないと半日くらいかかってしまうんじゃないでしょうか。

契約と同時にレンタルサーバーでドメインもまとめて契約するため、従来の半分以下の手間でWordPressの立ち上げが完了します。

ブログ名・ドメインが決まっていれば早くて10分くらいで終わると思いますよ。

当記事ではGoogleの検索順位において重要指標となっている「表示速度」の満足度No.1の人気レンタルサーバーmixhostでのWordPress立ち上げを例にしていますが、クイックスタートが使えるサーバーはいくつかあります。

WordPressクイックスタートを利用できるレンタルサーバー

mixhostは月額料金も安く、月間数十万アクセスがあっても余裕で耐えられるスペックの人気サーバーですが、他に契約したいサーバーがある場合は、そちらのWordPressクイックスタートを利用してくださいね。

WordPressクイックスタート取得済みのドメインでは利用できないサーバーもある

マツナガ

mixhostでは取得済みドメインを使ってWordPressクイックスタートを利用できます

手順通りに進めればOK!WordPressブログの作り方

表示速度の満足度No.1の人気レンタルサーバー『mixhost』のクイックスタートを利用したWordPressブログ開設手順を説明していきます。

STEP1:mixhostの申し込み

まずはレンタルサーバーの契約を行います。

『mixhost』を利用する方は下記のボタンから公式ページに移動してください。

公式ページに移動すると下記のような画面になるので、矢印の箇所を選択してください。

ここから料金プランの選択画面に移ります。

STEP2:料金プランを選択

料金プランについて、まずは最も安価なスタンダードプランを契約しておけば間違いありません。

12ヶ月契約をすることで月額約1,000円程度で利用することができるので、自分のモチベーション維持のためにも12ヶ月プランを契約することを強くおすすめします。

mixhostでは12ヶ月以上のプランを契約することでドメインをサーバーの契約が続いている限り、ドメインを”永久無料”で利用することができますよ。

マツナガ

スタンダードな「.com」も対象なのがポイント

STEP3:WordPressクイックスタートを「利用する」にチェック

WordPressクイックスタートは「利用する」にチェックマークを入れましょう。

そうすると新しいウィンドウが開き、「サイトのタイトル」・「ユーザー名」・「パスワード」を入力する欄が表示されます。

「サイトのタイトル」 ➡ ブログの名前

「ユーザー名」 ➡ ログイン時に入力するID

「パスワード」 ➡ ログイン時に入力するパスワード

これらは後から変更することができるためブログの名前などは仮で入力してもOKです。

それぞれ入力を終えたら次にSTEPに進みましょう。

STEP4:ドメイン名を決定

次にブログの住所となるドメインを決めます。

ここで入力したドメイン名はそのままブログのURLとなります。

  • ドメイン名は好きなものを利用すればOK
  • 英数混合(特殊文字は不可)
  • 他人がすでに利用している文字列は利用不可
マツナガ

自分が作るブログ名を文字列にする方が多い印象ですが、基本的に何でもOK

文字列を入力後に「検索」ボタンを押してください。もし誰かが使っていた文字列であれば再入力を求められます。

使える文字列だった場合は下記のような画面が表示されますよ。

ドメインは後から変更することはできないため、間違わないように誤字・脱字がないか何度も確認しましょう。

マツナガ

ドメインのお尻にある「.◯◯」を何にしようか迷ったら「.com」にしておけば間違いなしです。SEOにおいて何にしても差はありません。

日本語ドメインでも登録はできますが、ブラウザ以外では一見スパムのようにも見えてしまうのでおすすめしません

また、Whois情報公開代行無料/1年についての記載がありますが、チェックは入れたままでOKです。

Whois情報公開代行とは?

Whois情報公開代行を利用しないと、会員情報欄で入力した名前・住所・電話番号などが全てインターネット上からアクセス可能になってしまいます

公開していてメリットは一切ないのでWhois情報公開代行のオプションはONにしておきましょう。

ONにしていればレンタルサーバー側で隠してくれるので個人情報は守られます。

STEP4:会員情報の入力

続いて、会員情報を入力していきましょう。

種別:

お名前:

国:

郵便番号:

都道府県:

市区:

町村:

番地:

電話番号:

メールアドレス:

パスワード:

などの入力が必要になります。

会員情報の入力が完了したら「次へ」を選択してください。

12ヶ月契約だとドメイン代が無料になっているのがわかると思います

続いて、支払い方法の入力に移ります。

STEP5:支払方法を入力すれば申込み完了

支払方法を入力しましょう。選べる方法は「クレジットカード」か「銀行振込」です。

マツナガ

おすすめはクレジットカード。自動更新で支払い忘れでのブログ消失を防げるからです

最後に「利用規約に同意しました」にチェック入れ、申込み内容を確認したら「お申し込み」を押せばブログ開設完了です!

マツナガ

おめでございます!この時点であなたのブログがすでにWordPressによって作成されています

引き続き、WordPressへのログインの解説をしていきます。

早速ログインしてみましょう!

もしこの段階でWordPressのログイン画面が表示されなければサーバー側の処理待ちの可能性が高いです。少し時間を再度ブログのURLにアクセスしてみましょう

WordPressにログインしよう

WordPressで作られた自分のブログにログインしてみましょう。

レンタルサーバーのマイページからログインページを開けますが、自分で決めたドメインの末尾に「/wp-login.php」を付けるだけでログインページが表示されますよ。

(例)https://◯◯◯.com/wp-login.php

マツナガ

今後は頻繁にログインしていくことになるので、ログインページのURLはメモアプリやEvernoteなどで管理しておくのがおすすめ

ログインページが表示されたら◯に設定したユーザー名・パスワードを入力してログインしましょう。

すると、下記のようなWordPressの管理画面が表示されます。

ここから様々なカスタマイズをして自分だけのブログを作っていくことになります。

WordPressの最初にやっておきたい初期設定

WordPressを開設して終わりではありません、ここからが始まりです。

まずWordPress立ち上げたら必要最低限の初期設定を行っておきましょう。

主にやることは5つあるので必要順にそれぞれ開設していきます。

1:パーマリンクの設定

まず1番最初に「パーマリンクの設定」を行いましょう。

記事を作成する前からやっておかないと、後から変更する場合はとても苦労するので絶対最初に設定してください。

パーマリンクとは

パーマリンクとはページ毎に設定されるURLのこと。初期設定だとURLが「https://◯◯◯.com/投稿日/記事タイトル」の順に生成されます。

この設定を変更した方がGoogleからの評価を得られやすいので変更することを推奨します。

管理画面TOPから【設定】➡【パーマリンク設定】へ移動します。

初期設定では「日付と投稿名」が選択されていると思いますが、これを「投稿名」に変更しましょう。

これで記事作成時に自由にドメイン以降のURLを自由に指定できるようになります。

  • 【初期設定】➡ https://◯◯◯.com/投稿日/記事タイトル
  • 【投稿名】➡ https://◯◯◯.com/◯◯

このようにすることでSEO面でもメリットがある上、運用上の手間も省けるので一石二鳥です。

URL基本的に「英数」だけを利用して設定するようにしましょう。

例えばこの記事のように「ワードプレスの始め方」なら「WordPress start method」などでOK。

文法や単語の意味が正しくなくても問題ないので、記事タイトルに沿った英数のURLをつけるのがポイントです。

2:テーマの導入

WordPressは「テーマ」と呼ばれる”着せ替え”にも似たような機能があり、テーマを変更することでブログのデザイン・機能をガラッと変更することができます。

初期設定では「Twenty ◯◯」というテーマが設定されているはずです。

このテーマを使ってはダメというわけではありませんが、カスタマイズが前提のテーマなのでHTML・CSS・PHPがわからない方は手を出すべきではありません…

Googleで「WordPress おすすめ テーマ」などで検索すれば、無料・有料問わず紹介されているので探してみるのも良いでしょう。

ブログで収益化を考えているなら、ブログアフィリエイトに適した有料テーマを最初から導入することを強くおすすめします。

ブログ完成までの時間を大幅に短縮してくれますし、何より稼いでいるブロガーはもれなく有料テーマを使っているからです。

参考までに、当ブログでは『SWELL』というSEOで重要な表示速度が爆速で記事をサクサクかけるエディター搭載のテーマを利用しています。

3:最低限のプラグインの導入

WordPressにはプラグインという非常に便利な拡張機能があります。

ものすごい数のプラグインが用意されているのですが、どれを利用すればいいかわからないと思います。

いくつか必須級のプラグインをご紹介するのですぐにいじらずとも、インストールして有効化だけはしておきましょう。

最低限の導入したいプラグイン一覧
  • Google XML Sitemaps(Google向けサイトマップ作成)
  • Contact Form7(お問い合わせフォーム作成)
  • EWWW Image Optimizer(画像圧縮)
  • SiteGuard WP Plugin(セキュリティ対策)
  • Akismet Anti-Spam(スパム対策)
  • WP Multibyte Patch(文字化け対策)

インストールの方法は簡単で管理画面TOPから【プラグイン】➡【新規追加】へ移動します。

「プラグインの検索」窓に上記のプラグイン名をコピペして検索します。

対象のプラグインが表示されたら「今すぐインストール」ボタンを選択

インストールされたらボタンが「有効化」に切り替わるので、このボタンを押せばプラグインがWordPressに適用されますよ。

マツナガ

プラグインの中には有効化した後に自分で設定が必要なものもあります

4:Googleアナリティクスの登録・追加

Googleアナリティクスは自身のブログの分析に絶対必要な解析ツールです。

このツールは導入してからでないとデータを蓄積できないため、早めの導入がおすすめですが正攻法でWordPressに埋め込むとなるとheader.phpの編集が必要になります。

ただし、利用するテーマ・プラグインによってはheader.phpを編集する必要はありません。

当ブログでも使っているプラグインの「SEO SIMPLE PACK」を利用すれば、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力する欄があるので、そちらにコピペするだけでOKになります。

ブログ初心者はCSS・PHPファイルは極力いじりたくないと思うので、このような対応がおすすめです。

5:Googleサーチコンソールの登録・追加

Googleサーチコンソールは、Googleアナリティクス同様にブログの分析に必要な解析ツール兼、診断ツールです。

詳しいことはここでは省きますが、ブログで収益を上げるようになってくると両方の解析ツールを使って自分のブログを分析することが収益UPには必須になってきます。

よって、早い段階で導入することをおすすめします。

まとめ

mixhostのクイックスタートを利用してWordPressブログを立ち上げる手順を詳しく解説しました。

最後まで読んでいただけたなら、まだブログを開設していなくても全ての流れを理解いただけたのではないでしょうか。

当記事でご紹介した方法でブログを開設した場合、ただ早く簡単に開設できるだけでなくドメイン・サーバーともに一括管理できるため、それぞれ別に支払いや契約更新の手続きをする必要がない点がメリットです。

マツナガ

私はこのサービスが誕生する前にせっせと従来の方法で開設しました…

ブログ開設の余計な手間を省いて、ガンガン記事作りに励んでいきましょう!

よかったらフォローしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
目次
閉じる